デジタルサイネージ業界初。ネイルサロンで1円~からサイネージ広告が出稿できる限定キャンペーンの応募受付を開始!15社限定。

『NICE NAILサイネージ』を運営する株式会社SAFARIと広告プラットフォーム『Bizpa』が、共同で「いいね!で言い値 『NICE NAILサイネージ』1円~から出稿キャンペーン」をリリース。

株式会社SAFARI(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:桑田遼平、以下、当社)と、株式会社ビズパ(本社:東京都中央区、代表取締役:石井俊之、以下、ビズパ)は、新たな広告出稿キャンペーン「いいね!で言い値 『NICE NAILサイネージ』1円~から出稿キャンペーン」の応募受付を開始しました。

当社は全国92店舗(6月出店店舗含む)で展開しているネイルサロン「NICE NAIL」の店舗内プロモーションを運営しており、これまでに数多くの企業が当社メディアを活用し様々なプロモーション施策を実施してまいりました。

この度当社ではビズパと共同で、「いいね!で言い値 『NICE NAILサイネージ』1円~から出稿キャンペーン」の応募受付を開始しました。広告出稿の効果を数字だけでなく、当社の提案内容や定性的な効果を基に当社に依頼して頂いた価値を金額として決めていただくキャンペーンになっております。

  • 「いいね!で言い値 『NICE NAILサイネージ』1円~から出稿キャンペーン」 募集概要
■対象:サイネージで広告を出してみたいと考えているクライアント様
※広告代理店様は応募できません。
■出稿期間:任意の4週間
■応募期間:2021年6月10日(木)~2021年6月30日(水)
■参加の流れ:
1. Bizpaへ会員登録後、ログイン。
https://bizpa.net/
2. キャンペーン応募ページより「詳細を見る」をクリック。アンケートに回答し応募完了。
https://bizpa.net/item/40439/
3. 広告を配信する商材・サービスの審査。確認後、スケジュールを調整し広告を配信。
4. ご提案、出稿を通じてお客様が感じた価値を金額としてご提示、お支払い。
 
  • 目的と背景
デジタルサイネージは、ポスターなどの平面的な画像よりも注目を集めやすく、広告や販促用途としてネイルサロンや美容室、タクシー、流通小売店、ゴルフ場など様々なところで目にする機会が増えました。それと同時にデジタルサイネージ広告の価値についての疑問を抱き始めました。

原点に立ち帰り、改めてデジタルサイネージ広告の価値とは何かを確かめるために今回のキャンペーンを実施します。
 
  • 当社メディアが抱える課題や疑問

1. 出稿経緯が不透明
過去に広告出稿頂いたクライアントの多くは様々な広告代理店からご紹介頂く形でメディア運営をしてまいりました。広告代理店に数多くの提案をしてきて頂いたからこそデジタルサイネージ広告の認知が広まったと考えております。ただ、当社がクライアントと直接対面し、提案する機会が少ないことにより、クライアントがどのような経緯でデジタルサイネージに興味を持ち、なぜ出稿の決断をしたのか、また出稿した結果どのようなことを感じたかということが見えにくい状態になっていることも事実です。当社がメディアとして至らない点を含め、クライアントが求めるプロモーションを行えているのか、本当に要望を汲みとれているのかという疑問を感じざるを得ない現状があります。メディアが果たすべきこと、提供しなければいけない価値を正確に理解し、ブラッシュアップを続けない限り、結果的にクライアント、広告代理店に対して良いサービスを提供していくことができないと考えております。

2. 価格設定が曖昧
広告運用をしているサイネージメディアでは価格設定の指標が大きく「リーチ数」、「インプレッション数」、「面数」の3つに分かれていますが、いずれの指標もwebメディアの指標を踏襲した形の指標になっており、オフラインメディアとしての独自の指標がまだ確立されていないと感じています。

