NFTレンタルプラットフォームEXAを開発・運営するスタートアップTavern、ベンチャーキャピタル及び上場企業経営者を含むエンジェル投資家7名から資金調達

Discordでのコミュニティ登録者の募集を開始

Tavern株式会社(読み:ターベルンカブシキガイシャ 本社所在地:茨城県つくば市 代表取締役CEO:小路真矢)は、この度、プレシードラウンドにおいて、クオンタムリープベンチャーズ(QXLV)及び個人投資家7名を引受先とした第三者割当増資による総額3,450万円の資金調達を実施したことをお知らせいたします。本資金調達により、ブロックチェーン基盤とNFTを介した新たな経済活動及び雇用の創出・普及、並びに機会の平等に向けて挑戦いたします。


 
 
  • サービス発足の経緯
ゲームで遊んで稼げる夢の時代の到来
昨年から今年前半にかけて大ヒットしたNFTゲーム「Axie Infinity」や「STEPN」により、ゲーマーなら一度は夢見たことがある「ゲームをしながらお金を稼ぐ」という世界が遂に実現しました。その仕組みは、ゲーム事業者はゲーム内キャラクターやアイテムをNFTとして販売し収益を得、ユーザーはゲームプレイの成果に応じて暗号資産を受け取ります。受け取った暗号資産は主要取引所に上場していれば、公に通貨としての価値を持つため、事実上の「お金」になります。例えば、Axie Infinityが発行する暗号資産「AXS」と「SLP」、及びSTEPNが発行する「GMT」と「GST」は主要取引所に上場しています。

NFTとは
NFTとはNon-Fungible Tokenの略で、日本語では非代替性トークンと訳されます。画像、動画、音声及びその他の種類のデジタルファイルなどをプログラムによりブロックチェーン上に記録することで、これを一意で代替不可能なデータ、即ちNFTとして扱うことができます。これに対して代替可能なトークンとは、例えばビットコインやイーサリアムがこれに相当し、1ビットコインを、それではない1ビットコインと相互に交換できるような、それぞれが等しい価値を持ち、また代替可能性を持つトークンのことです。

NFTゲームとは
NFTゲームとはゲーム内の主要なキャラクター、あるいはアイテムがNFTとして実装されているゲームです。ゲーム内で使うNFTは、一般にはゲーム開発者自身により発行され、特定のマーケットプレイス(例えば、OpenSeaなど)で販売されます。発行されたNFTを購入したユーザーは、他のユーザーとの間で当該NFTの売買取引をすることもできます。売買には一般的に暗号資産が用いられます。

NFTゲームの課題
NFTゲームで遊ぶために、多くのゲームではゲーム内キャラクターやアイテムの購入が必須になっています。つまり、ユーザーは、まずNFTゲームへの”参加権”としてNFTをプレイ時に購入する必要があります。しかし、このNFTはそれぞれに様々な価値が付いており、多くの場合決して安価ではありません。例えば、昨年のAxie Infinityの全盛期では、ゲームプレイに必要なモンスターは最低3体で、安いNFTを買ったとしても合計約10万円しました。そのため、NFTゲームで遊びたくても、経済的な理由により、遊ぶことができないユーザーが多くいました。NFTゲームは世界的に展開されていますが、特に東南アジア諸国(フィリピンなど)にいるゲーマーはそのような状況にありました。

Axie Infinity スカラーシップ
そういった背景があり登場したのがスカラーシップ制度です。NFTを持ちながらもゲームプレイの時間が中々取れないNFTホルダーが、NFTゲームで遊びたいがNFTを買うことができないゲーマーにNFTを無料で貸し、ゲームプレイで得た報酬を分け合います。この制度は、Axie Infinityのユーザー数を爆発的に増加させ、大ヒットに繋がりました。

スカラーシップの課題
しかし、スカラーシップを実施する際、貸し手と借り手それぞれに、面倒な手作業が複数発生します。貸し手は、NFTのスカラーシップ仲介業者と連絡を取り合いNFTの運用を任せるか、Twitterなどを用い、自ら借り手を募集しなければなりません。その後も、借り手の信用チェックや、随時進捗管理の必要もあります。これは貸し手が複数人の借り手とスカラーシップをしている場合、顕著なペインになります。
一方、借り手も、書類を準備する必要があったり、メッセージを頻繁に行う手間があります。稀に悪質な借り手も存在し、貸し手から秘密鍵を取得してウォレットごと盗んでしまったり、手数料を貸し手に返さずに持ち逃げするケースも実際にありました。

