URBANBASE、メタバース・VR/ARとAIを融合した新たな顧客体験実現に向けて、JTPとパートナーシップを締結

インテリア・不動産業界向け「3D空間データプラットフォーム」を提供するURBANBASE株式会社(東京都千代田区、代表取締役:大野将弘、以下:URBANBASE)は、JTP株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 豊、以下:JTP)とパートナーシップ契約を締結したことを2022年1月27日に発表いたします。
今後、JTPのシステム連携やアプリ開発などの知見と、URBANBASEのVR/AR/AIを活用したアプリケーション開発技術を融合し、メタバース(仮想空間)の主要プレーヤーとして、新しいユーザー体験の実現を目指します。

今回パートナーシップ契約を締結したJTPでは、AIインテグレーションサービス「Third AI」の展開を通じて、画像認識や言語理解といったAIを活用した様々なソリューションなど、先端IT技術を使ったサービス構築の実績があります。
当パートナーシップ締結により、需要の高まる3Dインテリアシミュレーション「Urbanbase Studio」の更なる販路拡大はもちろん、インテリア・不動産業界の顧客がお持ちの個々の課題に対し柔軟な対応が可能となります。

【JTP株式会社について】
JTP株式会社は、日本に進出する海外のITベンダーやライフサイエンスメーカー向けに、テクニカルサービス、ヘルプデスク、トレーニングなどの技術サービスのアウトソーシングを提供する会社として、1987年に設立されました。
2016年以降は、ミッションに「Connect to the Future」を掲げ、メーカーのみならず、幅広い企業のニーズに対するAI関連サービスや、ITシステム設計・構築・運用・保守サービスや、人材育成コンサルティングサービスの提供等を展開しています。

【URBANBASE株式会社ついて】
3D空間に注力したIT企業で、2D図面の画像を瞬時に3D化する独自特許技術を持ち、インテリア・不動産業界向けの「3D空間データプラットフォーム」を提供しています。
また、VR/AR/AIを活用したアプリケーション開発においても、家具・家電販売事業者での多数の採用実績があります。

■URBANBASEのパートナーシップ制度
URBANBASEでは、3Dインテリアシミュレーションサービス「Urbanbase Studio」、インテリア向けARアプリ「Urbanbase AR」の販売/OEMパートナーの他、技術提携パートナーを国内外から募集し、メタバース(仮想空間)の主要プレーヤーとしてグローバルなエコシステムを構築してまいります。
詳しくはお問合せください

(お問合せ: https://www.urbanbase.co.jp/contactus/

■Urbanbase Studioの概要
「Urbanbase Studio」は、インテリア・不動産業界向けのSaaS型3Dインテリアシミュレーションです。

<主な機能>
  • 図面作成から空間を瞬時に3D化
  • 3Dモデル化された床、壁、天井の内装材や、家具・家電を3D空間でシミュレーション
  • サイズ感や臨場感の確認できる3D空間をウォークスルー
  • シミュレーション結果をフォトリアリスティック・レンダリング
  • 見積作成


■その他、URBANBASEのサービス

社名  :URBANBASE株式会社
本社  :東京都千代田区大手町1-9-2 3F​
設立  :2019年8月
代表者 :代表取締役 CEO 大野将弘
URL  :https://www.urbanbase.co.jp

【本件に関するお問合せ先】
URBANBASE株式会社 広報担当
https://www.urbanbase.co.jp/contactus/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. URBANBASE株式会社 >
  3. URBANBASE、メタバース・VR/ARとAIを融合した新たな顧客体験実現に向けて、JTPとパートナーシップを締結