当社の想いである企業規模に関係なく、広告を出稿できるメディアを目指すという観点からみても現状の単価や相場観が相応しいものなのかという疑問を解消していく必要があると感じています。

3. 効果が不透明
webメディア以外のオフラインメディアにおいて共通する課題の一つとして、【広告効果の計測がしにくい】というものが挙げられます。広告効果が見えにくいメディアという理由で出稿に踏み切れないクライアントも少なくありません。クライアントに対して効果の面も含め、当社メディアでできることは何なのか?ということを毎日考え、答えを模索しているのが現状です。
 

  • 課題に対する解決策の施策として

上記に挙げた課題を解決する為に企業の大小問わず、まずは広告出稿して頂ける機会を作ることが重要だと考えています。今回の施策は、広告を安売りするために実施するものではなく、提案内容や定性的な効果を踏まえ、率直なご意見や「今後こういう機能を増やしてほしい!」などの評価を共有いただき、料金という形で価値を決めてもらうものになります。クライアントの生の声を基に、デジタルサイネージメディアを更にブラッシュアップし、より多くのクライアントに出稿して頂けるメディアを目指していきたいと思っています。

 

  • SAFARI×ビズパ
今回の施策については、当社とビズパの広告業界に対する想いが同じ方向を向いているため、実現できたものだと思っています。企業の大小に関わらず適正価格での出稿ができる広告業界の実現を目指すという共通の想い、そして広告業界はクライアント主体であるべきという双方の考えのもと、様々な企業が応募することが出来る今回のキャンペーンの企画・実現に至りました。
 
  • ビズパとは
ビズパは「広告業界をアップデートする」をミッションに、広告メディアの検索プラットフォーム「Bizpa(ビズパ)」を2020年8月より正式運営しています。

屋外の看板やデジタルサイネージ、紙媒体や店舗内ポスター、交通広告など幅広いオフライン広告や、WEB広告など5,000以上のメディアを掲載し、中小企業・スタートアップを中心に数多くの企業にご利用いただいています。従来の広告媒体は、情報が散在していたり、価格相場が可視化されず適正価格が不明瞭なものが多く存在していました。

Bizpaにより企業の規模にかかわらず、あらゆる広告から自社に合った最適な集客手段を見つけることができ、経営者は本業に、マーケッターは企画制作や効果分析に集中できます。Bizpaで企業の売上拡大を支援します。

 

 

URL:https://bizpa.net

会社概要
会社名:株式会社ビズパ
代表者:代表取締役CEO 石井俊之
所在地:東京都中央区日本橋人形町1-1-21 人形町ビル5F
設立:2018年12月
事業内容:広告プラットフォーム「ビズパ」の開発・運営
 
  • ネイルサロン「NICE NAIL」の店舗内プロモーションとは
デジタルサイネージによる動画放映やスタッフによるサンプリング、リアルアフィリエイトなど多くのプロモーションが可能なメディアとなっております。美のプロフェッショナルであるネイリストはお客様に対して高い影響力をもっているため、商材認知から購買意欲までを後押しすることができます。

ネイルサロン『NICE NAIL』の店舗内プロモーション | メディアインタビュー 広告メディアの情報サイト「広告ラボ」(https://media.bizpa.net/interview/nice-nail.html)

ネイルサロンで施術中の60分〜90分の間、お客様の手はふさがっている状態にあり、その間強制的に商品サービスを訴求できる媒体特性を利用し、ほぼ100%の視認率、高い刷り込み効果が期待できます。施術時間の間に1人あたり4回〜6回の訴求が可能です。
 

 

  • 会社概要
会社名:株式会社SAFARI
代表者:桑田 遼平
事業内容:デジタルサイネージ事業、サンプリング事業、クーポン事業、店舗運営事業
所在地:東京都世田谷区尾山台3-9-1
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社SAFARI >
  3. デジタルサイネージ業界初。ネイルサロンで1円~からサイネージ広告が出稿できる限定キャンペーンの応募受付を開始!15社限定。