課題解決の方針
弊社は、こういった課題を解決するために、NFTをワンクリックで簡単かつ安全にレンタルできるプラットフォーム「EXA(エクサ)」を実現します。

想定初期ユーザー
フィリピンをはじめとした東南アジアで今までNFTを購入できなかった層を想定しています。
 
  • EXAサービス概要
EXAでは、EXA for Scholarships(スカラーシップ)とEXA for Rentals(レンタル)の2バージョンがあり、この度、EXA for Scholarships β版及び、EXA for Rentals テストネット版の一般公開を発表いたします。
EXA for Scholarshipsは、NFTホルダーが所有するNFTゲーム・GameFiプレイ用のNFTを、ゲーマーに無料で貸し出すことを、非常に簡単かつ安全に実現するプラットフォーム(DApp)になります。
NFTホルダーは、将来的にこのDAppで、持て余したNFTを貸し出すことで収益化できるようになります。一方、ゲーマーは、無料でNFTを借りてゲームを一定期間プレイ(体験)することが可能になり、ゲームプレイの成果に応じて労働報酬を得ることができるようになります(EXA for Scholarships β版では、NFTを借りることはできますが、貸出機能は制限されています。バージョンアップで解放される予定です。)。
一方、EXA for Rentalsは、レンタル料を支払い主にユーティリティ(実用性)を持ったNFTをレンタルできるDAppになります。ここで言う実用とは、例えばNFTゲームをプレイすることであったり、特定のコミュニティ(または、DAO)へ参加すること(特定のNFTが無ければ参加できない)などを指します。現実世界の車や家、CD・DVDなどのレンタルと同じように、ネット上にあるNFTをレンタルするためのDAppがEXAです。
本サービス発足の詳しい経緯は本稿冒頭、および各コミュニティに掲載しております。期間限定キャンペーンの告知もあるので、ご覧ください。
 
  • EXAのアプリページ
https://exaw.io
 
  • EXAコミュニティへの登録はこちら
Discord:https://discord.gg/Re6W4UeaHt
Twitter:https://twitter.com/exawio
 
  • 期間限定キャンペーン
『EXA for Scholarships β版リリース記念キャンペーン』
概要:EXA体験チケットを抽選で70名にプレゼント。NFTを無料で借りて、ゲームをプレイでき、報酬を全額もらえます。
定員:70名
期限:8月末
申し込みフォーム:https://forms.gle/fhgZ5S2HfN6FwmVm6
 
  • 代表コメント
小路真矢氏(Tavern株式会社代表取締役CEO)


今回、尊敬する先輩起業家・経営者を含む豪華な投資家陣から出資を受け、強力な仲間を迎えて事業をさらに加速させていけることを大変嬉しく思います。二回り上の先輩起業家が起業した頃は、丁度インターネットバブル前後でした。市況から見れば逆境の状況も多々あった中で長い間戦ってきた人たちです。対して、我々も、現在Web3の舞台で、Web2での逆境に似たような状況にある訳ですが、こういった状況にあっても、これまで複数のプロダクトを高スピードで実装し、仮説検証を繰り返してきた経験とチーム力を活かし、着々と水面下で人々の求めるものを作っていきたいと思います。





 
  • 投資家コメント
古谷健太郎氏(クオンタムリープベンチャーズ(QXLV)代表)


この度、Tavernの大きな挑戦にご一緒させてもらうことができ大変嬉しく思います。 前プロダクトからのピボットの様子を通して、小路さんの圧倒的な行動量とスピード感の中にビッグピクチャーを描く起業家としての可能性をビシビシと感じました。 これまでの経済格差をWeb3に継承しないためには、EXAのようなサービスを通じてNFTゲームを活性化することが不可欠です。Tavernの挑戦が、日本発のグローバルなスタンダードとなることを切に願うと共に、当社も微力ながらご支援して参ります。
https://qxlv.jp/






内藤裕紀氏(株式会社ドリコム代表取締役社長)

 

 

 

