チャレンジャーバンクを目指す株式会社Fivot、シリーズAで総額約10億円の資金調達を実施

スタートアップのために設計された新しいデットファイナンス「Flex Capital」を強化

スタートアップ向け融資事業「Flex Capital」、個人向け積み立てアプリ「IDARE(イデア)」を運営する株式会社Fivot(本社:東京都港区、代表取締役:安部匠悟、以下Fivot)はシリーズAラウンドで総額約10億円の資金調達を実施したことを発表いたします。
本資金調達により、スタートアップ向け融資事業である「Flex Capital」サービス拡大をはかり、挑戦するスタートアップ企業への柔軟な資金調達環境を提供していきます。

 

 

  • ​​シリーズAラウンドで総額約10億円の資金調達を実施
​<リード投資家>
Angel Bridge
​<新規投資家>
SBIインベストメント、SuMi TRUSTイノベーションファンド、株式会社三井住友銀行、SMBCベンチャーキャピタル、新生企業投資株式会社グループ、Sony Innovation Fund
<既存投資家>
キャナルベンチャーズ、DEEPCORE

▼資金調達の目的
この度調達した資金を活用し、顧客となるスタートアップ企業への提供価値を高めると共に、サービスの更なる成長を目指して以下の領域に重点的に投資を行います。また、今後1年間で累計融資総額50億円を目指します。
・Flex Capitalの顧客獲得・および顧客への提供サービスの拡大
・審査に高い質をもたらす与信モデル・データ分析基盤への投資
・融資オペレーションを効率化するシステムの更なる開発
・プロダクトチーム、ビジネスチームの人材採用

 
  • 産業創出を担うスタートアップに新たな資金調達の選択肢を提供
Flex Capitalでは、「株式発行による調達」と「銀行融資」の間を埋めるべく、スタートアップに向けてデット性の商品を複数展開しています。
スタートアップにおけるデットニーズは本質的に「成長を加速させるための運転資金ニーズ」及び 「経営の自由度(フレキシビリティ)を高め、ランウェイを伸長させるためのキャッシュニーズ」の2点に集約されると考えています。
Flex Capitalにおいては、D2C/EC事業者の成長を加速させるために、D2C/EC事業者が支払う必要がある請求書を立替払いする「請求書立替」、リカーリングビジネス※1を展開する事業者の将来売上を先取りして実現する「Revenue Based Finance」、レイタースタートアップの経営の自由度(フレキシビリティ)を高める「ベンチャーデット」の3プロダクトを展開しています。

 

 


各商品について統一的な与信モデルを採用しながら、プロダクトの商品性を事業者の特性やステージに合わせることで、アーリーからレイターまで、スタートアップの成長に合わせて一気通貫でデットファイナンスを提供し続けることが可能と考えています。

スタートアップ企業は一般的に、創業まもなくは利益も赤字であることが多く信用力が小さいこと、また担保となる資産を持たないことから、融資を受けることが困難です。そのため、新規に株式を発行し投資家に引受けてもらうことで資金調達を行いますが、株式の発行には関係者の利害調整をはじめとして多くの時間と労力がかかり、さらに調達後には投資家から高いリターンを求められます。
Fivotはスタートアップ企業においても様々な調達オプションが提供され、ステージや資金ニーズに合わせた効率的な資金調達が広がるべきであると考えています。デットファイナンスを有効に活用することで、株式の発行だけに頼らない柔軟な資金調達が可能となります。

アメリカ・日本ともにグロース株、IT銘柄の株価が低迷し、スタートアップにおいてもエクイティによる資金調達が難しくなる「スタートアップ冬の時代」がきていると言われています。資金調達の際に必要金額全額をエクイティで行うのではなく、一部をデットで行うことにより「株式の希薄化を抑える」等の意図で活用する選択肢もあります。
※1:サブスクリプションなどの継続収益(リカーリングレベニュー)を得ることを目的としたビジネスモデル

