ペット共生型障がい者グループホームを手掛ける株式会社アニスピホールディングスと業務提携のお知らせ

訳あり不動産・空き家の買取事業を展開する、株式会社ネクスウィル(代表取締役社長:丸岡智幸、本社:東京都港区、以下ネクスウィル)は、ペット共生型障がい者グループホームを全国で展開する株式会社アニスピホールディングス(代表取締役:藤田英明、本社:東京都千代田区、以下アニスピホールディングス)との共同にて、空き家をグループホームへ転用する業務提携を2022年10月31日より開始いたします。


◆業務提携の背景・目的

現在、日本は空き家の多い国世界2位であり、深刻な空き家問題並びに空き家活用への課題を抱えています。

「日本の空き家をゼロに」を目標に掲げるネクスウィルは、訳あり不動産・空き家の買取事業を行っております。全国で買取、再販を行っている当社ネクスウィルですが、どうしても当社が買取が出来ないような物件の出口として、売主と買主が個人間で売買ができる、訳あり不動産・空き家のマッチングサイト「URI・KAI」を2022年2月18日より公開いたしました。

今回のアニスピホールディングスとの業務提携により、URI・KAIに掲載された空き家物件を、ペット共生型障がい者グループホームや、障がい者デイサービスの拠点として再活用することが可能となりました。これにより、当社として買取できる物件の条件が緩和され、空き家を手放したいお客様のニーズによりお応えすることができるようになります。

当社は、今後も空き家マッチングサイトURI・KAIの認知向上をはかるとともに、日本の空き家ゼロを達成するため、より良いサービスを提供して参ります。


◆お互いの事業内容

■URI・KAI(空き家・訳あり不動産の売り買いマッチングサイト)について
・空き家
・古民家
・再建築できないなどの訳あり物件等

 訳あり不動産・空き家の買取再販に特化しているネクスウィルが、自社買取が困難と判断した物件を、査定した上でURI・KAI掲示板に掲載。売りたい人買いたい人がサイト上で直接、個人間取引を行えるマッチングサイトを運営しております。

業界最安値のシステム使用料と、マッチング率の高さが特徴です。
掲載無料、成約時システム利用料(買主5万円・売主7万円)
運営:株式会社ネクスウィル

▼詳しくはこちら
https://uri-kai.com/

■わおん/にゃおん(ペット共生型障がい者グループホーム)について
「わおん」「にゃおん」とは、障がい者の方が自立した生活を送るためのグループホーム(共同生活援助)に「ペット共生型」という独自のコンセプトを採り入れた、アニスピホールディングスの障がい者グループホームです。

動物のいのちを守るとともに、ともに暮らすこと(共生)によって入居者の方にもさまざまなメリットをもたらし、安らぎと彩りのある生活を実現します。

2022年10月時点にて、ペット共生型障がい者グループホームの参画会社は日本全国に1111店舗あり、拠点数国内No1となっております。
運営:株式会社アニスピホールディングス

▼詳しくはこちら
https://anispi.co.jp/business/waon/


◆URI・KAIに登録された空き家をペット共生型障がい者グループホームに

今回、業務提携をする株式会社アニスピホールディングスは、空き家を活用し、
知的障がい者向けのグループホームを日本全国で展開しています。

また、人だけでなく動物殺処分を削減すべく、ペット共生型障がい者グループホーム(わおん/にゃおん)にするなど「空き家問題×障がい者福祉×殺処分削減」と幅広い社会福祉に貢献している企業です。

今回の業務提携により、空き家・訳あり不動産の買取に特化しているネクスウィルが運営する売買マッチングサイト「URI・KAI」に登録いただいている空き家・訳あり不動産を、

アニスピホールディングスが購入し空き家活用としてグループホームへ転用して再利用するという出口が増えました。

従来URI・KAIの出口としては、個人間での売買のみでしたが、
事業提携により売却率・マッチング率がさらに大きく高まる事が予想されます。
ペット共生型障がい者グループホームとしての出口は以下の通りです。


従来のURI・KAIの売買マッチング



アニスピホールディングスと事業提携後によるURI・KAIの売買マッチング

 



また、アニスピホールディングスは、ペット共生型障がい者グループホームだけでなく、そのほか運動療法型障がい者デイサービス、精神科訪問看護などを参画企業を通して拡大しています。

参画企業がURI・KAIに登録されている空き家が活用されるという出口もあります。

 

アニスピホールディングスでは、参画企業を経営する方向けに説明会やセミナーを行うなど、教育にも力を入れています。
空き家を売ろうと考えていた売主様自身が、保有している空き家を活用して参画企業としてグループホームを開業するという出口も生まれます。

 
◆2033年には3軒に1軒が空き家に!?

2019年に総務省は2018年10月時点の「住宅・土地統計調査」を発表、
総住宅数6242万戸の内、およそ846万戸が空き家という結果となりました。
なんとこれは過去最高で、空き家率は13.6%です。

2016年に発表された野村総合研究所の試算では、2033年の総住宅数は約7126万世帯、
空き家数は2167万戸弱、空き家率30.4%まで上昇すると推定されています。

ということは日本国土にある住宅の実に3軒に1軒が空き家ということになるのです。

空き家によって、ゴミの不法投棄による悪臭被害や害虫・害獣の発生など、
予想される被害は多くあります。




買い取り・掲載の対象は日本全国の空き家と訳あり不動産です。
空き家・共有持分や再建築不可などの物件処分にお困りの方は、是非ネクスウィルにお任せください!


 

 

■会社概要
社名:株式会社ネクスウィル

設立:2019年1月29日
代表取締役社長:丸岡智幸
本社所在地:東京都港区新橋6-11-8ポートワンシンバシ1階
事業内容:訳あり不動産買取事業/不動産投資事業
URL:https://www.nexwill.co.jp/


社名:株式会社アニスピホールディングス

設立:2016年8月5日
代表取締役社長:藤田 英明
本社所在地:東京都千代田区九段南3-1-1 久保寺ビル3F
事業内容:ペット共生型障がい者グループホーム 「わおん/にゃおん」/ 運動療法型障がい者デイサービス(生活介護)「ワーカウト」/日中サービス支援型障がい者グループホーム ビーハック /精神科訪問看護ステーション「ファミリーナース」/放課後等デイサービス&児童発達支援「ジュガール」/ペットシッターサービス「ケアペッツ」
URL:https://anispi.co.jp/

 


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ネクスウィル >
  3. ペット共生型障がい者グループホームを手掛ける株式会社アニスピホールディングスと業務提携のお知らせ