プロeスポーツ選手が、地域活性化のためのeスポーツ活用プロジェクト安城市「ケンサチeフェス」実行委員会委員長に就任!

愛知eスポーツ連合事務局長を兼務する隼人選手が、地方自治体が行うeスポーツ活用プロジェクト推進組織の牽引役に

プロeスポーツチーム 名古屋OJAは、カードゲーム部門に所属し、RAGE Shadowverse Pro Leagueに参戦するプロeスポーツ選手 荘司隼人が、兼任する愛知eスポーツ連合の事務局長に続き、安城市が行うeスポーツを活用した社会課題解決と市制70周年に向けたシティプロモーションを推進する「ケンサチeフェス」の実行委員長に就任したことをお知らせします。


ケンサチeフェスとは、安城市の目指す都市像「健幸都市(健やかと幸せが実感できる都市)」の実現のため、eスポーツ等のデジタルコンテンツを社会課題解決のために活用し、イベントやワークショップを実施し効果検証を行う、令和4年度の市制施行70周年に向けてのシティプロモーション推進事業です。

公募型プロポーザルによって企画・運営する事業者が選定された他、この事業の方針を決めるために官民一体となった実行委員会が組織されました。この事業に、愛知eスポーツ連合の活動理念の一つである「産業をつくる」を実現するべく協力しております。さらに、実行委員会委員長に荘司隼人が就任致しました。
なお実行委員長就任期間は令和3年5月26日~令和4年3月31日となります。

荘司隼人プロフィール

経歴

2013年3月      奈良県 私立東大寺学園高等学校卒業

2013年4月     東京大学入学

2017年3月     東京大学卒業

2019年9月    名古屋OJA ベビースター所属プロeスポーツ選手としてRAGE Shadowverse Pro League参戦

2021年1月    愛知eスポーツ連合事務局長就任
実行委員長荘司隼人コメント
実行委員長に選出いただき、大変名誉に感じております。
愛知eスポーツ連合の調べでは、自治体が公募型でeスポーツのプロジェクトを行った例は、小池百合子東京都知事が実行委員会名誉委員長としてイベントを盛り上げてらっしゃった東京都の「東京eスポーツフェスタ」に次いで安城市のケンサチeフェスが国内二例目です。

若輩者ながら、こんな大役を仰せつかったのは、以下のようなご期待があってのことだと感じております。
現在 私は プロのeスポーツプレイヤーとして、年間数十試合を戦っています。自分自身が子供のころから憧れた舞台ですし、実際に毎試合、多くの方々がネットを通して視聴し、応援してくださいます。

そういう側面で私を知ってくださる方々に対して、行政や企業の方々がeスポーツに期待してくださることをお伝えすること、

またその逆に、このケンサチeフェスを通して初めてeスポーツにふれていただく方々に、自分たちの世代が熱狂しているeスポーツがもつ社会課題解決の可能性を感じていただくこと。
愛知eスポーツ連合事務局長として、プロeスポーツ選手として、そしてこれからはケンサチeフェスの実行委員長として安城市のケンサチをPRしていくなかで、以上のことにも全力で取り組んで参る所存です。

ご指導 ご鞭撻を何卒よろしくお願いいたします。
本件に関するお問い合わせ:

名古屋王者 株式会社(小川)

MAIL: media@nagoyaoja.com
  1. プレスリリース >
  2. 名古屋OJAベビースター >
  3. プロeスポーツ選手が、地域活性化のためのeスポーツ活用プロジェクト安城市「ケンサチeフェス」実行委員会委員長に就任!