工作機械市場は2027年までに95,169.1百万米ドルに達すると予想される

Astute Analytica社が2021年9月24日に発表した最新レポートによると、製造業の企業が製品の革新や生産性の向上を求めていることから、CNC工作機械分野が最大の市場シェアを占めています。
工作機械の世界市場規模は、2027年には95,169.1百万米ドルに達すると予想されています。同市場は、予測期間中に4.7%のCAGRを記録すると予想されています。工作機械の市場規模は、2020年には4,374.68千トンでした。

レポートの範囲を確認するためのリクエスト:https://www.astuteanalytica.com/request-sample/machine-tools-market

工作機械は、金属や硬い素材を扱うための機械です。これは通常、穿孔、切断、剪断、研磨、その他の変形などの技術によって行われます。また、製造業に対する政府の規制や政策が良好であることや、新興市場での需要が増加していることも、市場の成長を後押しすると考えられます。さらに、工作機械に関する技術の進歩も、市場の成長を後押しすると予想されます。

成長因子。

製造業に対する有利な政府規制・政策

世界のほとんどの国では、安全な製品を製造するために政府の規制や政策が充実しています。例えば、インドの規制の枠組みは、重工業・公営企業省、インド標準局、労働・雇用省の3つの政府機関によって支えられています。また、同国には「職場の安全・健康・環境に関する国家政策2009」や「国家資本財政策2016」などの有利な政策があります。これらは、安全、健康、環境に関する基準やコンプライアンスの設定に役立ちます。また、輸出の促進、国内生産の増加、技術の向上、ISOの採用による機械・設備の標準化の義務化、標準化による規格外の輸入品の削減、スキルの開発などにも役立ちます。これらの要因が製造業を支え、市場の成長を後押ししているのです。

新興国での需要増
工作機械の需要は、主に一次産品と中間産品のメーカーからもたらされる。一次産品メーカーには、資本財、耐久消費財、自動車などがあります。中間財産業には、ボール&ロールベアリング、自動車部品、電子部品などがあります。これらの産業の大部分は、中国やインドなどの新興国にあります。このことが、予測される期間中、市場の成長を促進すると期待されています。

マーケット・セグメンテーション 
世界の工作機械市場は、製品タイプ、オートメーションタイプ、産業、販売チャネルに分けられます。

製品タイプ別
  • フライス盤
  • 旋盤加工機
  • レーザー加工機
  • ドリリングマシン
  • ターニングマシン
  • 研削盤
  • 放電加工機
  • マシニングセンター 
​マシニングセンタは、市場の約20%を占める最大のシェアを占めています。フライス盤分野は、世界的な金属加工産業の拡大に伴い、フライス盤の需要が増加していることから、最も速いCAGRで成長すると予想されています。

オートメーションタイプ別。
  • CNC工作機械
  • 従来の工作機械
​CNC工作機械分野は、製造業における製品革新や生産性向上に対する企業の需要が高まっていることから、最大の市場シェアを占めています。また、従来型の工作機械も高い成長率が見込まれています。

業界別
  • 自動車
  • 航空宇宙・防衛
  • 建設機械
  • 電力・エネルギー
  • 産業機器
  • その他
​自動車分野が最大の市場シェアを占めると予想されています。自動車分野では、モノのインターネット、ロボット、人工知能などの技術を統合して導入するケースが増えており、市場の成長に貢献すると予想されます。産業用セグメントは、4.5%の最速CAGRで成長すると予想されています。

販売チャネル別
  • 販売店・流通業者
  • イベント・展示会
販売店・代理店セグメントが最大の市場シェアを占めています。Absolute Machine Tools, Inc.やEllison Technologiesなど、数多くのディーラーや販売店が存在することが、予測期間中の市場成長を後押しすると考えられます。

地域別
  • 北アメリカ
  • ヨーロッパ
  • アジア太平洋
  • 中近東・アフリカ
  • 南米
アジア太平洋地域は、中国やインドなどの新興国の存在により、世界市場における最大のシェア(約54%)を占めています。
ヨーロッパ地域は、石油・エネルギー、自動車、航空宇宙・防衛などの業界で工作機械の需要が増加していることから、第2位の市場シェアを持つと予想されています。また、北米は著しい成長が見込まれています。

競合他社の分析
世界の工作機械市場で活動している主なプレイヤーは、Ace Micromatic Group、株式会社アマダ、CHIRON Group SE、Dalian Machine Tools Group Corporation、DMG MORI、Doosan Machine Tools Co. Ltd.、Electronica Hitech Engineering Pvt. Ltd.、FFG European & American Holdings GmbH、Georg Fischer Ltd.、Gleason Corporation、GROB-WERKE GmbH & Co. KG、Haas Automation Inc.、Hyundai WIA、INDEX-Werke GmbH & Co. KG、Hahn & Tessky、株式会社ジェイテクト、株式会社小松製作所、MAG IAS GmbH、株式会社マキノ、株式会社オークマ、Schuler AG、Spinner Machine Tools、Trumpf、ヤマザキマザック株式会社などがあります。

主要16社の累積市場シェアは約31%に近い。これらの市場プレーヤーは、市場での存在感を高めるために、パートナーシップ、新製品の発表、M&Aを行っています。例えば、2020年8月、カイロングループは、医療、時計、マイクロエンジニアリング、ジュエリー業界で使用される小型の高精度マシニングセンターを扱うMecatis SAを買収しました。

続きを読む:https://www.astuteanalytica.com/industry-report/machine-tools-market

私たちについて:

Astute Analyticaは、グローバルな分析・アドバイザリー会社であり、お客様に提供してきた具体的な成果により、短期間で確固たる評価を得てきました。私たちは、様々な業種の非常に要求の多いお客様のために、他に類を見ない深く正確な見積もりや予測を作成することに誇りを持っています。当社には、テクノロジー、ヘルスケア、化学、半導体、FMCGなど、さまざまな分野のお客様にご満足いただき、リピートしていただいているお客様のリストがあります。これらのお客様は、世界各地から当社を訪れます。その理由は、複雑なビジネス環境、セグメント別の既存および新規の可能性、技術形成、成長予測、さらには利用可能な戦略的選択肢などを分析しているからです。要するに、完全なパッケージなのです。これは、ビジネスアナリスト、エコノミスト、コンサルタント、テクノロジーの専門家からなる、優秀で経験豊富なチームがあるからこそ可能なことです。私たちの優先順位は、お客様を最優先としています。私たちと一緒に仕事をすることになれば、費用対効果の高い、付加価値のある最高のパッケージを手に入れることができます。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Astute Analytica >
  3. 工作機械市場は2027年までに95,169.1百万米ドルに達すると予想される