サービスURL:https://flex-capital.jp/
 
  • 投資家のコメント

■リード投資家

Angel Bridge株式会社 代表パートナー 河西佑太郎様
Fivotは前回の投資以来、約1年間で大きな飛躍を遂げました。ベンチャー企業におけるデット性資金調達の認知も拡大しており、非常に強いニーズを感じております。Fivotの提供するFlex Capitalが今後も業界リーダーとしてベンチャー業界全体の成長をけん引していくものと信じています。Angel Bridgeは引き続きFivotのチャレンジを全力でご支援して参ります。

■新規投資家

SBIインベストメント株式会社 マネージャー 小野晃輝様
Fivotの大きなチャレンジに共感し出資させていただきました。多くの企業がマーケティングやセールス、自社の資金管理など様々なクラウドサービスを利用しております。このようなデータを活用したレベニュー・ベースド・ファイナンス(RBF)は海外で新たな資金調達手法として注目を集めており、日本ではFivotが先駆者として取り組んでいます。RBFは法人金融サービスのDXであると感じていますし、シームレスな資金調達体験が広がっていくことにワクワクしています。日本の新しいチャレンジャーバンクの実現に向けてSBIグループ一体となり支援していきます。

三井住友信託銀行 常務執行役員 坂上 雄彦様
SuMi TRUSTイノベーションファンドは当社のお客様や当社自身の課題解決に貢献する技術・サービスへの投資を目的として設立されました。Fivotのビジネスはスタートアップの資金調達の課題、および銀行のスタートアップ向け融資の課題を解決できるサービスです。Fivotには金融とITのバックグラウンドを持つ専門性の高いメンバーから構成されるチームがあり、海外での伸長が著しいRBFのビジネスモデルを日本国内でいち早く立ち上げ、ビジネス拡大をしている点を評価し出資しました。本出資を梃子に日本のスタートアップの資金調達の多様化に貢献していきます。

SMBCベンチャーキャピタル株式会社 投資営業第二部 次長 山内心吾様
海外で広がりを見せているレベニュー・ベースド・ファイナンス(RBF)は、スタートアップをはじめとする急成長企業の資金調達手段の多様化を果たし、スタートアップマーケットの拡大を支えていくものと期待しております。エクイティファイナンスと伝統的なデットファイナンスで解決しきれていない課題に真正面から挑み、新たな金融プロダクトでスタートアップが挑戦する機会を提供する、Fivot社の成長を全力で応援して参ります。

新生企業投資株式会社 ディレクター 大目晃弘様
今後、日本でもリカーリングビジネス市場の拡大が見込まれる中、Flex Capitalが提供するレベニューベースドファイナンスの必要性はさらに増していき、将来的にはスタートアップをはじめとする成長企業になくてはならない金融サービスになると考えています。新たな金融サービスを提供するFivotと共に日本のスタートアップエコシステムの更なる活性化に取り組んでいけることを楽しみにしています。

ソニーベンチャーズ株式会社 CEO 土川元様
FivotがFlex Capitalを通じて提供するRevenue Based Financingは、米国を中心に既に成功事例も多く、DX社会に適したファイナンス手段です。金融経験をバックに優れた先見性と実行力をもつ安部さん、佐保さんをはじめとするFivotのチームが日本での業界発展をリードしてくれるものと考えます。今後も更なるプロダクトの発展を期待するとともに、成長を支援していきます。
 
  • 株式会社Fivotについて

会社名:株式会社Fivot
所在地:東京都港区西麻布1-3-18
代表者:安部匠悟
設立:2019年10月
コーポレートサイト:https://fivot.co.jp/
サービスサイト:(Flex Capital)https://flex-capital.jp/、(IDARE)https://idare.jp/
採用情報:https://career.fivot.co.jp/
カジュアル面談:https://meety.net/articles/t2--pdr06csyhl
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Fivot >
  3. チャレンジャーバンクを目指す株式会社Fivot、シリーズAで総額約10億円の資金調達を実施