ミドル級 1Day トーナメント優勝者は現役プロレスラーの井土徹也!「プロレスラーが1番強いってことをここで証明できた!」

1分間最強を決める、総合格闘技イベント『BreakingDown』第3回大会

スペシャルアドバイザー朝倉未来、BreakingDown第3回大会に手応え
「BreakingDownからスター選手をつくっていきたい。第4回大会は来年開催予定」
「1分1ラウンド」で最強の男を決める新しい総合格闘技大会『BreakingDown』(ブレイキングダウン)の第3回大会が2021年11月27日(土)に開催されました。結果速報と選手のコメントをお知らせします。

オープニングには、『BreakingDown』のスペシャルアドバイザーを務める朝倉未来さんと、朝倉海さん、元総合格闘家の大沢ケンジさんらが登場。第3回大会開催について聞かれた朝倉未来さんは、「徐々に修正して面白くなってきていると思います。YouTube上でも再生数が取れていますし、人気の団体になってきていると感じます。新企画のミドル級 1Dayトーナメントでは、BreakingDownの顔をつくっていきたいので、トーナメントで優勝した選手は今後スター選手として(世に)出てくるんじゃないかなと思います。」とコメントしました。
朝倉海さんも「徐々にBreakingDownのコンセプトを理解している選手が増えて殴り合いの試合が多くなってきているので今回も期待しています。」とコメントしました。

そんな新企画『ミドル級 1Dayトーナメント』では、 “勝ち抜きたい”という精神力を全面に出した選手達が人生をかけて1分間の中で激しい打撃戦を繰り広げました。
どの試合も序盤からデッドヒートした展開の数々に解説席からも「これぞBreakingDown!」という絶賛の声が上がりました。第1回大会から攻撃的なファイトスタイルで大会を盛り上げ続けてきた川島悠汰選手は惜しくも準決勝で敗退。「悔しいっすね。もったいないです。殴り合って行ける相手だと思っていたんですけど、一発いいのをもらってしまった。」と悔しさをにじませていました。決勝戦では、丸田喬仁選手と井土徹也選手が対戦。初代チャンピオンをかけた大注目の一戦は、瞬き厳禁の一進一退の攻防が続きましたが、最後は判定の末、井土徹也選手が勝利。見事、初代『ミドル級 1Dayトーナメント』の王者に輝きました。

階級別のワンマッチではBreakingDown過去大会出場者をはじめとした、格闘技経験者同士のハイレベルな戦いや、“格闘技エンターテイメント”に相応しいBreakingDownならではの異種格闘技戦に会場全体が大盛り上がりとなりました。

全試合終了後、朝倉未来さんは「異種格闘技戦、これがBreakingDownだなと感じました」。次回大会について聞かれると「バチバチの殴り合いが見ていて面白いので殴り合いに自信のある方には是非次回応募していただきたい。」とコメント。朝倉海さんは「次回も激しい打ち合いの試合が見たいのと、トーナメント戦が非常に面白かったので他の階級でのトーナメントもできればいいですね。」と第4回大会に向けて意欲を語りました。

なお、本大会は「ABEMA PPV ONLINE LIVE(アベマ ペイパービューオンラインライブ)」にて、11月27日(土)~12月3日(金)23時59分まで見逃し配信で大会本編を視聴いただけます。
(購入ページ:https://abema.tv/channels/payperview-1/slots/D1xHzazgZijWGf) 

■ミドル級 1Dayトーナメント優勝:井土徹也選手 コメント


素直にめちゃくちゃ嬉しい気持ちと、有言実行できたのが自分の中で嬉しいです。
1分しか時間がないんで、1分の中でどうしたら勝てるかを常にイメージしました。プロレスラーなんで打たれてもきめられても頑丈なんだっていうのを優勝という形で見せれてよかった。
プロレスラーはいろんな環境で噛ませ犬になっていることが自分自身すごく悔しい。それをこのすごく注目されているBreakingDownという1分間の戦いでプロレスラーは強いんだよって、BreakingDownのリングで証明していきたい。自分は、1番、笠井ヨシヒロ選手が強いと思っていて、1番刺激的でバチバチの試合ができると思っていたので、笠井選手の怪我が治ったら、またこのBreakingDownのリングで対戦したいと思う。BreakingDown初トーナメントで井土徹也が優勝したことを世間の皆様に広げていきたい。そしてBreakingDownという1分間の戦いをもっと広げていきたい。次に期待してください!

