オープンイノベーションやスタートアップの市場拡大を支援する「CROSSBIE(クロスビー )」が1周年

~ベルリンから日欧をつなぎ、グローバルなイノベーションを促進~

ドイツ・ベルリンに本社を置くクロスボーダー・エコシステムビルダー「CROSSBIE」は、2020年4月15日の設立から1周年を迎えました。当社はこれまで、市場参入インキュベーションプログラムの実施や、JETROグローバルアクセラレーションハブのベルリン・パートナーとしてなど、国をまたいだスタートアップと企業様との協業事業を支援して参りました。コロナ時代の創業をご支援いただきましたことに深く感謝申し上げ、この1年間の取り組みとベルリン発ユニコーン企業のカオスマップ(2021年4月版)を公開いたします。


■ 初年度事業実績
  • 日系スタートアップの欧州・ドイツ進出支援:日系スタートアップのグローバル展開を支援する「ジェトロ・グローバル・アクセラレーション・ハブ」のベルリン・パートナーとして、世界を目指す企業の欧州展開をサポートしました。
  • 東京都主催の海外進出支援プラットフォーム「X-HUB TOKYO」のベルリン・パートナーとして、グローバル市場を目指すモビリティ・エネルギー系スタートアップに対し、ドイツを中心とした欧州参入ウェビナー、支援、オープンイノベーションに向けたビジネスマッチングを行いました。
  • ドイツスタートアップの日本進出支援:日本の事業会社様のニーズに合う技術を持つ、ドイツスタートアップのソーシング支援を行いました。
  • ベルリン経産省経済エネルギー公共企業局が毎年行うフラッグシップサミット「AsiaBerlin」(通常参加者2000人規模)のアンバサダーとしての活動を通じて、欧州とアジア圏をターゲットとしたクロスボーダー・ビジネス・デベロップメントを提供しました。

ヨーロッパ・トップクラスのスタートアップ都市・ベルリン

欧州連合(EU)という巨大な経済圏・市場と、産学官民連携による重層的な支援体制などを背景に、国境を越えて成長するスタートアップ企業が数多く誕生するヨーロッパ。域内最大の人口を有し経済を牽引し続けるドイツは、有望なスタートアップの集積地として国内外から優秀な人材や投資資金を惹きつけています。

中でも欧州屈指のスタートアップ・エコシステムハブとして知られるドイツの首都ベルリン。オランダの企業情報リサーチ会社Dealroomによると、ベルリンに本社を置くユニコーン企業は2021年4月時点で8社、ポテンシャルを持つ企業は20社以上あり、その業種は多岐にわたっています。

日本市場にとっても有益な欧州スタートアップとのビジネス連携や共創、日系スタートアップの海外進出など、ベルリンを中心に欧州スタートアップ・エコシステムに強力なネットワークを持つCROSSBIEが支援いたします。是非お気軽にお問い合わせください。

■ CROSSBIE のミッション
・欧州と日本をつなぎ、企業、スタートアップ、自治体などの機関による平等な共創パートナーシップを構築し、グローバルなイノベーションと経済的成長を促進します。
・ビジネスを通じて「インクルーシブで未来に残したい世界」の実現に向けて尽力します。

■ 事業内容
・日系スタートアップの欧州展開支援(ビジネスデベロップメント、マッチング支援、VC紹介等)
・オープンイノベーション・出資ニーズに合った欧州スタートアップのマッチング
・クロスボーダー共創エコシステムの展開支援
・社内新規事業支援
・海外事業対応人材育成支援

■ 2021年度のフォーカス分野
今年は特に、モビリティデジタルヘルスウェルビーイングスマートシティ分野に注力します。

これからもCROSSBIEは、日本と欧州をまたぐグローバルビジネスの成長に向け、ニューノーマル時代の企業・スタートアップの挑戦を支援して参ります。今後ともCROSSBIEをよろしくお願い申し上げます。

■ CROSSBIE 概要
会社名:CROSSBIE UG
所在地:c/o The Drivery, Mariendorfer Damm 1, 12099 Berlin
代表者:山本知佳 (Chika Yamamoto)
設立:2020年4月15日
URL:https://crossbie.com/
Email:projects@crossbie.com
  1. プレスリリース >
  2. CROSSBIE UG >
  3. オープンイノベーションやスタートアップの市場拡大を支援する「CROSSBIE(クロスビー )」が1周年