メディアオーシャン傘下のFlashtalking、新たに2名を迎える人事で日本・アジア太平洋地域を強化

クライアントサービス部長にティファニー・フォクスウェル、新クリエイティブ開発リーダーにエヴァ・エリクセンを任命

メディアオーシャン(Mediaocean)傘下で広告管理、データ駆動型クリエイティブ、統合インサイトを提供する独立グローバルプラットフォームの第一人者、Flashtalkingは本日、日本およびアジア太平洋地域(JAPAC)のチーム強化を目的とする2件の主要人事を公表しました。日本・アジア太平洋地域クライアントサービス部長にティファニー・フォクスウェル(Tiffany Foxwell)を任命し、日本・アジア太平洋地域クリエイティブ開発リーダーはエヴァ・エリクセン(Eva Ericksen)が務めることになります。

オムニチャネル広告のグローバルプラットフォーム、メディアオーシャン(Mediaocean)がJAPAC地域における事業拡大に向けて投資を続行中であることは、最近のFlashtalking買収に続く今回の主要人事からも明らかです。

Innovid社ヨーロッパ中東アジア地域営業取締役を経て、これまでオーストラリア・ニュージーランド営業部長を務めてきたフォクスウェルには、パーソナライズ対応のデータ駆動型クリエイティブ、スマートテレビおよびビデオ、デジタル広告テクノロジー分野の豊かな専門知識があります。Innovid社在職中は、新たな製品処理機能を立ち上げ、グローバルブランド、出版社および代理店の間で上級パートナーシップを確立しながら、複数のチャネル・地域にわたる同社のグローバルフットプリント拡大に寄与しました。

フォクスウェルは、キャンペーン、オペレーションおよびアカウント管理を取りまとめ、JAPAC全域でメディアオーシャンのFlashtalkingクライアントサービスチームを統率することになります。戦略的方向性を定め、メンターを務めて指針を示しながら、チームに顧客へのエクセレンスと顧客のビジネス成長を実現する権限を与えて任せ、力づけます。

この任命についてティファニー・フォクスウェルは、「この重要な時期にメディアオーシャンのFlashtalkingチームに加わることができ、大変嬉しく思っています。当社のテクノロジーとサービスの組み合わせは、オムニチャネル広告および測定に関わる業界の歩みに重大な変化をもたらすことになります。この旅路の一員となり、それについて当社のお客様と話し合うのが本当に楽しみです」と言っています。

一方のエリクセンは、MediaForgeのクリエイティブ開発担当者として、楽天がMediaForgeを買収した時期にキャリアを歩み始めました。楽天では5年以上にわたり、アジア太平洋地域のクリエイティブを管理しました。

メディアオーシャンのFlashtalkingでは、エリクセンはオーストラリア、ニュージーランド、東南アジアおよび中央アジアの顧客に向けてクリエイティブ制作を監督しながら、クリエイティブトレーニング、品質保証、サポートを管理します。ブランド、代理店各社と密接に協力しながら、さまざまなプロジェクトの制作について実現可能性や要件を判断していくことになります。

「メディアオーシャンのFlashtalkingに加わるのは自分のキャリアの中で大きな誇りです」と言うエヴァ・エリクセンは、「特定の目標を定めて進みながら、日常生活にも仕事にも心を込めて生きるよう努めています。これは、自分が当社で負うクリエイティブな責任と一致するものだと信じています。この地域全体で、ブランドや代理店がそれぞれのポテンシャルを完全に発揮できるよう支援する仕事を始めるのが待ちきれません」と話しています。

メディアオーシャンのFlashtalkingでは、JAPAC地域取締役ジョージア・ブラマーがこの最新人事について、次のように述べています。「この業界で最も恐れ知らずの、起業家精神にあふれる知的な女性が2名、これほど重大な転換期に当社のJAPACリーダーチームに加わるのは、本当に素晴らしいことです。これは、当社と顧客にとってばかりでなく、さらに広い範囲でこの業界の変革に向けても喜ばしいことなのです。

ティファニーは、広告技術の側面でも代理店の側面でも、ビジネス上の世界的な成功を収めてきました。その成功は、いわゆる『壁に囲まれた庭園』やCookieブロックの障壁、さらにスマートテレビなどの新しいチャンスから生じる難関を乗り切り、乗り越える支援を当社が行う中で、すでに定評ある当社のサービスレベルをさらに強化することになります。

クリエイティブ広告技術ソリューションに豊富な経験のあるエヴァは、この分野でよく知られています。これは、当社が同地域のデジタルスペース全体にわたって拡張しつつあるリーダーシップとサービスの土台となります。」


メディアオーシャンのFlashtalkingについて

メディアオーシャンのFlashtalkingは、独立プライマリ広告サーバーおよび解析テクノロジーの第一人者です。データ使用を通じて広告のパーソナライズをリアルタイムで実行し、広告効果を独自に解析し、優れた選択眼を持つグローバルブランドのために、エンゲージメントと広告費対効果の改善を促進する最適化を実現します。 

画期的な製品とサービスで市場を主導する当社のプラットフォームは、Cookieを必要としない独自のトラッキング方式、データのオーケストレーション、高度なアナリティクスを備え、あらゆるチャンネル、フォーマットにわたるクリエイティブの適合性を確保し、意思決定に実用可能なインサイトを確実に捕捉します。当社のクライアントサポートは、データ、パーソナライズされたクリエイティブ、偏向のない測定方式が専門知識、サービス、パートナーによる深層的なエコシステムと結びつき、デジタルマーケティングを成功に導きます。 

Flashtalkingは、オムニチャネル広告に必要不可欠なプラットフォーム、メディアオーシャン(Mediaocean)の一部です。さらに詳しくは、www.mediaocean.com または www.flashtalking.com をご覧ください。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Flashtalking >
  3. メディアオーシャン傘下のFlashtalking、新たに2名を迎える人事で日本・アジア太平洋地域を強化