プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

パルス株式会社
会社概要

パルス、Web3型メタバース事業グローバル展開のためにドバイに子会社を設立

パルス

パルス株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:銭錕 以下、パルス)は、アラブ首長国連邦ドバイ首長国(以下、ドバイ)に子会社「pulse Dubai FZE」の設立を決定しましたのでお知らせいたします。

1.子会社設立の目的
 当社では、2018年よりメタバースプラットフォーム「INSPIX WORLD」の開発を行っています。これは「仮想世界で消費される人類の可処分時間は今後飛躍的に増加していく」という確信から始まっており、事実、現在ではメタバースという巨大市場が世界的に注目を集めています。
 累計140億円を超える開発投資によって蓄積してきた独自のメタバース開発ノウハウ・技術力を活かして、Web3型メタバース事業に挑戦できることは他社と比べて大きな競争力があると確信しており、ドバイに当社100%子会社「pulse Dubai FZE」を設立することを決定いたしました。当社の持つ技術力に加えて、約4年間のメタバースコンテンツ開発で培ったコンテンツ業界との強力なネットワークを強みに、Web3型メタバースでの事業をグローバルに展開していきます。

 進出国に関しては、法制度、ビジネス環境、ブロックチェーン関連技術の時流などから総合的に検討を進めてまいりました。特にメタバースを取り扱う点において、シンガポールで「ギャンブリング・コントロール・アクト2022」が今年8月に施行されるなど、世界的に動きが激しく、その解釈や法規制のリスクについては議論の余地が多く残されている状況と捉えております。 ドバイへの進出については、フリーゾーンでの外資企業への優遇制度、国家的な支援体制や税制のメリットに加えて、法規制によるリスクが現状高くないという最新の時流を鑑みて判断いたしました。


2.設立する子会社の概要(予定)
名称:pulse Dubai FZE
所在地:アラブ首⻑国連邦ドバイ首⻑国
事業内容:Web3型メタバース関連事業
出資比率:当社100%


3.今後の展開
 設立後、まずは既存のメタバース技術を応用したweb3型メタバースのプロトタイピングを進めていく予定です。現地での活動については、当社のメタバースプラットフォーム「INSPIX WORLD」で協業しているmonoAI technology株式会社が開発を担当します。そして、当社が保有するコンテンツ業界のネットワークを最大限活用し、次世代サービスの展開を目指します。

 具体的な事業内容・サービス展開が確定次第、随時ご案内する予定です。


▼『INSPIX WORLD(インスピックスワールド)』 とは 
 https://www.inspix-world.com/ 

   ※本画像は開発中のイメージであり、実際の製品とは異なる可能性があります

「INSPIX WORLD」は2018年に開発を開始し、2021年にプロトタイプ版を公開したメタバースプラットフォームです。今後巨大市場に成長が期待されるメタバース領域に先駆けて、あらゆる実験的な取り組みによって独自のノウハウ・技術力を蓄積してきました。これを活かし、2023年にリリース予定のβ版にご期待ください。
 本アプリケーションはスマートフォン(iOS.Android)/PCのマルチプラットフォームでお楽しみいただけます。

※今後の具体的な展開については進捗に応じて、随時お知らせいたします。



<パルス 会社概要>

名称:パルス株式会社
所在地:東京都渋谷区1-19-19
代表者:代表取締役 銭錕
設立:2016年11月
事業内容:VRコンテンツの企画、開発、運営
URL:https://pulse227.com/

すべての画像


種類
経営情報
関連リンク
https://pulse227.com/
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

パルス株式会社

3フォロワー

RSS
URL
https://pulse227.com/
業種
情報通信
本社所在地
東京都渋谷区恵比寿1-19-19 恵比寿ビジネスタワー
電話番号
03-6408-6820
代表者名
銭 錕
上場
未上場
資本金
105万円
設立
2016年11月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード