【若者に大人気!】withコロナ時代のデジタル名刺が月間アクセス数10万人を突破!

SNSをまとめるデジタル名刺アプリ「handshake」がリモート需要で急成長

企業の新規事業を、エンジニア・デザインチームで共創するRuten株式会社は、自社で運営をするデジタル名刺アプリ「handshake」が月間アクセス数(ユニークユーザー数)10万人を突破したことを発表しました。
URL:https://www.handshakee.com

 


■handshakeについて
handshakeは、自身のデジタル情報を 1ページにまとめて、簡単に交換ができるデジタル名刺アプリです。
見てもらいたいSNSやWebサイトなどをアイコンとしてまとめることができ、自分オリジナルのデザインを作成することで、自分自身を1秒で、視覚的に、伝えることができます。
handshakeはリンクのシェアやQRコードの読み取りなど、オンラインでも名刺交換をスムーズに行うことができます。

■リモート需要で急成長中
「handshake」は2020年3月にベータ版をリリースし、2021年2月現在で月間のアクセスユーザー数が10万人を突破しました。人と人との繋がりがオンラインに移行したため、リモートで自己紹介ができるデジタル名刺の需要が急激に高まっています。



■Ruten株式会社について 
当社は、2019年の創業時からリモートワークという働き方を取り入れ、分散型のチームでIT領域に特化し、様々な事業に挑戦してきました。
現在は自社サービスの運営と、企業の新規事業を、エンジニアリング、デザイン、マーケティングのチームで共創していくプロダクト開発支援を行っています。

■会社概要
会社名:Ruten株式会社
代表:代表取締役 倉岡篤志
ホームページ:https://ruteninc.com
お問い合わせ:info@ruteninc.com
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Ruten株式会社 >
  3. 【若者に大人気!】withコロナ時代のデジタル名刺が月間アクセス数10万人を突破!