福島県・阿武隈川流域17市町村 防災情報発信等に関する協定締結について

2021年9月1日に阿武隈川流域17市町村と情報発信に関する協定を締結

2021年9月1日
福島テレビ株式会社

自然災害の発生頻度が年々高まるなか、福島テレビは「防災の日」の9月1日に、水害リスクがある阿武隈川流域の17市町村(西郷村、白河市、泉崎村、中島村、石川町、矢吹町、玉川村、鏡石町、須賀川市、郡山市、本宮市、大玉村、二本松市、福島市、伊達市、桑折町、国見町)と、防災情報の発信などに関する協定を締結しましたので、お知らせいたします。

この協定は、各自治体と連携協力し、地域ごとのきめ細かい防災情報及び発災後の生活支援情報などを、速やかに地上波放送やSNS・ニュースサイトなどに配信し、住民の命を守る行動につなげることを目的にしています。今後59市町村との協定締結に取り組んでいきます。

「協定」の概要は、以下の通りです。

(1)台風・大雨などによる「災害前兆段階」を対応ケースとする。

(2)災害に対する「避難情報」、「警戒レベル相当情報」、「避難所等の開設情報」、発災後の「生活支援情報」、「平時の防災関連の取り組み」などに関する情報を発信する。

(3)各自治体と福島テレビが連携協力して収集した災害危機情報を、ニュース番組・速報テロップ・L字放送などで放送、あわせて、SNSや複数のニュースサイトなどを通じて配信する。

(4)災害発生の危険が高まる場合は、適切な避難を促す目的で、「市町村長からの緊急メッセージ」を、動画などで提供してもらい、放送・配信することも可能とする。

(5)災害に関する対応力の向上等を目的に、定期的に研修会等を開催する。

なお、防災専門家で東京大学大学院客員教授の松尾一郎氏が当社の防災アドバイザーに就任し、本協定の運用にも参画することになりましたので、あわせてお知らせいたします。

【協定についての事前説明会】

 


【参考情報】
・阿武隈川は、福島県内を縦断する一級河川
 (福島~宮城で幹川流路延長239km、流域面積5400k㎡)
・流域17市町村の人口は約99万人、福島県の人口(約181万人)の半数以上を占める
・阿武隈川では、昭和61年の「8.5水害」、平成10年の「8.27水害」、
 令和元年10月の「東日本台風」など、有史以来、幾度も大規模水害に見舞われている
・水害をうけて、国は「平成の大改修」・「令和の大改修」の治水対策に乗り出している

【問い合わせ先】
福島テレビ株式会社
所在地|福島県福島市御山町2-5
問い合わせ先|(024)536-8028 (報道局報道部 大山) *平日10時から18時
 

 

  1. プレスリリース >
  2. 福島テレビ株式会社 >
  3. 福島県・阿武隈川流域17市町村 防災情報発信等に関する協定締結について