【海外事業に興味のある経営者100人に聞いた】5人に1人が、市場拡大ができる「インドネシア」マーケットに興味あり

〜惹かれるポイント「市場の大きさと日系企業の受け入れやすさ」の声〜

 株式会社プランニングネットワーク(本社:東京都港区、代表取締役: 佐々木 卓)は、コロナ禍に海外事業に興味のある経営者109人を対象に、「海外事業進出先」に関する調査を実施いたしました。
  • サマリー

 
  • 調査概要
調査概要:「海外事業進出先」に関する調査
調査方法:インターネット調査
調査期間:2021年10月1日〜同年10月4日
有効回答:コロナ禍に海外事業に興味のある経営者109人
 
  • 海外進出先を選ぶ際の条件、「治安がいい」が57.8%で最多
 「Q1.あなたが海外進出先を選ぶ際の条件を教えてください。(複数回答)」(n=109)と質問したところ、「治安がいい」が57.8%、「マーケットが大きい」が54.1%、「法人設立がしやすい」が44.0%という回答となりました。

Q1.あなたが海外進出先を選ぶ際の条件を教えてください。(複数回答)Q1.あなたが海外進出先を選ぶ際の条件を教えてください。(複数回答)

・治安がいい:57.8%
・マーケットが大きい:54.1%
・法人設立がしやすい:44.0%

・ネット環境が充実している:37.6%
・ビザの取得がしやすい:33.9%
・人件費が安い:33.0%
・英語を話せる人が多い:31.2%
・現地に日本人がいる:29.4%
・情報の伝達速度が速い:20.2%
・時差がない:10.1%
・その他:5.5%
・わからない:6.4%
 
  • 他にも、「政治、宗教が安定している」や「反日国でないこと」などの声も
 「Q2.海外進出先を選ぶ際の条件がQ1以外にあれば自由に教えてください(自由回答)」(n=109)と質問したところ、「政治、宗教が安定している」や「反日国でないこと」など69の回答を得ることができました。

<自由回答・一部抜粋>
・62歳:政治、宗教が安定している。
・42歳:反日国でないこと。
・66歳:住環境の良さ。
・63歳:株式市場の充実。
・57歳:撤退のし易さ。
・69歳:食事が美味しい。
・63歳:都市が大きい。
 
  • コロナ禍の今、進出先が「決まっている」企業16.6%、「検討している」企業33.9%
 「Q3.コロナ禍の今、進出先をすでに検討していますか。」(n=109)と質問したところ、「既に決まっている」が16.6%、「検討している」が33.9%という回答となりました。

Q3.コロナ禍の今、進出先をすでに検討していますか。Q3.コロナ禍の今、進出先をすでに検討していますか。

・既に決まっている:16.6%
・検討している:33.9%

・検討していない:49.5%
 
  • 進出先の候補、人気第1位「マレーシア」が32.7%、第2位「ベトナム」「タイ」が同率29.1%
 Q3で「既に決まっている」「検討している」と回答した方に、「Q4.進出先の候補を教えてください。(複数回答)」(n=55)と質問したところ、「マレーシア」が32.7%、「ベトナム」「タイ」が同率で29.1%という回答となりました。

Q4.進出先の候補を教えてください。(複数回答)Q4.進出先の候補を教えてください。(複数回答)

・マレーシア:32.7%
・ベトナム:29.1%
・タイ:29.1%

・アメリカ:23.6%
・インドネシア:20.0%
・中国:20.0%
・カナダ:20.0%
・フィリピン:18.2%
・台湾:14.5%
・インド:12.7%
・ミャンマー:10.9%
・メキシコ:9.1%
・韓国:9.1%
・サウジアラビア:5.5%
・カンボジア:5.5%
・モンゴル:3.6%
・ブラジル:3.6%
・南アフリカ:3.6%
・ロシア:3.6%
・その他:29.1%
 
