世界のデジタル決済市場「2026年までに1,676億米ドルに達する予測」ータイプ別、展開別、決済モード別、決済企業別、エンドユーザー別および地域別ー現在の分析と予測2020-2026年

SDKI Inc.は、2020―2026年までの市場の成長ドライバー、機会、最近の傾向、課題など、市場のいくつかの側面に関する詳細な分析を提供することを目的とした世界のデジタル決済市場の調査レポートを2021年02月08日で発刊しました。

レポートのサンプルURL
https://www.sdki.jp/sample-request-111493

2019年の世界のデジタル決済市場は509億米ドルと評価されました。非接触型決済に対するCOVID-19の突然の発生需要により、市場は高い成長を遂げ、2020年には653億米ドルの市場規模に達すると予想されています。2020年以降、世界のデジタル決済市場は成長を遂げると予想され、2021-2026年の間に18.55%のCAGRで成長し、2026年までに1,676億米ドルに達すると予測されます。デジタル決済は、決済業界の革命です。デジタル化と継続的な技術開発により、消費者と企業に、カスタマイズされた便利で柔軟な支払い方法を提供できるようになりました。デジタル決済はまた、予算編成、金融包摂を促進し、経済犯罪を防止および阻止するための行動を可能にするのに役立ちます。先進国は既にデジタル決済ソリューションを採用しています。先進国は数十年前に主にクレジットカードを中心としたキャッシュレス決済インフラストラクチャを導入してきましたが、近年、レガシー構造が突然負担になっています。「西欧」市場は、中国、インド、東ヨーロッパなどの成長経済と比較して、新しい決済ソリューションの採用がはるかに遅くなっています。

2018年1月以降、1日100万人がインターネットを利用し始めています。これは、2019年に世界中で43.9億人のインターネットユーザーを占め、2018年から3億6600万人増加しています。スマートフォンとデジタルイニシアチブの急増により、デジタル決済インフラストラクチャの採用が促進されています。Digital Indiaプログラムは、インドをデジタル化された社会と知識経済に変えるというビジョンを持った、インド政府の旗艦プログラムです。

しかし、国境を越えた支払いとカードデータのセキュリティに関連する運用上の課題は、デジタル決済の採用における課題として機能しています。

市場セグメント
世界のデジタル決済市場はタイプ別、展開別、決済モード別、決済企業別、エンドユーザー別および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。
  • タイプ別、ソリューションセグメントが主要なシェアを保持しています。
タイプに基づいて、市場はソリューションとサービスに細分化されています。いくつかのデジタル決済ソリューションが市場で入手可能です。年間750億以上のトランザクションが処理されています。ソリューションの採用が増えると、サービスの採用も増えます。
  • 展開別、オンプレミスは分析期間中に市場を支配すると予想されます。
展開別の市場セグメントに基づいて、市場はクラウドとオンプレミスに分割されます。オンプレミスは2019年に68%の最大のシェアを達成しました。しかし、クラウドベースのソリューションはより安全で高度です。調査によると、組織の54%が、このインフラストラクチャを使用して実行できるより安全な支払いのために、より多くの支払いインフラストラクチャをすぐにクラウドに移行する予定であると述べています。
  • 決済モードのデジタルコマースは、分析期間中に市場を支配すると予想されます。
決済モード別の市場セグメントに基づいて、市場はPOS支払いとデジタルコマースに分割されます。POSは、トランザクションが発生する場所を指します。POSトランザクションには、POSシステムを介して購入される顧客、マーチャント、製品またはサービスが含まれます。2019年には、デジタルコマースが60%の市場シェアで市場を支配しました。

地域概要
市場は地理学に基づいてさらに細分化されており、各国の市場成長が評価されます。これらには、北米(米国、カナダ、およびその他の北米)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、英国、およびその他のヨーロッパ)、アジア太平洋(中国、日本、インド、オーストラリア、およびその他のアジア太平洋)およびその他の地域が含まれます。

北米は、デジタル決済市場の最大の市場の1つです。米国は2020年に2,110万米ドルの収益を生み出しました。米国は、人々の間に高い意識により、デジタル決済の最大の市場を保持しています。

市場の主要なキープレーヤー
世界のデジタル決済市場の主要なキープレーヤーは、Paysafe、ACI Worldwide、Novatti、Adyen、Global Payments、Worldpay、Fiserv、PayPal、Wirecardなどがあります。この調査には、世界のデジタル決済市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析が、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略とともに含まれています。

調査レポートの詳細内容について
https://www.sdki.jp/reports/global-digital-payment-market/111493

SDKI Inc.会社概要
SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注力しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SDKI Inc. >
  3. 世界のデジタル決済市場「2026年までに1,676億米ドルに達する予測」ータイプ別、展開別、決済モード別、決済企業別、エンドユーザー別および地域別ー現在の分析と予測2020-2026年