【着物買取】今後の相場はどうなる?市場アンケートの結果と今後の着物買取の動向を査定士が分析

株式会社クオーレ(本社:愛知県大府市、代表取締役社長:竹本泰志、URL:https://cuore-group.com/ )が運営する買取専門店ウリエルは、着物買取に関するアンケートを実施。市場での着物買取に対する意識調査と今後、着物の買取相場がどのように変動するのかをウリエルの査定士による予想をまとめました。

 

調査期間:2021年07月02日~2021年07年05日
アンケート回答人数:300人


・着物を所持していますか?

(N=300名、単一回答。2021年07月02日~2021年07月05日に実施したアンケート調査による)

着物を所持している:229名
着物を所持していない:71名

アンケートに回答した300名のうち、7割強の割合で着物を所有している人がいるという結果になりました。

着物は日本の伝統文化でありながら、近頃は着用する機会や場面が少なくなっており、着物を所有する人も減少傾向にあります。

とはいえ、冠婚葬祭など特別なシーンで着用するために着物を所有する人や、親または祖父母の世代から代々受け継がれる着物が自宅にある人などが多いようです。


・着物の売却を考えたことはありますか?


(n=229名、単一回答。2021年07月02日~2021年07月05日に実施したアンケート調査による)

売却を検討したことがある:123名
売却を検討したことがない:106名

着物を所有していると回答した人を対象に「着物の売却を検討したことがあるか」質問したところ、半数を超える人が「検討したことがある」と回答。

売却したい理由についても質問してみました。


・売却したい理由


(n=123名、単一回答。2021年07月02日~2021年07月05日に実施したアンケート調査による)

もう着用しない:71名
断捨離:34名
現金化したい:14名
着物の価値が知りたい:7名
その他:2名

売却を検討する理由として、最も多かったのは「もう着用しないから」でした。

次に「断捨離のため」「現金化したい」と続き、やはり着用する機会が減少していることから、手放したいと考える人が多いようです。

では反対に、「売却したくない」と答えた人の理由も見てみましょう。


・売却しない理由


(n=106名、単一回答。2021年07月02日~2021年07月05日に実施したアンケート調査による)

着物を持っていない:58名
安い値が付くと嫌:5名
自分のものではない:9名
売るのが面倒:16名
まだ着用する:39名
思い入れがある:45名

そもそも「着物を所有していない」人が最も多く、「思い入れがあるから」「まだ着用するから」と続き、「売るのが面倒だから」「安い値段が付くと嫌だから」といった回答も寄せられました。

着物はデリケートな素材を使用したものが多く、着物の扱いに慣れていない人からすれば、査定の度に箪笥から出し入れしたり、買取店まで持ち運ぶといった作業にも気を遣うことが多いでしょう。

また、伝統工芸などを用いて仕立てられた着物は高額で販売されている反面、中古品になるとその分の価値が下がることで、買取価格にガッカリしたくないといった意見もみられました。

そこで着物売却の検討の有無に限らず、買取店を利用するうえで気になる点がどういった点なのかを質問。


・買取店を利用する際に気になること


(N=300名、単一回答。2021年07月02日~2021年07月05日に実施したアンケート調査による)

買取価格:159名
価値が分からない:69名
どこに売るか:33名
買取の可否:18名
商品の状態:10名
査定時の手数料:4名
特になし:7名

やはり買取を利用するうえで、いちばん気になるのは「買取価格」。

売却したくない理由にもあった通り、安い値段で買い叩かれることは避けたいと考える人が多く、下記のようなコメントも寄せられていました。

どれくらいの値段で買い取ってくれるか不安です。20?30年来ていませんが親から貰った大事な物なので、出来れば高く売りたい。


続いて「価値が分からない」という回答。

着物は代々受け継がれていると、どの程度の価値のものなのかどれくらいで売れるのか相場や目安がわからなく、売る際にも信用できる相手かどうか見極められずそのままとなってしまう。

