AvePoint、安全性の高いデジタル コラボレーションを実現するバーチャル データ ルーム 「Confide」 をリリース

Confide は、効率性を損なうことなく機密データを保護したいというニーズの高まりに対応します。

企業のクラウド移行、データ漏洩への懸念、M&A の増加といった背景を受け、AvePoint Japan 株式会社は 企業が機密データのニーズを管理し、より自信を持ってコラボレーションを行えるよう支援するバーチャル データ ルーム 「Confide」 のリリースを発表しました。Confide は、Microsoft 365 と完全に統合された唯一のバーチャル データ ルームであり、エンド ユーザーのクラウド テナント上でホストされるため、最適なセキュリティとプロジェクトの開始効率を提供します。M&A、財務監査、知的財産、経営陣のコラボレーションなど、機密性の高いプロジェクトを行う際のデータ漏洩や不慮の事故を防ぎ、社内外の関係者とシームレスに作業を行うことを可能にします。
最先端の SaaS およびデータ管理プラットフォームを提供する AvePoint, Inc. (本社 : 米国ニュージャージー州ジャージーシティ、NASDAQ: AVPT) の日本法人 AvePoint Japan 株式会社 (本社 : 東京都港区高輪、代表取締役 : 塩光献、以下 「AvePoint」)は 2022年1月27日、企業が機密データのニーズを管理し、より自信を持ってコラボレーションを行えるよう支援するバーチャル データ ルーム 「Confide」 の日本データセンターでのリリースを発表しました。Confide は、Microsoft 365 と完全に統合された唯一のバーチャル データ ルームであり、エンド ユーザーのクラウド テナント上でホストされているため、最適なセキュリティと開始効率を提供します。

Confide は、M&A、財務監査、知的財産、経営陣のコラボレーションなど、機密性の高いプロジェクトを行う際に、データ漏洩や不慮の事故、コストのかかるミスを心配することなく、社内外の関係者とシームレスに作業を行うことができます。AvePoint の IT 製品と同じ技術を採用した Confide は、ビジネス リーダーに以下のような機能を提供します。
 
  • シンプルなセットアップ: 新しい安全なワークスペースの構築をIT部門に任せることは、時にビジネスに不可欠な意思決定を遅らせてしまう場合があります。Confide は、ビジネス リーダーが直観的かつ安全にプロジェクトを構築できるようにします。また、Microsoft 365 とのシームレスな統合により、使い慣れたユーザーエクスペリエンスを提供するだけでなく、業務に必要な SaaS ソリューションの数を減らすことができます。
  • 堅牢なガバナンス: ビジネス リーダーは、プロジェクトに特化した詳細な権限を適用・管理することで、機密性の高いプロジェクトのライフサイクル全体を完全に制御・透明化することができます。さらに、安全なインライン コミュニケーションとタスク管理により、電子メールや外部とのチャットではなく、プロジェクト内ですべての議論が行われ、データが存在することが保証されます。
  • リアルタイムのインサイトとインテリジェンス: プロジェクト内の活動を管理するために、ビジネス リーダーは、ドキュメントの閲覧状況、編集状況、権限などを示す分析結果に一元的にアクセスできます。

AvePoint の CEO 兼共同設立者である Tianyi Jiang (TJ) は次のように述べています。「記録的な量のデータ漏洩が発生していることや、企業がビジネス データをクラウドに大量に蓄積し続けいること、M&A のような機密性の高い活動が軒並み発生していることを背景に、すべてのビジネス データを保護することの重要性は、この 2 年間でかつてないほど明確になっています。」「私たちは、IT 部門に長年提供してきたエンタープライズ レベルのセキュリティ機能をビジネス リーダーに提供することで、ますます拡大し、重要性を増しているデジタル コラボレーションの確保に貢献していきます。」

Confide は、他のバーチャル データ ルームとは異なり、アップロードされたデータはすべて組織内の Office 365 テナントに安全に保存されます。さらに、Confide は、IT 管理者のアクセスを意図的に制限し、機密情報を知るべき組織内のビジネス リーダーにのみアクセスを許可するように設計されています。これは、Microsoft Teams や Slack、Google Workspace などに存在するプライベート チャネルとは形式が異なります。

AvePoint の最高製品責任者 John Peluso は次のように述べています。「機密性の高いプロジェクトでは、ビジネス リーダーがデータの管理、構築、統治、保護を行うべきです。」「AvePoint は常に IT オペレーションの向上を目指してきましたが、Confide を通してビジネス リーダーに権限を与えることで、IT チームは負担が軽減され、他の優先事項に集中できるようになります。」

AvePoint は、企業が自信を持ってコラボレーションできるようにするための取り組みの一環として、クラウド移行製品 FLY を SaaS ソリューションとして提供開始しました。FLY は、オンプレミスからクラウドへの移行や、クラウドからクラウドへの移行を一度のプロジェクトとして行うだけでなく、M&A やさらなるデジタル トランスフォーメーションによる移行をサポートするためにも使用することができます。

Confide の詳細については、2022年1月20日に開催されたグローバル バーチャル ローンチ イベントをご覧いただくか、製品ページをご覧ください。
 


 


AvePoint について
「Collaborate with confidence、世界中の企業に快適で安全な IT 環境を」
AvePoint は SaaS とデータ管理のための最先端プラットフォームを提供し、SaaS 運用の最適化と安全なコラボレーションを実現します。800 万人以上のクラウドユーザーが当社のソリューションを利用しています。AvePoint の SaaS ソリューションは、100 以上のクラウドマーケットプレイスを通じてマネージド サービス プロバイダーにも提供されており、パートナーが中小企業の顧客に対してより良いサポートを提供し、管理することができます。2001 年に設立された AvePoint は、5 度の Global Microsoft Partner of the Year を受賞しており、本社はニュージャージー州ジャージーシティに位置しています。詳しい情報は https://www.avepoint.com/jp をご覧ください。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. AvePoint Japan株式会社 >
  3. AvePoint、安全性の高いデジタル コラボレーションを実現するバーチャル データ ルーム 「Confide」 をリリース