提供エリア拡大!兵庫県西宮市にて遠距離介護中の家族を支える介護保険適用外サービス「わたしの看護婦さん」のサービス提供を開始。

遠距離介護支援協会の会員同士が連携し、介護保険適用外サービスの提供を兵庫県西宮市にて開始。利用ニーズに応えて、初の兵庫県内進出でサービスを拡充していきます。

2018年にスタートした遠距離介護支援協会。介護が必要な高齢者と遠く離れた場所で暮らす、“遠距離介護”中の家族を支えるサービスを提供する医療介護の専門資格を持つ人たちが集まる協会として、医療介護の実践知の学びや保険適用外サービスの提供を行っています。

変異株をはじめ、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、都市部から地方への介護帰省が困難になっています。そのため、「病院への付き添い」「選挙への付き添い」「ワクチン接種への付き添い」など、家族がすべきと考えられる介護の継続が困難になるケースから、全国的に介護保険適用外サービスの必要性が高まっています。

この度、兵庫県西宮市在住の方からサービス利用の問い合わせを受けたことから、遠距離介護支援協会会員同士が連携をし、兵庫県西宮市での介護保険適用外サービスの提供を開始しました。

現在兵庫県は一部エリア(西宮市・尼崎市)となりますが、看護師・介護士の採用を進めて、県内各地でも提供できるよう努めてまいります。

 

  • 新型コロナウイルス感染症の拡大により、介護のための帰省が困難に
遠距離介護をする家族にとって、新型コロナウイルス感染症が広がる前後で大きく変わったのは『帰省のしやすさ』。高齢の親がデイサービスや通院など、医療・介護サービスを利用している場合、感染リスクの高いエリアからの訪問者と接触すると、感染対策のために2週間サービスの利用を停止せざるを得ない場合があります。コロナワクチンの摂取も想定通りに進んでいないことから、この状況はまだ続くことが考えられ、見守りや看病のためと思っても気軽に帰省することは難しい現状にあります。

ただどうしても、治療方針の説明や告知など、病院受診に家族が同席しなければならないケースもあり、そこで活用されるのが“介護保険適用外サービス”です。
 
  • 遠距離介護支援協会の会員が提供する“介護保険適用外サービス”の特徴
①医療介護の専門家である看護師や介護福祉士が対応
遠距離介護支援協会の会員は主に看護師や介護福祉士など、医療介護の実務経験のある専門家。そのため、介護や医療的ケアが必要なご高齢者様に対しても、安心して対応をお任せいただくことができます。

②単独事業者では提供が困難なエリアへも、素早くサービス提供
一事業者では幅広いエリアへのサービス提供が困難なところ、全国各地に会員を有することから、全国各地からの利用問い合わせに対して、会員同士が連携することでサービス提供を可能にしています。

③介護保険適用外サービス“わたしの看護婦さん”のシステムを活用
介護保険適用外サービスの提供に際しては、6年以上の実績を有する“わたしの看護婦さん”のシステムを活用。離れた場所からもサービス提供や家族の状況を専用のスマホアプリから確認できます。
  • 利用方法
ご利用に際しては、“わたしの看護婦さん”の問い合わせフォームからご連絡ください。
https://my-nurse.jp/contact/
  • 遠距離介護支援協会の概要
会員数:154名
エリア:鳥取、東京、愛知、大阪、兵庫、神奈川、島根、滋賀、岐阜、福岡、青森、岡山、群馬、広島、栃木、宮崎、長崎(2021年4月14日現在)
URL:https://www.enkyori-kaigo.org/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. NPO法人ライセンスワーク >
  3. 提供エリア拡大!兵庫県西宮市にて遠距離介護中の家族を支える介護保険適用外サービス「わたしの看護婦さん」のサービス提供を開始。