アッペン、「第6回AI・人工知能EXPO【春】」の出展ハイライトと「Appen AI Data Annotation Platform」の機能詳細を発表

AIデータライフサイクルで企業のAI開発をサポート

世界トップクラスのトレーニングデータでAI開発をリードするアッペン(Appen)と、その日本法人であるアッペンジャパン(Appen Japan)株式会社(本社:東京都千代田区、代表:吉崎哲郎)は、2022年5月11日(水)~13日(金)に東京ビッグサイト(南展示棟)で開催された「第6回 AI・人工知能EXPO【春】」の出展ハイライトと「Appen AI Data Annotation Platform」の機能詳細を発表しました。
1.AIデータライフサイクルにおけるグローバルリーダー

アッペンは、25年にわたり大手企業や政府機関のクライアントと提携し、幅広い種類のデータに対して10億以上のアノテーションを提供し、7500以上のAIと機械学習のプロジェクトをサポートしています。

2. アッペンの高品質なラベル付け済みデータセット

アッペンは、80以上の言語と方言をカバーする250以上の認定データセットや、複数のコンピュータビジョンデータセットなど、すぐに利用可能な様々なデータセットを提供しています。これらのデータセットを利用することで、低コストで迅速に新しいAIプロジェクトを開始することができます。

3.カスタマイズされたデータ収集サービス

アッペンの170か国以上235以上の言語を使用する100万人以上のクラウドワーカーネットワーク、25年以上の経験による専門知識、エンドツーエンドのデータプラットフォームなどのグローバルなサポート体制によって、お客様のニーズに合わせて、画像、動画、音声、オーディオ、テキストなど、高品質でカスタマイズされたデータを大量に迅速に提供できます。

4.すべてのデータ型に対応可能なデータアノテーションサービス

アッペンは、画像、ビデオ、3Dセンサー、テキスト、オーディオ、POI(ポイント・オブ・インタレスト)など、あらゆる種類のデータニーズに対して、お客様ごとにカスタマイズされたデータアノテーションサービスを提供します。効率的なコミュニケーション、品質管理、データフロー管理で、エンドツーエンドのマネージドサービスを提供し、AIモデルの市場投入までの時間を加速させます。

5.AIデータアノテーションプラットフォーム

「Appen AI Data Annotation Platform」は、高品質なトレーニングデータを高速かつ大規模に生成することができます。また、SaaSプラットフォームを利用すれば、専門ツールと100万人以上のクラウドワーカーに接続し、コンピュータビジョンから自然言語処理まで、様々なユースケースに対応したアノテーションを強力かつ直観的に行うことができます。

6.2D画像・動画アノテーションツールセット

「Appen AI Data Annotation Platform」は、柔軟性の高いアノテーションタスクのためのフルスタックツールセットを提供します。2D画像・動画ツールセットは、以下のような機能を備えています。
  • 2Dバウンディングボックスツール(使用例:物体検出・追跡)
  • セマンティックセグメンテーションのためのポリゴンツール
  • 1点プロットツール
  • キーポイント設定ツール(使用例:ジェスチャーと顔認識)
  • 2次元バウンディングボックスによるキューボイドと比較したアノテーション(使用例:オートパイロット)
  • ポリラインツール
  • グリッドツール(1回のドラッグで複数のバウンディングボックスを作成可能)

7.3Dセンサー画像・動画点群アノテーションツールセット

「Appen AI Data Annotation Platform」の3D点群ツールセットには、アノテーションの自動操縦を支援するツールがいくつか備えられています。
  • 点群セマンティックセグメンテーションツール(ポリゴン、ブラシ、点選択ツール)
  • 3D点群キューボイドツール:連続するフレームシーンにおいて、2つのキーフレーム間でキューボイドのサイズと位置をダイナミックにフィリング可能。
  • 3D点群ポリライン
  • 車線自動認識ツール
  • AIがサポートするプレラベリング

8.音声分割・文字起こしツールセット

「Appen AI Data Annotation Platform」には、自動音声認識(ASR)プロジェクトのための高品質で効率的な音声アノテーションを可能にする、音声セグメンテーションとトランスクリプションのツールセットが含まれています。
  • オーディオを選択またはカットして分割
  • 各セグメンテーションのテキストを認識
  • 複数話者の認識をサポート
  • ノイズやポーズのアノテーションをサポート
  • 音素レベルのアノテーションに対応

9.テキストアノテーションツールセット

「Appen AI Data Annotation Platform」のテキストアノテーションツールセットは、自然言語理解とOCRプロジェクトに対応しています。主要なツールは以下の2つです。
  • 名前付き実体認識(NER)アノテーションツール:特定のコンテンツに名前付きエンティティのラベルを付け、その関係を定義します。
  • 光学式文字認識(OCR)アノテーションツール:画像内の選択されたテキストエリアを編集可能なテキストに変換します。