■ミドル級 1Dayトーナメント2位:丸田喬仁選手 コメント


1分間1ラウンドを3試合するのはめちゃくちゃしんどかったです。
1分以上あったらどうなっていたかな、と思いますが、だからこそ全力を出すことができた。次回以降も出たいです。格闘技を始めて4ヶ月、もっともっと深めて格闘技経験がより高い方にも勝てるように続けていきたい。


■フェザー級 ワンマッチ 66㎏以下(立ち技)勝者:相内誠選手 コメント


正直、練習から含めて相手を倒したのが初めてだったので嬉しい。初勝利は、自分を支えてくれたチームにまず報告したい。泥臭くいこうって戦ったらこういう結果を出すことができた。これを機にまたステップアップしていきたい。


 ■『BreakingDown』第3回大会 試合結果(★:勝利選手)
  • 【第1試合】ミドル級 1Dayトーナメント①                           :にっけん君 VS ★川島悠汰 (KO:31秒)
  • 【第2試合】ミドル級 1Dayトーナメント②                           :リンダマン VS ★丸田喬仁 (判定:0-3)
  • 【第3試合】ミドル級 1Dayトーナメント③                           :★井土徹也(判定:3-0) VS 東海準也
  • 【第4試合】ミドル級 1Dayトーナメント④                   :★笠井ヨシヒロ(KO:48秒) VS カラテマシン
  • 【第5試合】ライト級 ワンマッチ 71㎏以下                       :大村遼平 VS ★堀田将司(判定:0-3)
  • 【第6試合】フライ級 ワンマッチ 56.5㎏以下                    :石田成樹 VS ★佐久間光太(判定:0-3)
  • 【第7試合】ライト級 オーバーエイジワンマッチ71㎏以下  :★すまいるおばけ(判定:3-0) VS 井上淳之
  • 【第8試合】ライト級 ワンマッチ 71㎏以下                      :★山下大希(一本:22秒) VS ★貧乏社長
  • 【第9試合】フライ級 ワンマッチ 56.5㎏以下                   :★水谷龍(判定:2-1) VS 宮本彪伍
  • 【第10試合】バンタム級 ワンマッチ 61㎏以下                 :★秋元凌佑(TKO:27秒) VS 愛斗
  • 【第11試合】ミドル級 1Dayトーナメント準決勝①                 :川島悠汰 VS ★丸田喬仁 (KO:7秒)    
  • 【第12試合】ミドル級 1Dayトーナメント準決勝②                 :★井土徹也(判定:3-0) VSリンダマン  
  • 【第13試合】バンタム級 ワンマッチ 61㎏以下(立ち技)    :五十嵐銀雅 VS ★佐藤賢介(判定:0-3)
  • 【第14試合】ヘビー級 ワンマッチ 124㎏以下                  :原良介 VS ★渡慶次富彦(判定:1-2)
  • 【第15試合】フェザー級 ワンマッチ 66㎏以下                   :★中野元(判定:3-0) VS ショウエイ
  • 【第16試合】バンタム級 ワンマッチ 61kg以下        :かわうちきっぺい VS ★鈴木嵐士(判定:0-3)
  • 【第17試合】フェザー級 ワンマッチ 66㎏以下                 :★鈴木孝之(判定:3-0) VS 太田卓郎
  • 【第18試合】フェザー級 ワンマッチ 66㎏以下                 :店長 VS ★イヌイサン(判定:1-2)
  • 【第19試合】フェザー級 ワンマッチ 66㎏以下(立ち技)    :柴田海都 VS ★相内誠(KO:25秒)
  • 【第20試合】ミドル級 1Dayトーナメント(決勝)                 :丸田喬仁 VS ★井土徹也(判定:1-2)
 
