品川の屋形船にお得に乗れる「ENJOYしながわ屋形船キャンペーン」開始のお知らせ

江戸時代から続く品川の水辺観光を“ニューノーマル仕様”で提供。

一般社団法人天王洲・キャナルサイド活性化協会(理事長 三宅康之)は、品川水辺観光の支援を目的とし品川区と共同主催にて「ENJOYしながわ屋形船キャンペーン」を2020年11月1日(日)~2021年3月31日(水)まで実施いたします。


当協会は、品川区東品川周辺を中心に地元企業・住民・行政などが協力しながら、より魅力あふれる街を実現すべく2014年より活動を始め、キャナルフェスやアートイベントなどの取り組みを通し、水辺空間の新たな賑わいを創出する環境整備を実施してまいりました。また、水辺空間に親しんでもらうべく活動当初より品川区内の船宿(屋形船事業者)のみなさまにご協力いただき、天王洲クルーズや、東京”屋形船”ナイトタイム・エンタテインメントなど水辺観光を推進してまいりました。

昨今のコロナ禍の影響により、区内船宿においても大きな経済的被害を受け、現在も経営継続に苦しんでおります。そのため、これまで品川の水辺観光の中心的役割を担ってきた船宿の支援および、より多くの方に品川の水辺に親しんでいただくことを目的とし、本キャンペーンの実施を決定しました。
本キャンペーンは、品川区内の屋形船に乗船する約1万人のお客様を対象とし、一人当たりあたり5,000円を上限に乗船料の半額を品川区が補助する取り組みです。区内10社の船宿が参加いたします。料金やサービス内容は各船宿の設定に準じますが、補助金により、乗船者は半額(補助上限5,000円)での利用が可能です。
船内では、感染症対策として、検温や消毒、咳エチケットの周知を徹底するとともに、運航中の換気の徹底、飛沫対策を配慮した席配置、料理は大皿ではなく個別での提供、乗合船でのカラオケサービスの中止など、細やかな感染症対策を設定し感染拡大防止に努めます。


屋形船は江戸時代から大衆に親しまれてきた伝統文化であり、品川水辺観光の大きな観光資源でもあります。当協会では、多くの人によって繋がれてきた文化を絶やさぬためにも、屋形船における水辺観光を支援し、安心・安全な運営のもと、より多くの方々に屋形船の魅力、水辺の魅力を発信してまいります。
 

◆開催概要
タイトル:ENJOYしながわ屋形船キャンペーン
キャンペーン内容:乗船者一人に対し、乗船料の半額もしくは、上限5,000円のどちらか安い方の金額補助
例)通常11,000円コースの場合、5,000円を補助し、乗船者は6,000円を負担
  通常8,000円コースの場合、4,000円を補助し、乗船者は4,000円を負担
  ※ 自己負担額は直接、各舟宿へお支払いください。
実施期間:2020年11月1日(日)~2021年3月31日(水)期間内の出船分
対象人数:約1万人 ※予約が定員に達し次第終了
申込方法:品川区内の船宿へ直接お問い合わせださい。
     ※本キャンペーン参加の船宿10社の情報は、以下の公式HPよりご確認ください。
公式HP:http://canalside.or.jp/enjoyyakata/


主催:品川区/一般社団法人天王洲・キャナルサイド活性化協会(事務局)
後援:一般社団法人しながわ観光協会
協力:一般社団法人Tokyo Sea Trip

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人天王洲・キャナルサイド活性化協会 >
  3. 品川の屋形船にお得に乗れる「ENJOYしながわ屋形船キャンペーン」開始のお知らせ