建設DXスタートアップのMalme、愛知県の建設コンサルタント向けにBIM/CIM勉強会を実施。地場建設業のDX推進を後押し

〜「なぜいまBIM/CIMなのか?」地場企業との意見交換を通して建設DXの促進にチャレンジ〜

建設業界向けにBIM/CIMサービスを提供する株式会社Malme(本社:東京都中野区、代表取締役:高取佑)は、中部エリアで展開する建設コンサルタント企業を対象に、BIM/CIM勉強会を実施いたしました。本セミナーは、八千代エンジニヤリング株式会社(本店:東京都台東区、代表取締役社長執行役員:出水重光)が進める地域企業と連携した建設DX推進の一環として、「明日から少しずつ始めるための建設DX」をテーマに開催されたものです。
Malmeは「ドボクをもっとおもしろく」のミッションのもと、業界のさらなる活性化に貢献してまいります。
【企業URL】 https://malme.net/
株式会社Malmeは、愛知を中心とした中部エリアの建設コンサルタント企業を対象に、BIM/CIM勉強会を開催いたしました。

◆ セミナーの主旨◆
 建設業界は、頻発する大規模災害やインフラの大量更新問題、将来的な人材不足などの課題を目前に抱えながら、足元ではコロナ禍によるデジタル活用の加速やリモートワークの推進など働き方にも大きな変化を迫られています。測量業者、建設コンサルタント、施工業者といった各関連企業は、このような多種多様な変化を迅速にキャッチアップする必要があることに加え、今後は、一社単独では解決が難しい課題に対して様々な企業が経営資源を出しあって補いあう「相互協力的な事業活動」の推進が不可欠です。
 本セミナーでは、こうした課題解決や変化への適応に向けて、広域企業と地域企業との連携が不可欠であることから、双方の技術者が互いに連携し、業界全体のスキルアップや人材育成に繋げていく主旨で開催されました。

◆ 「BIM/CIM勉強会」の概要◆
 当社が担当した「BIM/CIM勉強会」では、BIM/CIMに取り組むべきか悩んでいる、あるいは具体的な取り組み方がわからない等といった現場の声を踏まえ、建設業界全体を俯瞰した上でBIM/CIMがあらゆる課題解決の基盤になり得ることを発信しました。また民間企業や国・自治体の先進事例を紹介し、中部エリアで今後どういった取り組みができるかをディスカッションしました。さらにBIM/CIMへの取り組みに必要なハード・ソフト等の環境整備、人材育成、活用できる補助金の事例等について情報提供を行いました。

(セミナー会場。Web参加含め60名以上にご参加いただきました)

 

(当社からはBIM/CIMの最新動向や取組み方について解説を行いました)

 


◆ 株式会社Malmeについて ◆
建設コンサルタント出身者で設立した、BIM/CIM支援サービスを提供するスタートアップです。3D測量や3Dモデリング、ICT施工など各種DX技術に精通した技術者が、建設コンサルタント様や施工会社様のBIM/CIMへの取組みを一気通貫で支援いたします。

会社名: 株式会社Malme
所在地: 〒164-0001 東京都中野区4-1-1 中野サンプラザ9階
代表者: 高取 佑
設立: 令和3年2月
事業内容: 土木建設業へのDX技術サービスの提供
URL: https://malme.net/

【お問合せ先】
Malme問合せ窓口
メールアドレス: info@malme.co.jp

*1 BIM/CIM:建築・土木事業に3次元モデルを導入することにより、計画・調査、設計、施工、維持管理の各段階において関係者間の情報共有を容易にし、一連の建設生産・管理システムの効率化・高度化を図ること。『BIM』はBuilding Information Modeling、『CIM』はConstruction Information Modeling/Managementの略称。
(参考:BIM/CIMポータルサイト(国交通省))
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Malme >
  3. 建設DXスタートアップのMalme、愛知県の建設コンサルタント向けにBIM/CIM勉強会を実施。地場建設業のDX推進を後押し