サブスクリプション型未就学児向け知育工作サービス「STORY TIME」ロゴを刷新

親子の凝縮された時間の創出と考える力を養っていきたいというサービスのコンセプトに合わせ、ロゴをアップデートいたしました。

未就学児の好奇心を広げながら新しいチャレンジする場を広げる知育工作サービスを企画・運営する株式会社STORY TIME(東京都港区、代表:惟村 寛子)は、ロゴを刷新いたしました。
【新ロゴマーク】



【ロゴ変更に至った背景】
HPを4月にリニューアル予定のため、先行してロゴを刷新いたしました。
サービスの立ち上げ期を経て、コンセプトのアップデートの必要性が見えてきたため、合わせて刷新することになりました。

【新ロゴマークのコンセプト】
ゾウは家族で寄り添い集団で行動することから「家族の幸せの象徴」といわれています。
STORY TIMEが提供したいと考えている、「充実した親子時間」というコンセプトを象徴する存在として採用しました。また、モチーフにした折り紙は、会社が提供するサービス価値につながる「工作遊び」や「作る楽しさ」を表しています。

【カラーリング】
STORY TIMEで大切にしたい様々なキーワードから色味のイメージをプロットし、何色にも染まっていない、無限の可能性を表す「透明感」の色味を選定しました。


【STORY TIMEとは?】
「STORY TIME」は親子で行う「STORY」のある「時間」を提供するスタートアップです。
共働きが増えてくる中で、親子の時間は限られています。
子供との限られた日常の親子時間で子供の考える力を伸ばしながら、親が子供の一番の成長の発見者になれる凝縮した時間は、まさにSTORYのある子育て時間だと考えます。
STORYのある時間を実現するために、プロダクトであるキットを通じてご家庭の親子のコミュニケーションに向き合っていきます。親子のコミュニケーションのアップデートは、共働きの限られた親子の日常をより豊かにする鍵だと考えております。

【STORY TIMEの提供するプロダクトとは?】
凝縮されたSTORYのある親子時間は、1回たった15分で完結できるあとは作るだけの工作キットで創出していきます。このキットで遊ぶためには、親子の向き合い方やコミュニケーションが肝になります。定時で開催している工作制作時間にオンラインで参加いただくことで、日々のちょっとしたコミュニケーションの悩みの解決ヒントを得ながら子供の成長を見守ります。
工作キットはデザイン性だけでなく、子供のチャレンジや可能性を引き出すためのオリジナル設計です。また、個々に成長度合いが違う乳幼児に合わせ、月齢以上の情報も含めてひと月4つをカスタマイズして提供します。


【株式会社STORYTIME設立の背景】
VUCA社会となり、一人一人に変革を起こす力や創造性が強く求められるようになりました。
これからの子供たちには「考える力」「創造する力」「集中する力」がより必要性が増しているのではないでしょうか。これらの能力は子供の非認知能力ともいわれる領域であり、社会生活の中、日々のコミュニケーションの中で養われていきます。
従来の子育てを経験していた今の親の経験がない領域で、子育てのアップデートは急務です。
我々はご自宅での子供との時間を、VUCA時代に立ち向かえる子育てを実践型で支援していきます。

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社STORYTIME >
  3. サブスクリプション型未就学児向け知育工作サービス「STORY TIME」ロゴを刷新