天然鉱物を科学的に修飾した『ケイ酸塩』でウイルス不活化を実証!

~『ケイ酸塩(粉末)』で99.9%除去の抗ウイルス効果を確認致しました!~

パワーサイレックス株式会社は、天然鉱物を科学的に修飾した『ケイ酸塩』に、ウイルスの不活化効果があることを確認致しました。ケイ素は、栄養学では内臓まで含めた体全部に含有される『必須元素』とされており健康維持には欠かせない存在であるのですが、今回の実験により『ケイ酸塩』を科学的に修飾したものは、身体をウイルスのダメージから守る事も期待できることを実証しました。

 

≪実験の背景≫
パワーサイレックス株式会社では、既に、天然鉱物を科学的に修飾した『ケイ酸塩』は、「水道水と混ぜると酸化還元電位が下がる」事や「カルキ成分が消える」事で、老化や病気の元になる活性酸素を消去する『水素イオンの発生』を確認している(添付画像①②)のですが、更なる『ケイ酸塩』の優位性を担保するために、今回はウイルスに対する不活化効果の実証(効能評価)をする事に致しました。
(★但し、2021年の現状は変異株が、既に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を引き起こすSARSコロナウイルス2; SARS-CoV-2を上回っているため使用せず、これまで感染で多くの犠牲者が出たインフルエンザウイルスH1N1≪遺伝子情報はRNA型でエンベローペはSARS-CoV-2と同様に保有しています≫を使用致しました。)

 
≪実験の内容≫
検体1gにウイルス液0.1mlを添加する条件に於いて、『ケイ酸塩』のウイルスの不活化効果は、添加直後から始まり、5分後には90%以上、15分後は99%以上、30分後は99.8%(60分後には約99.9%、180分後には検出せず)である事が測定されました。(※結果をグラフ化しました。)


≪考 察≫
実験では、30分後には180分後の『4.5 log TCID50/g 以下で検出せず』と近似値である4.7になっている事から検体=天然鉱物を科学的に修飾した『ケイ酸塩』により試験ウイルスH1N1は30分後にはほぼ消滅していると考えられます。この事により、天然鉱物を科学的に修飾した『ケイ酸塩』は、ウイルスによるダメージから体を守ることが期待されます。
また、当該実験結果は、ウイルス除去を政府が認め室内のウイルス対策には補助金も支給されている光触媒の素材である銅系化合物酸化チタン材料と同様に、天然鉱物を科学的に修飾した『ケイ酸塩』が無機物素材であるのにウイルス不活化性能を示している事も確認できました。


 ≪今後の展望≫
パワーサイレックス株式会社は、この分析結果を活用し、企業理念に基づいた商品開発ポリシーである
・ひとりでも多くの人の健康のためにいつでも手軽に手に入る価格であること
・ひとりでも多くの人の健康のためにいつまでも安心して続けられる品質であること
・ひとりでも多くの人の健康のために誰にも真似できない唯一無二の商品であること
・ひとりでも多くの人の健康のために日々努力を惜しまず諦めないこと
を順守しつつ健康食品業界でのBtoCだけでなく、BtoBにも応用し繊維に練り込みマスク等の生地や壁紙更には絨毯を製造する事や光触媒のように抗ウイルス用コーティング剤等にも用途を広めて住空間・商空間の安全にも寄与出来る商品開発を加速してまいります。

 
●パワーサイレックス株式会社について
2017年に東京都杉並区で創業し安心して続けられる品質、誰にも真似できない唯一無二の商品、手軽に手に入る価格であり、安心して続けられる品質の良いモノを提供する経営理念の遂行のため日々努力を惜しまず諦めず事業に邁進しております。


★参考画像
①酸化還元電位が低下する

 

       
②カルキの消滅  

      

 

 



 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. パワーサイレックス株式会社 >
  3. 天然鉱物を科学的に修飾した『ケイ酸塩』でウイルス不活化を実証!