福島県×東京スイソミルコラボ企画「水素エネルギーって何だろう?」オンラインクイズ大会を開催します!

公益財団法人東京都環境公社は、福島県との間で連携協定を結び、福島県産CO2フリー水素の活用とそれを通じた福島県内の再生可能エネルギー導入の推進に取り組んでいます。その一環として、福島県×東京スイソミル コラボオンラインクイズ大会を開催することとなりました。今回は国立研究開発法人産業技術総合研究所再エネ研究センター長 古谷 博秀 先生もお招きしています。クイズを通して楽しく水素エネルギーについての理解を深めながら、地球温暖化防止やSDGsの達成に向けて自分達にできることを考えてみませんか?

日  時  令和3年2月27日(土曜日)14時00分~15時00分

実施方法  Zoomを使用したオンラインイベントです

募集対象  全国の小中学生(内容は小学生中学年~高学年向けです)

募集人数  50名(先着順)

参加費用  無料(ただし、通信料は自己負担となります)

内  容  13:30~14:00 「SDGsってなあに?」(希望者のみ)
                ~2030年のみんなの目標SDGsについて~

      14:00~15:00 ①クイズ「水素エネルギーって何だろう?」

               ②質問コーナー 専門家の方に聞いてみよう!
                ○次世代エネルギーについて
                    国立研究開発法人産業技術総合研究所
                    再エネ研究センター長         古谷 博秀先生
                    【ご経歴】
                     30年間水素エネルギーの研究開発に携わる。
                     東北大学客員教授
                     豊田中央研究所招聘シニアフェロー
                ○福島県の取組みについて
                    福島県産業創出課       橋本 真 様
                ○東京スイソミルについて
                    水素情報館東京スイソミル 越智館長ほか

               ③ゲストスピーカー対談「自分達にできることは何だろう?(仮)」

      15:00 終了


申込期限  令和3年2月26日(金曜日)正午まで

申込方法  詳細及び申込はこちら⇒https://www.tokyokankyo.jp/24778.html

 

【ゲストスピーカー参加大募集!】
✔専門家の方に水素や科学について質問してみたい!
✔SDGsやエコについて他の子たちと話してみたい!
そんな君、ぜひゲストスピーカーで参加しませんか?
ゲストスピーカーで参加した子供たちには、産業技術総合研究所の研究員の方や、福島県の取組み、東京スイソミルについて直接質問をしたり、子供たち同士で環境問題について話し合いができる機会を設けています。
環境問題に同じように興味を持っている全国の小中学生と取組の輪を広げてみませんか?
※ゲストスピーカー参加にはマイク・カメラが必要です

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 公益財団法人東京都環境公社 >
  3. 福島県×東京スイソミルコラボ企画「水素エネルギーって何だろう?」オンラインクイズ大会を開催します!