ユニーク来場数5,000人!バーチャル展示即売会「クラフ特区」成果報告

リアルとデジタルの世界をXR(VR/AR/MR)で豊かにするクリエイティブスタジオ株式会社Gugenka(代表取締役CEO 三上昌史)は、2021年4月24日(土)〜4月25日(日)の2日間、NTTが提供するソーシャルVR「DOOR™」上にて開催した、バーチャル展示即売会「バーチャルクラフ特区」の成果を発表いたしました。
本イベントは、VRデバイスや高性能なPCを所持していなくてもスマートフォンから入場できるだけでなく、アプリのダウンロードや事前の複雑な操作も不要という手軽さが特徴のひとつです。

2日間で、累計訪問者数14,000人以上、ユニークユーザー数5,000人以上という、想定を大きく上回るお客さまにご来場いただき、盛況のうちに幕を閉じることができました。

 

個性あふれるクリエイター総勢236名、全151店舗の即売会が行われ、出展者は来場者とコミュニケーションをとりながら、3Dモデルや楽曲といったデジタルコンテンツから、雑貨や家具、食品といったリアル商品まで、幅広いジャンルの商品が販売されました。
 

 

実施後のアンケートでは60%以上の出展者の商品が売れた(無料配布含む)、25%以上の出展者は5,000円以上の売上と回答いただきました。

 

イベント終了後に出展者を対象に実施したアンケートでは、「参加して良かった」が90%以上、「次回も参加したい」が90%以上という回答が集まりました。


今回のイベントでは、出展者側の工数の少なさ、来場者側のアクセスの手軽さ、バーチャル空間での楽しさを多くの方に体験いただけたことで、新型コロナウイルスの影響により変化するイベント開催の新しい選択肢としても、WebVRの可能性を示せたと手応えを感じられる結果が得られました。


■出展者の感想
・感想①
作品作りのモチベーションがかなり上がりました!
作った3Dモデルにアニメーションを付けたり、テクスチャの見せ方を工夫したりと、制限があったからこそ生まれたヒラメキがたくさんありました。ものづくりをする上でとても良い刺激になりました!(きりきさま)


・感想②
VRChatのアバターを作るのにも越えなければいけない壁が多くて、後回しにしているうちに、ツールへの苦手意識が付いてしまっていたのですが、今回を機に「ちょっとずつならできそう」と再挑戦する気持ちになれたのがありがたかったです。
また、めぐさんやエピトさんの配信を見て「自分も一緒にやればできそう」と勇気が出たり、同じブロックの方々に質問したりして交流を持てたのが、背中を押す大きな力になりました。
一歩前に大きな世界が広がっている感覚があって、こんなわくわく感は久しぶりです。(yukutoさま)


■バーチャルクラフ特区とは

 

WebVRプラットフォームMozilla Hubsのオープンソースを元に日本電信電話株式会社(NTT)が制作したソーシャルVR「DOOR™」で実施する、PCやスマートフォンなどのVR機器以外のデバイスでもワンクリックで入場できるバーチャルイベントです。
▶公式サイト:https://www.gugenka.net/craftok-guest


■次回の開催が決定!今度は参加型クイズ大会
クリエイターの方もそうでない方も、より手軽にバーチャル空間で集まれるイベントとして「クラフ特区ファンタジー」の開催を発表いたします。
スマートフォン、PC、モバイルVR、PCVRなど様々なデバイスで家にいながら数百人が同時に、テレビ番組などでおなじみの「◯☓クイズ」に参加できるイベントの参加者を募集中です。

本イベントはバーチャルならではのファンタジーの世界で開催され、スライムの姿になった数百人の出場選手が優勝を競う「バーチャル◯☓クイズ」を2021年7月3日(土)20:00に開催いたします。

アバターのスライムはオリジナル要素を加えた形に改変することが可能で、これを機にはじめて3Dモデル制作に挑戦するクリエイターを応援します。

【開催概要】
イベント名:クラフ特区ファンタジー
・一次参加申し込み〆:2021年6月6日(日)23:59
・予選:2021年6月26日(土)15:00〜 ※集合14:00〜
・本戦:2021年7月3日(土)20:00〜 ※集合19:00〜
・賞品:Oculus Quest2
・参加:無料
・参加条件:以下のすべての条件を満たせる方
(1)小学生以上でDOORにアクセスし、スムーズに操作できる方。
※15歳未満の方は保護者の同意を得てご参加ください。
(2)無料のチャットツール「Discord」で連絡が可能な方。
(3)予選、本戦に参加できる方。
・主催:Gugenka
・公式サイト:https://www.gugenka.net/craftok-fantasy
・公式YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UC2ss43YRCgUDq9zR66UH23w

 

【参加申し込みフォーム】https://forms.gle/UHFM3Si7DbjYWL4e7
 


■Gugenkaとは
XR(AR/VR/MR)領域でアニメ表現のアプリやサービスを提供するXRクリエイティブスタジオ。
東雲めぐを始めとしたVR上で活躍するクリエイターのプロデュースや、デジタルフィギュアのビューワーアプリ「HoloModels™(ホロモデル)」といった、アニメやキャラクターに関連するアプリ開発を行っています。
【公式ページ】https://gugenka.jp/
・代表取締役CEO:三上 昌史(Mikami Masafumi)
・海外統括 COO:キラ プーン(Kiral Poon)
・問い合わせ:https://gugenka.jp/inquiry/(受付時間:平日9:00〜18:00)


■DOOR™とは
新型コロナウイルス感染拡大以降、テレワークや遠隔授業などwithコロナの新たな生活様式が急速に広がりを見せる一方、ソーシャルディスタンス確保と、経済活動の活性化を両立させるリモートワールドの実現が求められています。
こうした状況を踏まえて、NTTがめざす世界観や社会的課題への貢献について、驚きや感動とともに共感してもらえるような手法で伝えていくことを目的に、3D空間型オウンドメディア「DOOR™」を新たに開設します。情報通信に関する役立つ情報、NTTのR&D、XR系サービスの最新情報等を発信していきます。また、多くの方に「DOOR™」で自由に参加、発信、創造を体感いただきながら、3D空間上の相互交流の場となることをめざします。
※「DOOR™」はNTTの商標です。
https://door.ntt/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Gugenka >
  3. ユニーク来場数5,000人!バーチャル展示即売会「クラフ特区」成果報告