Findability Sciences、データのサイロ化を解消しAI導入を加速させる「Findability.Accelerate」をリリース

AI導入のための新しいフレームワーク;情報アーキテクチャ、サードパーティプラットフォームプラグイン、高い技術力によりDX推進を支援します。


2022年9月21日 - エンタープライズAIソリューションのグローバルプロバイダーであり、2022年、Inc.5000に2度目のランクインを果たしたFindability Sciencesは、企業のAI導入に必要なツールとフレームワークを提供する「Findability.Accelerate」をリリースしました。

 

AIに対する需要は、パンデミックを経て急増しています。PwC*1は、AIが2030年までに世界経済に最大15.7兆ドル貢献し、生産性と消費に革命を起こすだろうと報告しています。しかし最新の調査では、最大で60%のAIプロジェクトが失敗に終わっていると推計されています。その原因は、AI導入を成功させるための健全な情報アーキテクチャ(Information Architecture / IA:データを整理し利活用する基盤)を、多くの企業が備えていないという事実です。AIプロジェクトにおいては、まずデータのクリーニング、分析、整理が必要となりますが、処理能力を超える大量のデータや、データのサイロ化に悩み、DXが進んでいない企業は多数存在します。

Findability Sciencesの創設者でありCEOであるAnand Mahurkarは、「IAなしにAIは存在しない」と述べています。「AIがビジネスに変革をもたらすという期待は、業界を問わずリーダー層から高く支持されています。しかし、AIの見方、考え方、採用、利用の仕方は、正しいフレームワークがあって初めて成功することができます。」

「Findability.Accelerateを導入することにより、企業はデータの最適化を実施し、AI導入を成功させることができます。」


歯科インプラントのグローバルリーダーであるStraumann Group*2は、AIでデータを効果的に活用することで、世界に何百万もの新しい笑顔をもたらしたいと考えている企業の1つです。歯科業界の多くの企業と同様に、データの多さに悩まされていたため、Findability.Accelerateフレームワークを導入しました。

Straumann Groupのデータ&テック - 北米担当ディレクターのSridhar Iyengar氏は、次のように述べています。「私たちは、Findability.Accelerateフレームワークを導入することで、長年にわたって口腔医療事業に携わり蓄積してきた膨大なデータを活用し、目標としている顧客中心主義に近づくことができると考えました。まず物流/サプライチェーンとカスタマーサービスのプロセスから着手し、KPIとなるフィルレートや通話品質、ネットプロモータースコア(NPS)等を測定するために、エンゲージメントシステム(SoE)と記録のシステム(SoR)から収集したデータを変換しました。これにより、インプラント市場におけるリーダーシップを拡大し、最終的には消費者への直接販売を強化することで、最も革新的な顧客中心のオーラルケアビジネスを目指すという当社のビジネス目標を加速させるのに役立つと確信しています。」


Findability.Accelerateとは?
Findability.Accelerateは、企業に情報アーキテクチャ、サードパーティプラグイン、高い技術力を持つデータエンジニアリングチームを提供することで、お客様の迅速かつ効率的なエンタープライズAI導入を支援します。


【紹介動画】

 


情報アーキテクチャ
情報アーキテクチャは、企業全体のデータを組織化し、構造化するための基盤で、ビジネスプロセス、データセット、個人を特定できる情報、サードパーティデータ、アプリケーションを特定するために設計されたデータセンサスによって、データのギャップとサイロ化に対処します。Findability.Accelerateは、機械学習のための重要かつ関連性の高い内部、外部、構造化、非構造化データを特定します。このソリューションでは、4万を超える外部変数へのコネクターを活用しながら、情報アーキテクチャを実装して、関連する外部データの統合が可能です。 
企業内外のデータ収集に成功すれば、予測エンジンのようなソリューションを構築し、IPの一部となり得るフレームワークを構築することが可能です。

サードパーティプラグイン
Findability.Accelerateは、IIAS(IBM Integrated Analytics Systems)、Snowflake、SAP、EDB、Amazon Redshift、DB2、Netezza、Automation Anywhere、AWSなどの業界最先端のプラットフォームとのプラグアンドプレイソリューションを開発しています。Findability.Accelerateの自動化されたツールでサービスのエンドツーエンドの移行を管理し、AI実装にいたるまでのデータ移行を可能にします。また企業が業界最先端のプラットフォームに移行するために必要なすべての技術、スキル、専門知識を提供します。
このAIプラグインにより、Findability SciencesのAIプラットフォームへ接続し統一されたデータ上で需要予測、支払い傾向、解約予測などのソリューションを迅速に実行することができます。

高い技術力
Findability.Accelerateが提供する高い技術力は、監視、運用、保守など、AIアプリケーションの管理に精通した専門家で構成されています。ITスタッフを持たない企業でも、Findability.Accelerateをご利用いただくことで、最新のデータおよびAIの利活用による課題解決が可能になります。



*1 PwC:https://www.pwc.com/gx/en/issues/data-and-analytics/publications/artificial-intelligence-study.html
*2 Straumann Group:https://www.straumann.com/group/us/en/home.html/


※このご案内は米Findability Sciences社から9月21日にリリースされたものです。
https://www.prnewswire.com/news-releases/introducing-findabilityaccelerate-expediting-the-journey-from-data-silos-to-ai-readiness-301628698.html


Findability Sciencesについて
Inc.5000の企業であるFindability Sciencesは、世界中の企業がデータの可能性を体現し、データを使いこなすための支援をするエンタープライズAIのリーディングカンパニーです。Findability Sciencesは、業界や地域を問わず、顧客がデータ活用・AI導入を加速し、独自のIPとデータサイエンススキルを構築するとともに、戦略的に財務ROIを向上させることを可能にします。Findability Sciencesの主力サービスであるAIプラットフォームのFindability.AIは、複雑で重要なビジネス上の課題を解決します。企業がデータを使いこなすための支援をすることで、企業のデジタルトランスフォーメーションを推進しています。

詳しくは、企業サイトhttps://findabilitysciences.co.jp/contact/よりお問い合わせください。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Findability Sciences株式会社 >
  3. Findability Sciences、データのサイロ化を解消しAI導入を加速させる「Findability.Accelerate」をリリース