高価な着物であれ、購入から年数がたてばたつほど価値は変わってしまいます。

着物そのものの価値だけではなく、需要によっても価値は変動するため、普通の人には「今の価値がどの程度なのか」を見極めるのは困難です。

そのため、「価値が分からない」ことを不安視する回答が多かったことも頷けます。


・【着物買取】今後の着物買取相場はどう変動するのか

着物を着用する機会が減少し不要だと感じながらも、実際に売却するまでにあと一歩及ばない理由として「買取価格」や「価値」を不安視する声が多くみられました。

とはいえ、買取市場での「買取価格」や「価値」とは常に変動し続けるものです。

そうなると難しいのが、不要な着物をいつ売るか。

例えば、古いものであればあるほど価値が上がるものは、今売る気がないのであれば無理に売らず、価値が更に上がるまで手元に置いておくべきですが、着物はどうでしょうか?

そこでウリエルの着物買取で、査定士を務める榎 砂千可による今後の着物の買取相場の動向予測を見てみましょう。

---------------------------------------------------------
昔に比べると近年は若い方が着物を着用する機会が減っている上、レンタル着物の需要・市場増加に伴い、着物を所有する方や新しく購入する方は年々減少傾向にあります。

それとは逆に、着物買取の依頼はいろいろな買取品目の中でも常に高い位置でキープしており、新型コロナウィルス流行による結婚式や式典、お祭りなどのイベント中止が相次いだことで、更に着物買取の依頼件数が増加し続けている印象です。

今後コロナの状況が落ち着くまでこの流れは続くのではないかと予想しており、今後も着物の買取相場は下がっていくことが予想されます。

相場が下がると、同様に買取価格も下げざるを得ず、作家着物や紬などの「価値がある」とされる着物でも高値での買取が難しくなってしまうのです。

買取市場での価値が下がり続ける中、今なら売れる着物でも来年になっても売れるといった保証はありません。

また、着物は着用しなければ綺麗な状態をキープできる、というものではなく手入れをしていても経年で徐々に劣化していきます。

そのことから「いつかは処分しようかな」とお考えの方は、一日でも早く売却を検討していただきたいと思います。

ウリエル査定士:榎 砂千可
---------------------------------------------------------

・着物を売る際の買取手段の希望


(N=300名、単一回答。2021年07月02日~2021年07月05日に実施したアンケート調査による)

店頭買取:192名
出張買取:66名
宅配買取:42名

着物買取では、どの買取り手段を希望される方が多いのでしょうか。

最も多かった回答は意外にも店頭買取で、次に出張買取、宅配買取と続きます。

店頭でやり取りすると、必要なやりとりがスムーズにいくように思う。また、少し高くしてくれることもある。自分の都合の良いタイミングで持っていける買取り店が良いと思う

店頭での買取を希望する理由として、多かったのは「売りたい」と思ったタイミングで売ることができるため、スムーズだという点。

宅配買取や出張買取では、実際に査定し不要なものが家から無くなるまでに、タイムラグが発生することが面倒だと感じる人が多いようです。

次に、出張買取を希望する人の意見がこちら。

一度に運べない量なので、店頭では困る。宅配では、良い値が付かない時の返送費が気になる。自宅で話し合えるとよい。
着物を店頭に持っていくと着物がグチャグチャになって価値が下がりそう、買取してもらえないと思ったからです。

大量の着物を売りたい人や、着物の扱いに慣れていない人に出張買取が人気があるようです。


宅配買取を希望する人の意見

 

対面形式の買取だと気が引けてしまったり、こちら側の要望を伝えにくかったりするイメージがあるからです。
本やcd.dvdなら、お店に出向いて売っても恥ずかしくありませんが、「着物」となると、なぜか恥ずかしいです。そこで、店に出向くことなく、ひっそり売れたので、有難いです。

宅配買取を希望する理由として、多くみられたのが上記のような意見です。

査定士と直接やり取りすることに抵抗がある、または誰にも知られずに売りたいと考える人に人気だという傾向がみられました。


・買取店を利用した経験とその満足度

(N=300名、単一回答。2021年07月02日~2021年07月05日に実施したアンケート調査による)

 

