マクラーレン・レーシング (McLaren Racing) は、NFTプラットフォーム構築に向けて、テゾス (Tezos)をパートナーとして選択

エネルギー効率の高いブロックチェーンネットワークのTezos上にNFTファン体験プラットフォームを構築するための新たな複数年の技術提携を発表
2021年6月17 日



McLaren Racingは、世界最先端のブロックチェーンであるTezosを、チームの公式ブロックチェーンパートナーとして選択し、F1、INDYCAR、esportsにまたがる新しい複数年の技術提携を締結しました。MaLarenは、エネルギー効率が高くアップグレード可能なTezosネットワークを利用して、ファン体験を中心とした非代替トークン(NFT)プラットフォームを構築します。

Tezosは、資産とアプリケーションのためのオープンソースで、効率的なオンチェーンガバナンスによって自らをアップグレードすることで、継続的に進化するブロックチェーンです。McLarenは、その輝かしいレースの伝統と、チームに所属している有名ドライバーのラインナップを生かした専用プラットフォームを構築し、他に類を見ないNFTファン体験を提供していきます。

Tezos社とMcLaren社にとって、イノベーションによる持続可能性(サステイナビリティ)は重要です。クリーンなNFTとエネルギー効率の高いネットワークを採用することで、クリエイティブな表現を共有するこの新しい方法の良い影響が、不必要に大きいエネルギー消費によって相殺されないようにしています。従来のProof of Workを採用しているブロックチェーンとは異なり、Tezosの先進的なProof of Stakeのメカニズムではネットワークの安全性を確保するために必要となるエネルギーは、ビットコインやイーサリアムなどのProof of Workを採用しているネットワークと比較して200万分の1にまで抑えることができます。これにより、Tezosはエネルギー消費を最小限に抑え、二酸化炭素排出量をほぼ完全に無視できるクリーンな運用を実現しています。

このパートナーシップの一環として、Tezosブランドは、マクラーレンのF1ドライバーのLando NorrisとDaniel Riccardo、Arrow McLaren SPドライバーのPato O’WardとFelix Rosenqvistのレーススーツをはじめ、チーム全体の様々なところでアピールされます。

McLaren Racingのライセンシング、eコマース、esports担当ディレクターのLindsey Eckhouseは次のように述べています。
「TezosとMcLaren Racingが協力して、ファンのためのユニークなNFTプラットフォームを構築することは、エキサイティングで急速に発展している業界において、革新的な一歩となります。McLarenは、ファンの皆様を第一に考えることで知られていますが、今回の提携により、ファンの皆様がチームの重要な部分を所有することができるようになりました。我々は、Tezos社とのプラットフォームを立ち上げ、F1、INDYCAR、esportsの各チームでカスタムメイドのNFTを作ることを楽しみにしています。」

Tezos財団の会長であるHubertus Thonhauserは次のように述べています。
「McLaren Racingは、F1レースにおいて最も長く輝かしい歴史を持っていて、彼らがNFTファンエンゲージメントプラットフォームを通じてTezosブロックチェーンをその歴史に加えることを選択したことに興奮しています。ブロックチェーンのコンセプトは進化しており、より速く、より安全で、より効率的になっています。この進化をフォローし続けるには、この急速なイノベーションのペースに追従できるブロックチェーンが必要です。世界中のブランドが新しいファンとのエンゲージメントを模索している中、オリジナルで最速の進化を遂げているブロックチェーンであるTezosは、イノベーションの最前線に立ち続け、繁栄し、急成長しているエコシステムの中で現実世界にも価値をもたらすソリューションを提供しています。」

 



McLaren
・Tim Bampton  McLaren Racingコミュニケーション最高責任者(Chief Communications Officer) 
tim.bampton@mclaren.com / +44 (0) 7468 714614 
・Siobhan Filsell  McLaren Racing コミュニケーションマネージャー
siobhan.filsell@mclaren.com / +44 (0) 7879 890 260
・Curtis Nice  McLaren Racingコミュニケーションエグゼクティブ
curtis.nice@mclaren.com / +44 (0) 7765 742 300

Tezos
・Reid Yager BlokHaus グローバルディレクターコミュニケーション
reid.yager@blokhaus.io

McLaren Racing
McLaren Racingは、ニュージーランドのレーシングドライバー、ブルース・マクラーレンによって1963年に設立されました。1966年に初めてF1レースに参戦して以来、マクラーレンはF1ワールドチャンピオンシップを20回、F1グランプリの1位を180回以上獲得しています。また、ル・マン24時間レースに初挑戦し、インディアナポリス500に3回参戦しています。McLaren Racingは現在、世界ではF1、アメリカではINDYCARに参戦しています。

2021年シリーズには、FIA F1ワールドチャンピオンシップにはLando NorrisとDaniel Ricciardoで、INDYCARシリーズにはArrow McLaren SPドライバーのPato O’WardとFelix Rosenqvistで参戦しています。2022年からは、McLaren Racingは、革新的な完全伝道者によるオフロードレーシングシリーズであるExtreme Eにチームを投入し、このモータースポーツの新しいカテゴリーに参戦します。

Tezos
Tezosは、デジタルでつながった世界で価値を保持し、交換することの意味を再定義するスマートマネーです。実績のある自己アップグレード可能な、エネルギー効率の高いブロックチェーンであるTezosは、現在のネットワークに混乱を起こすことなく、将来のイノベーションをシームレスに実装できます。詳細については、tezos.comをご覧ください。

 

  1. プレスリリース >
  2. TZ APAC Pte Ltd >
  3. マクラーレン・レーシング (McLaren Racing) は、NFTプラットフォーム構築に向けて、テゾス (Tezos)をパートナーとして選択