ブロックチェーンゲームが今後世界中に広がっていくために、多くのユーザーにとってまだまだ初期の参加ハードルが高い中、Tavern社が手がけるような簡単かつ安心なスカラーシップやレンタルはその一役を担うと思いますし、今後、多くの人が簡単に安心してweb3の世界に参加できるようなサービスをリリースしていってくれることを期待しています。










上原仁氏(株式会社マイネット代表取締役社長)


今回、小路さんとTavernの皆さんの新たな船出に立ち会うことができてたいへん光栄に感じています。

小路さんの持つ、未来の社会価値を見据えてサービスを発想する力、それを構造化して実装する力、そして人を巻き込みビジョンを実現していく力に類稀れなるものを感じています。

日本の2030年代を牽引することになる才能と、この段階から伴走できることに今からワクワクしています。






木崎智之氏(株式会社メモリア代表取締役社長/株式会社リクポ創業者)

 


事業へのコミットメントとスピード感が素晴らしいと思います。応援しています!














原田明典氏(株式会社ディー・エヌ・エー常務執行役員CSO)


ギルドベースではなく個人のGameFiゲーマーとNFT投資家をマッチングしようとする難易度の高いトライを応援したいと思います。若さゆえに飛び込めるチャレンジ、ぜひ頑張ってほしいです!!











 
  • 会社概要
商号   :Tavern株式会社
代表取締役:小路 真矢
本社所在地:茨城県つくば市天久保3-21-3星谷ビル2-A
事業内容 :ソフトウェア・アプリケーションの企画・設計・開発・運営
資本金  :7,500,000円(資本準備金を含む)
設立   :2020年12月
HP    :https://tavern.co.jp
 
  • 弊社ビジョン・ミッション
ビジョン:情報技術を駆使し、世界をより良くする
ミッション:人々が求めるものを、思い描き、実現する
 
  • 採択実績
「Microsoft for Startups」

マイクロソフト コーポレーション (本社 : 米国ワシントン州) が提供する、革新的な技術やサービスを有するスタートアップ企業の事業規模拡大を目的としたグローバルプログラム
 
  • パートナー募集について
EXAでは、NFTゲームのNFTはもちろんのこと、DAOへの参加券を持つNFTなどを含め様々なNFTのレンタルを想定しています。EXA for ScholarshipsとEXA for Rentalsの2バージョンを使い分けることで、事業者のビジョンやロードマップに寄り添い、柔軟な形でのNFTのレンタルが実現可能です。提携・協業希望、ご興味のある事業者様は下記フォームよりご連絡ください。
連絡フォーム:https://forms.gle/cE4YHHhGxGKHswtbA
 
  • 人材募集について
事業拡大に伴い積極的に採用活動を行っております。エンジニア、営業、アシスタント、BizDevなど、各種ポジションの人材を求めておりますので、ご興味ある方は下記フォームよりご連絡ください。
向上心に溢れ、結果に貪欲でありつつも、友達のようにフラットに親しみやすいメンバーと共に、柔軟な働き方ができる職場にて、世界をより良くするビジネス創造に挑戦しませんか?みなさまからのご応募・ご紹介をお待ちしております。
採用応募フォーム:https://forms.gle/x6W3sgdAv5rrByYF7
 
  • 本件に関するお問い合わせ
Tavern株式会社 佐藤
メール:ryo.s_tv01@tavern.co.jp
 
  • 注釈
GameFi(ゲーミファイ):Game(ゲーム)とFinance(金融)をつなげた言葉で、「プレイすることで、ゲーム外においても価値がある暗号資産やNFTを獲得し、現実世界のお金を稼ぐことができるゲーム」を指す、と言われています。

DApps(ダップス):Decentralized Applications(分散型アプリケーション)の略称で、データ管理をする中央管理者が不要、かつユーザーに管理権限を付与することができるアプリケーションです。ブロックチェーン上であらかじめ決められた処理を自動実行できるスマートコントラクトの仕組みを応用することで、管理者不在のアプリケーションを実現しています。

DAO(ダオ):Decentralized Autonomous Organization(分散型自律組織)の略称で、管理者が存在せず、組織の所有権や意思決定権をメンバーが共同で持つことができる組織のことを指します。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Tavern, Inc. >
  3. NFTレンタルプラットフォームEXAを開発・運営するスタートアップTavern、ベンチャーキャピタル及び上場企業経営者を含むエンジェル投資家7名から資金調達