大日本印刷と産経新聞社の情報銀行アプリ「ライフラプラス」へAPI連携によるCogEvo®の提供を開始

認知機能別トレーニング&チェックができるクラウドサービス「CogEvo(コグエボ)」をAPI連携により提供開始しました

株式会社トータルブレインケア(代表取締役社長:河越眞介、以下トータルブレインケア)は、このほど大日本印刷株式会社(以下、DNP)と株式会社産業経済新聞社(以下、産経新聞社)の合弁会社「ライフラ合同会社(以下、ライフラ)」のスマートフォン情報銀行アプリ「ライフラプラス」に、認知機能のトレーニング&チェックツール「CogEvo(読み:コグエボ)」をAPI連携により提供開始したことをお知らせします。
株式会社トータルブレインケア(代表取締役社長:河越眞介、以下トータルブレインケア)は、このほど大日本印刷株式会社(以下、DNP)と株式会社産業経済新聞社(以下、産経新聞社)の合弁会社「ライフラ合同会社(以下、ライフラ)」のスマートフォン情報銀行アプリ「ライフラプラス」に、認知機能のトレーニング&チェックツール「CogEvo(読み:コグエボ)」をAPI連携により提供開始したことをお知らせします。
【URL】https://lifraplus.com/

CogEvo は、手軽に認知機能のトレーニングとチェックができるクラウドサービスとして 2016年に発売されて以降、医療機関や介護施設をはじめ、企業の健康経営支援や自治体向け地域包括ケアシステムへの採用など、幅広い分野で活用を広げてきました。
トータルブレインケアは、更なる活用ニーズに応えるためにAPIの開発を進めてきましたが、この度ライフラの情報銀行アプリ「ライフラプラス」へAPI連携によりCogEvoを提供する事となりました。
ライフラプラスは、生活者(ユーザー)がパーソナルデータの登録と、そのデータの提供条件を設定することで、ライフラプラスに参画している各種サービス提供事業者から最適な提案を受け取ることができるサービスです。今回のAPI連携により、生活者はライフラプラスから直接CogEvoにアクセスすることができ、手軽に認知機能のトレーニングを行えます。また、トレーニングにより測定したデータは、生活者の同意のもと、健康データとしてライフラプラスに提供され、サービス提供事業者からトレーニング結果に応じた様々な情報が提供される予定です。
トータルブレインケアの今後の展望として、CogEvoのAPI連携により、生損保企業をはじめとする会員制サービス、健康増進プログラム、PHR、デジタルバンキングなど様々な分野で展開を図ってまいります。
CogEvo が様々な生活の場で活用されることで、トータルブレインケアは、人々がいつまでも自分らしい生活を過ごすことが可能な社会の実現に貢献してまいります。

【会社概要】
株式会社トータルブレインケアは、「認知機能の見える化」で、人々が主体的に QOL の向上と真の健康を手に入れ、生涯現役を実現すると共に、医学・医療・介護分野で培った実績とアカデミアとの共同で得られたエビデンスにより、健康経営・スポーツ分野においても、様々なソリューションと共に次世代型ヘルスケアビジネスを創造し続けます。

会社名:株式会社トータルブレインケア
所在地:兵庫県神戸市中央区港島中町4-1-1 ポートアイランドビル6F
代表者:河越眞介
設 立:平成27年11月2日
URL:https://tbcare.jp/
   https://cog-evo.jp/
事業内容:認知機能別トレーニング&チェックツール「CogEvo」の研究開発・販売

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社トータルブレインケア >
  3. 大日本印刷と産経新聞社の情報銀行アプリ「ライフラプラス」へAPI連携によるCogEvo®の提供を開始