  • 試合の様子

  •  BreakingDown とは
『BreakingDown』は、ボクシング、空手、空道、柔道、日本拳法、相撲、システマなど、様々なバックボーンをもった格闘家が出場し、「1分1ラウンド」で最強を決める新しい総合格闘技エンターテインメントです。格闘技や格闘家のありきたりなイメージを“壊し続ける”という意味をこめた『BreakingDown』の大会名のとおり、成り上がりを狙うアマチュア選手が1分間という超短期決戦に全力をかけて戦う、誰も予想できない展開が魅力。
同大会は兄弟合計で登録者数300万人越えの人気YouTuberでもある朝倉未来・朝倉海と、朝倉兄弟が所属するトライフォース赤坂オーナーの堀鉄平がアドバイザーを務めています。
 
  • BreakingDown特設サイト・公式SNSについて
特設サイト           :https://breakingdown.jp/
公式Twitter          :https://twitter.com/breakingdown_jp
公式Instagram     :https://www.instagram.com/breakingdown_jp/
 
  • BreakingDown 第3回大会 ABEMA PPV ONLINE LIVE
・配信日時
2021 年11月27日(土)14時30分~17時30分
・視聴料金
ABEMAコイン1,000 コイン(1,200円相当)
※ABEMAアプリでの購入の場合は、手数料ABEMAコイン200コインを含みます
・購入ページ
https://abema.tv/channels/payperview-1/slots/D1xHzazgZijWGf
・販売期間
2021年11月11日(木)12時~12月3日(金)20時まで
・見逃し視聴期間
11月27日(土)~12月3日(金)23時59分まで
・詳細はコチラ
https://abema-ppv-onlinelive.abema.tv/posts/22844454

※ウイルス感染症の影響や自然災害などやむを得ない理由により、急遽大会を中止または延期する場合がございま
 す。予めご了承ください。
※上記大会概要は予告なく変更になる可能性がございます。
※「ABEMA PPV ONLINE LIVE」のコンテンツは「ABEMAコイン」でチケットを購入後、ご視聴いただけま
 す。「ABEMAコイン」はスマートフォンアプリもしくはPCから購入いただけます。TVデバイスや一部のタブレ
 ットではご購入いただけません。
※「ABEMA PPV ONLINE LIVE」のコンテンツは一部デバイスではご視聴いただけませんのでご注意ください。
 モバイルブラウザや一部のIPTVではご視聴いただけません。各種デバイスの「マイリスト」内に「ペイパービュ
 ー」がある場合は、ご視聴いただけるデバイスです。(最新のアプリバージョンにてご確認ください)
※配信中のご購入も可能です。配信中に購入された場合は、購入時点から配信をお楽しみいただけます。
※ご購入いただいた方は配信後、見逃し視聴期間の間は何度でもご覧いただけます。
 見逃し視聴期間を過ぎると自動的に映像が途中で切れてしまいますので、ご注意ください。
※見逃し配信時に初めてご視聴される方はお早めのご購入を推奨いたします。
※本番組は一部の国を除き、全世界配信いたします。一部の「ABEMAコイン」をご購入いただけない国では本番
 組をご視聴いただけません。
※一部地域、一部デバイスでは海外からご購入いただけません。
※本配信は、配信中の「追っかけ再生機能」をご利用いただけます。
※「ABEMAプレミアム」の方もコンテンツごとのご購入が必要となります。
※「ABEMA PPV ONLINE LIVE」についての詳細はこちらをご確認ください。
  https://help.abema.tv/hc/ja/articles/360053235872
  1. プレスリリース >
  2. BreakingDown株式会社 >
  3. ミドル級 1Day トーナメント優勝者は現役プロレスラーの井土徹也!「プロレスラーが1番強いってことをここで証明できた!」