買取店を利用したことがある:170名
買取店を利用したことがない:130名

買取の結果に満足している:78名
買取の結果に満足していない:91名

最後に、買取店を利用した経験の有無と満足度について調査。

買取店を利用したことがある人は全体の56.7%、しかし買取の結果に満足している人は約46%と半数を下回る結果となりました。

結構、高価な着物を質店に査定してもらったところ、昨今は着物を着る人が少ないからと言う理由で予想より遥かに低い査定額を提示されました。なので売却するなら買取り専門店の方が良いかと感じました。
高かった着物の買取額が3000円だったので少し不満でした。安い着物と区別ない値段でしたのでもう少し着物に応じた買い取り価格にしてほしかったです。
母の遺品である着物を買取りしてもらいました。自分が着ることはないので、安価でも買取りしてもらい良かったですが、価格には正直がっかりでした。

など、本来の価値を査定してもらえなかったことへの不満が多く寄せられ、「安い着物とほぼ同額で買取られた」という意見には驚きが隠せません。

そして、こんな意見も。

100万円で買った着物の下取り価格が5,000円ほどでしたが、そのようなものだと思っています。わざわざ自宅まで査定に来てくれたので有難かったです。

なぜこのような高額な着物であれ、買取店によってこんなにも買取価格に差が出たり、正しい価値を見極めてもらうことがこんなにも難しいのでしょうか?

---------------------------------------------------------
買取店により、買取価格に大きな差が生まれる大きな原因として下記の理由が挙げられます。

・査定士の経験値の違い
・直近の市場をチェックしているか

着物はものにより価値を見極めることが難しいものもありますし、直近の市場価値を把握できていなければ、いい加減な値付けしかできません。

また、店舗自体が持っている販売ルートによっても買取金額に差が生じます。

ウリエルでは、商品の柄、生地、状態、付属品など様々な要因から着物を査定しています。

査定士は常に着物市場のチェックをし、最新の流行や相場を把握しているため、その日その時の、適正な買取価格をお客様にご提示することができます。

ウリエル査定士:榎 砂千可
---------------------------------------------------------


・ウリエルなら高価買取に自信があります

ウリエルは業界トップクラスの高価買取に自信があります。

お品物の状態や査定時の市場相場から、正しい価値を査定しお客様には査定額の根拠まで、わかりやすく丁寧に説明。

もちろん、査定額にご納得いただけない場合は、買取をお断りいただくことも可能です。

ウリエルでは、お客様への無理な押し買いや突然の電話営業、訪問営業などは一切行っておりませんので、安心してお任せください。

万が一、買取成立後に気が変わってしまった場合でも、8日以内であればクーリングオフ対応も可能です。


・ウリエルの選べる買取方法

ウリエルでは「出張買取」「宅配買取」「店頭買取」の3つの買取方法があり、お客様のライフスタイルに合わせて選んでいただけます。

また、写真を送るだけでおおよその査定額を知ることができる「無料WEB査定」も好評です。
無料WEB査定:https://www.uriel-cuore.co.jp/entry/


・簡単3ステップ!買取の流れ

1.予約
まずは、お電話もしくはメールLINEにて査定を予約。

2.無料査定
知識・経験豊富な査定士が、誠意をもって丁寧に査定いたします。
査定額に満足いただけなかった場合は、キャンセルすることも可能です。

3.ご成約・ご入金
出張買取、店頭買取ではその場で現金払い。
宅配買取の場合は、口座振込させていただきます。

処分に困っている不用品をお持ちの方は、価値あるものを捨ててしまうのではなく、必要としている方のもとへお届けしませんか?

ぜひ一度、高価買取に自信のあるウリエルへご相談ください。
ウリエル:https://www.uriel-cuore.co.jp/
※買取のご相談・お申込みはサイト内フォームからお願いします。
お問合せフォームURL:https://www.uriel-cuore.co.jp/contact/

 

会社名:株式会社クオーレ
所在地:愛知県大府市柊山町8-53-2
代表取締役:竹本泰志
事業内容:買取事業・遺品整理・生前整理・不動産・ハウスクリーニング・リノベーション
コーポレートサイト:https://cuore-group.com/

こちらの記事を転載して頂ける場合は、上記サイトURLのご記載もお願いいたします。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社クオーレ >
  3. 【着物買取】今後の相場はどうなる?市場アンケートの結果と今後の着物買取の動向を査定士が分析