現役トップアスリートが選考する障がい者アートコンテスト「パラリンアートカップ2021」開催

〜しずちゃん、丸山桂里奈らスポーツアート好き女子も全面応援〜

一般社団法人 障がい者自立推進機構(代表理事:中井 亮)はこの度、日本プロサッカー選手会、 日本バスケットボール選手会、日本ラグビーフットボール選手会、日本プロ野球選手会、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)などの協力・後援により、誰しもが活躍する社会を作るために障がい者の新たな才能を発掘する障がい者アートのコンテスト「パラリンアートカップ2021」を開催いたします。

6回目の開催となる今回はオールスポーツをテーマに全国からアート作品を募集。サッカーJリーガー、バスケットボールBリーガー、ラグビートップリーグ所属選手、プロ野球選手らが選考します。また審査員にはしずちゃん、丸山桂里奈さん、野口みずきさんらスポーツとアートを愛する方々が加わります。
本コンテストは現役のプロアスリートが試合や練習の合間を縫って選考に加わる日本で唯一のアートコンテストです。

  • パラリンアートとは?

一般社団法人障がい者自利推進機構が運営する障がい者の社会参加と経済的自立を推進する活動の総称。
「障がい者がアートでの夢を叶える世界をつくる」、を理念に障がい者アート事業を2007年から行っている。

誰しもが活躍する社会を作るため、障がい者の活躍を生み出すために、パートナー企業のブランディング、プロモーションに貢献することで障がい者の活躍を日々生み出している。

全国に約650名(2021年5月現在)のアーティストを抱え、毎年200社以上の企業、特別支援学校や障がい者施設計4,000箇所と取り組みを実施している。
 

右から野口みずきさん、アーティストYou-kiさん、You-kiさんのお父様右から野口みずきさん、アーティストYou-kiさん、You-kiさんのお父様

  • コンテスト概要

■募集期間 : 2021年

 

6月1日(火)~9月24日(金)

■テーマ : すべてのスポーツが対象で、スポーツをする人、応援する人、スポーツにかかわるもの、未来のスポーツなど。種目は単独でも「サッカーとラグビー」など複数でも可

■応募条件 : 「障がい者手帳」「障がいを証する診断書の写し」「特別支援学校の学生証をお持ちの方。国籍、年齢は不問。個人でもグループでも応募可。A4以上A3までの大きさの作品。

詳細はhttp://www.asahi.com/sports/events/pacup/

■審査員
遠藤 彰子 (審査委員長/武蔵野美術大学名誉教授/紫綬褒章受章)
高橋 陽一 (漫画家)
北澤 豪  (日本障がい者サッカー連盟会長)
しずちゃん(お笑い芸人/絵本作家)
若月 佑美 (女優/元乃木坂46)
寺西 一(ブラインドサッカー日本代表)
丸山 桂里奈(タレント/元なでしこジャパン)
野口 みずき(女子マラソン日本記録保持者/アテネ五輪金メダリスト)
日本プロサッカー選手会、日本バスケットボール選手会、日本ラグビーフットボール選手会、日本プロ野球選手会

■パラリンアートホームページ :: https://paralymart.or.jp/association/

 

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人障がい者自立推進機構 >
  3. 現役トップアスリートが選考する障がい者アートコンテスト「パラリンアートカップ2021」開催