約5年ぶりに脚本・監督をOZAWAが手掛けた!!『おもいやり散骨』の新ビジュアル&新CMを公開!

『おもいやり散骨』イメージモデルとして”Vシネマの帝王”として知られる俳優・映画監督の小沢仁志さんと、女優の川上奈々美さんが出演。

海洋散骨サービス「おもいやり散骨」を運営する株式会社クレディア(以下、クレディアという)は新ビジュアル&新CMを発表した!

新CMは小沢仁志が監督として総指揮を執り、オールスタッフOZAWA組で制作を行った。

 



小沢仁志が自ら主演を勤め、ヒロイン役は先日セクシー女優を引退表明した川上奈々美さんを抜擢した。
現場は朝早くから監督OZAWAのリーダーシップが発揮され、演者スタッフが和やかな雰囲気で撮影を終えることができた。




おもいやり散骨では古いしきたりから、現代人を解放することをミッションとして 従来の供養スタイルから新しい供養スタイルを提案しています。


テーマは自身の死後に残されてしまうパートナーの負担にならない「終活」として、いままで大切にしてきた仏壇の処分をし、死後の葬送方法には散骨してほしい。と伝える小沢仁志さん。
パートナーの願いを叶えながらも、いつも身近にいることができるよう遺骨から作ったハーバリウムを手に持ち、海へ還ったパートナーを偲ぶ川上奈々美さん。


Vシネマの帝王が魅せる、ごく普通の男性の最期。
死に向かう人が持っている思いやりと、残された人が持っている思いやりが表現されたCMにご注目ください。


▽CM概要
「小沢仁志×おもいやり散骨|新WebCM」(60sec.Ver)


▽CMストーリーボード


 

 

 

          ▽小沢仁志プロフィール

1962年6月19日生まれ東京都出身
1983年太陽にほえろ第558話「失踪24時間」で俳優デビュー。ドラマ「スクール☆ウォーズ」や映画「ビーバップハイスクールシリーズ」に出演し人気を得る。その後も数々の映画やドラマに出演し、1997年に監督デビュー。以後は、OZAWA名義で監督業を行いながら、役者としてもVシネマ界の帝王として活躍中。近年はバラエティー番組にも積極的に出演し、「ダウンタウンDX]や「有吉反省会」などに出演。「顔面凶器」と呼ばれるほどの迫力で、お茶の間でも人気を博す。

【おもいやり散骨の事業について】

海洋散骨 https://www.omoiyari-s.com/un_sankotu/
ご遺族様のご遺骨をお預かりし、代行散骨を執り行っております。 費用負担の少ない代行散骨という形でも、できるだけご遺族様や故人様の気持ちに寄り添えるように「オンライン散骨」にも対応しております。
コロナ禍であってもリアルタイムで散骨の風景を中継いたしますので、離れていてもお気持ちを一つにして見守っていただけます。

 

仏壇処分 https://www.omoiyari-s.com/un_removal/
仏壇は仏様をお祀りする小さなお寺、ご先祖様のお家です。
仏様、ご先祖様のお住まいですからどのように処分するか分からない方も多いかと思います。
おもいやり散骨では様々な理由で処分される方に合った方法で対応させていただきます。

お焚き上げ供養 https://www.omoiyari-s.com/un_kuyou/
全国どこからでも郵送にて供養品をお預かりし、お焚き上げ供養を執り行います。
故人の遺品のほかにも、そのまま捨ててしまうことに抵抗がある思い出の品など幅広いジャンルを対象にお焚き上げ供養させていただきます。


【おもいやり散骨について】
人生の中で触れることの少ないもっとも大事なお別れ。 サービス、費用で悔いが残るものにしたくはないはずです。 触れることが少ないものだからこそ分かりやすく丁寧にお伝えする必要があると考えております。 一番大切なことはご家族の想いです。 おもいやり散骨ではご家族様が晴れやかな気持ちで未来に進めるお手伝いができるようスタッフ一同尽力いたします。

【会社概要】
▽会社名
株式会社クレディア
▽本社
〒160-0022 東京都新宿区新宿5-11-30 新宿第五葉山ビル4F
▽電話
03-6868-4309(散骨や供養に関するお問い合わせ)
▽公式サイト
https://www.omoiyari-s.com/
▽主要業務
船を使用した散骨セレモニー
終活支援、相談業務
仏壇仏具の処分、販売
墓石の撤去処分、解体
ライフエンディングに関する各種イベントの企画運営
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社クレディア >
  3. 約5年ぶりに脚本・監督をOZAWAが手掛けた!!『おもいやり散骨』の新ビジュアル&新CMを公開!