10.「Appen AI Data Annotation Platform」のワークフロー

「Appen AI Data Annotation Platform」は、お客様のニーズに合わせたダイナミックなワークフローを提供します。
  • データセンターの一元化各プロジェクトマネージャーは、データセンターを通じて各データを管理し、インタイムで納品することができます。
  • 並列ワークフローによって各ワークフローは異なる定義で並列に動作させることができ、効率的なデータ配信が可能です。
  • メンターQA:新しいアノテーターには、全体の品質保証のために、メンターが割り当てられる可能性があります。
  • オープンなAPI:データの安全性を確保し、タイムリーなデータ抽出を実現します。

11.SaaSとオンプレミスプラットフォームのデプロイメント

AIへの取り組みに必要なプラットフォーム、アノテーションサービス、アノテーションツールのカスタマイズを提供する「Appen AI Data Annotation Platform」は、以下のような形で導入可能です。
  • SaaS:スケーラブルでダイナミックなオプション
  • Appen Cloud:シンプルかつエンドツーエンドのデータ配信。
  • ハイブリッドクラウド:クライアント側でデータを管理し、アッペン側にはデータが保存されません。
  • プライベートサーバー:クライアントのプライベートサーバーにプラットフォームを展開し、最高のセキュリティを提供します。

12.自動車産業向け自律走行車AIデータソリューション

アッペンは、自律走行向けのユースケースを豊かにするためのマルチモーダル・コンピュータビジョン・アノテーションツール、車内収集サービス、NLPアノテーションサービスをフルセットで開発・運営しています。
  • 点群データへのラベリング(LiDAR、レーダー)
  • セマンティックセグメンテーションを含む2Dラベリング
  • ビデオオブジェクトとイベントのトラッキング
  • 会話支援
厳重なアクセス管理と、セキュアな機器、クラウド、ワークスペースを備えたセキュアなプラットフォームにより、クライアントの機密データを保護する安全性の高いソリューションを提供します。

13.アッペンが提供できる価値

アッペンは、AIデータライフサイクルのグローバルリーダーとして、最先端のデータプライバシーとセキュリティならびに高品質なデータの安定した提供を行います。
あらゆるユースケースにおいて、1M以上のクラウドを対象とした大規模データバッチのスケーリングが可能であることが実証されている拡張性や、AIによるプレラベリング、スピードラベリング、ワークフローにより、高品質なトレーニングデータに高速にアクセス可能なスピードも兼ね備えています。


アッペン(Appen)のデータアノテーション機能について
アッペンデータアノテーション・プラットフォーム­は、全世界100万人以上からなるヒューマン・インテリジェンスと最先端のモデルを組み合わせることで、機械学習プロジェクト向け最高品質のトレーニングデータ*の作成を可能にします。トレーニングが必要なデータをアッペンのプラットフォームにアップロードいただくことで、機械学習モデルの正確な実情報を作成するために必要なアノテーション、判断、ラベルを提供します。
高品質のデータアノテーションにおいてAI/MLモデルがどのような判断を下すべきかを学習させる方法が重要です。アッペンのプラットフォームは、ヒューマン・インテリジェンスと最先端のモデルと効果的なツールを組み合わせ、文章から映像、イメージ、音声、3D点群などあらゆる種類の生データにアノテーションを付与します。当社のプラットフォームにおけるワークフローは非常に柔軟性に富む手法で、複数のリソースチームによる共同作業を可能にします。当プラットフォームはデータ・アップロードから最終段階の実行レビューまですべてをオンラインにより、エンドツーエンドで提供可能です。
*トレーニングデータ:AIモデルや機械学習アルゴリズム(MLA)が適切な判断を導くことができるように意味付け(ラベリング)されたデータ

アッペン(Appen)について
アッペン( https://appen.co.jp/ )は、世界で最も革新的な人工知能システムを構築し、継続的なAIの学習や改善に欠かせない画像、文章、発話、音声、映像、その他のデータを収集、ラベリングするサービスを提供しています。アッペンは、235以上の言語に対応する専門知識、100万人以上の熟練したクラウドワーカーによって構成される全世界170カ国に及ぶグローバルネットワーク、業界最先端のAI支援型データアノテーション・プラットフォームによって、世界中のテクノロジー、自動車、金融、小売、そして医療メーカーのリーダー企業、および各国の政府に対して、高品質で、セキュリティレベルが高く、スピードが伴ったサービスを提供します。1996年に設立されたアッペンは、現在、オーストラリア本社をはじめ、アメリカ、イギリス、フィリピン、中国、韓国、日本のオフィスを拠点に、多くの顧客を支援しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アッペンジャパン株式会社 >
  3. アッペン、「第6回AI・人工知能EXPO【春】」の出展ハイライトと「Appen AI Data Annotation Platform」の機能詳細を発表