個人投資家向けオルタナティブデータ閲覧サービス「PERAGARU for personal」のリリースが決定

オルタナティブデータを活用した次世代の投資戦略を

機関投資家向けオルタナティブデータ閲覧サービスPERAGARUを運営する株式会社hands(東京都渋谷区)は、個人投資家向けのに「PERAGARU for personal」を2022年5月にリリースすることを決定しました。
従来の投資家は、投資判断のために財務情報や経済統計などのデータを用いてきました。BloombergやQUICKを始めとするツールを利用し開示情報にリアルタイムでアクセスしてきました。これらのデータは伝統的データと呼ばれますが、インターネットにさえ接続していれば開示情報を無料かつ即時アクセスできるようになったため、開示情報にアクセスできること自体の投資判断における優位性はほとんどなくなっています。
一方で、投資情報収集のデジタル化が進展することにより近年台頭してきたのがオルタナティブデータです。オルタナティブデータは、POSデータ、クレジットカードデータ、位置情報、衛星画像などの、これまで活用されてこなかった代替的なデータ全般を指します。
PERAGARUではこのオルタナティブデータを機関投資家向けに提供して参りましたが、個人投資家の方々から多数のご要望を頂き、遂に個人投資家向けオルタナティブデータ閲覧サービスとして「PERAGARU for personal」をリリースすることが決まりました。
 


有料プランのご提供開始は5月ですが、現在も無料で1銘柄のオルタナティブデータを閲覧できるようになっております。ご興味ある方はこちらのURLから無料会員登録をお願いいたします。 https://alt-data.peragaru.net/

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社hands >
  3. 個人投資家向けオルタナティブデータ閲覧サービス「PERAGARU for personal」のリリースが決定