  • 他にも、「シンガポール」や「スペイン」などの声も
 Q3で「既に決まっている」「検討している」と回答した方に、「Q5.進出先の候補がQ4以外にあれば自由に教えてください。(自由回答)」(n=55)と質問したところ、「シンガポール」や「スペイン」など33の回答を得ることができました。

<自由回答・一部抜粋>
・67歳:シンガポール。
・47歳:スペイン。
・63歳:オーストラリア。
・40歳:ウズベキスタン。
・47歳:ハワイ。
・58歳:パラグアイ。
・63歳:イスラエル。
 
  • インドネシアに進出したい理由、「これから映像関連のニーズがあがっていきそうだから」や「市場の大きさと日系企業の受け入れやすさ」などの声
 Q4で「インドネシア」を選んだ方に、「Q6.インドネシアに進出したい理由を教えてください。(自由回答)」(n=11)と質問したところ、「これから映像関連のニーズがあがっていきそうだから」や「市場の大きさと日系企業の受け入れやすさ」など8の回答を得ることができました。

<自由回答・一部抜粋>
・47歳:これから映像関連のニーズがあがっていきそうだから。
・63歳:市場の大きさと日系企業の受け入れやすさ。
・80歳:日本に好意的と思うから。
・66歳:既に30年近く仕事している。
・70歳:親日国で森林資源が豊富だから。
・49歳:将来性。
 
  • まとめ
 今回は、コロナ禍に海外事業に興味のある経営者109人を対象に、「海外事業進出先」に関する調査を実施しました。

   まず、外進出先を選ぶ際の条件として、「治安がいい」が57.8%で最多、続いて「マーケットが大きい」が54.1%、「法人設立がしやすい」が44.0%という結果になり、他にも、「政治、宗教が安定している」や「反日国でないこと」などの声も見受けられました。

   また、コロナ禍の今、進出先がすでに「決まっている」企業は16.6%、「検討している」企業は33.9%いることがわかりました。進出先の候補としては、第1位「マレーシア」、第2位「ベトナム」「タイ」、第3位「アメリカ」、第4位「インドネシア」「中国」「カナダ」という結果にそのうち、インドネシアに進出したい理由を尋ねると、「これから映像関連のニーズがあがっていきそうだから」や「市場の大きさと日系企業の受け入れやすさ」などの声が挙がりました。

 緊急事態宣言も明け、海外進出を検討されている経営者も多いのではないでしょうか。進出先として、例えばインドネシアをみても、現在人口2億8000万人のマーケットであり、Mobileやネット環境の拡充により、情報の伝達速度が格段に速く、マーケットとして注目されている国の一つとして言えるでしょう。コロナで停滞した事業を一気に加速させるためにも、マーケットを世界に広げ、ビジネスを大きくスケールさせましょう。
 
  • 起業や留学、移住をまるっとサポート!「Start Up Bali」

海外で何かをしたいと思ったときに、すでに日本人向けサービスが存在していればそのまま利用できますが、それがない場合は、自分で調べ実行しなければいけません。
外国となると言語、文化慣習、法律などさまざまなハードルが存在し失敗もつきものです。

そういうときは、経験者の声が一番役に立ちます。かといって自分のやりたい分野すべての経験者となると、複数人の手助けが必要となりさらにハードルが高くなってきたりします。

常日頃からそのようなご要望をよく耳にしており解決できないかと考え、スタートアップバリでは、そのようなお悩みをすべて解決できるよう各分野のエキスパートと連携し日本人がバリでやりたいことを網羅し、「スタート」から「終わり」まですべてのサポートができる仕組みを構築いたしました。
(お問い合わせはこちらから:https://www.startup-bali.jp/contact/
 
  • 会社概要
会社名:株式会社プランニングネットワーク
代表者:代表取締役 佐々木 卓
所在地:東京都港区芝大門2-7-1 ハイリーフ芝大門105
設立 :2006年8月24日
資本金:6,500,000円
URL :https://www.planning-network.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社プランニングネットワーク >
  3. 【海外事業に興味のある経営者100人に聞いた】5人に1人が、市場拡大ができる「インドネシア」マーケットに興味あり