「自然が隣人である暮らし」をコンセプトにしたプライベートヴィラ「TAPKOP(タップコップ)」予約の受付を開始いたします

2022年9月23日より予約受付開始

「人生が豊かになる自然と人の暮らしを伝える」をミッションに、北海道の東(道東)に位置する弟子屈町を拠点に事業展開を行う株式会社イーストサイド(本社:北海道川上郡弟子屈町字屈斜路181)は、この度、「自然が隣人である暮らし」をコンセプトにしたプライベートヴィラ「TAPKOP(タップコップ)」の予約の受付を開始いたします。

  • 「自然が隣人である暮らし」

北海道弟子屈町屈斜路。


TAPKOPは、阿寒摩周国立公園内の丸山という小さな丘の中腹にあります。施設名は、アイヌ語の「こんもりと盛り上がったような丘」という意味の「tapkop」に由来します。
リビングから見える大きな山「オプタテシュケ」は屈斜路コタンの裏側に位置し、この地で語り継がれてきたアイヌの神話にも登場しています。阿寒摩周国立公園は、火山活動によって生まれた阿寒・摩周・屈斜路の三つの湖とその地形、亜寒帯性針葉樹林を中心とする原始的な森が特徴です。

敷地面積300,55平米、施設面積266平米。
TAPKOPはこの雄大な自然環境の中で、自分の内側と対等に自然との繋がりを感じられる空間を1日1組限定でご提供いたします。

 

  • 266 / 30,055


30,055平米の広大な敷地に1棟(266平米)のみの、1日1組限定の完全プライベート空間。敷地内は宿泊ヴィラとレストラン棟のみとなっています。ご宿泊の間、TAPKOPはお客様のためだけの空間になります。広い庭を散策してみたり、芝生に寝転がってみたり、サウナのあと森の空気のなかで外気浴をしたり、プライベートジムを利用したり、ナチュールワインを飲みながらプロジェクターで映画を見たり。TAPKOPでの過ごし方は自由です。どうぞお二人の時間をゆっくりとお寛ぎください。

 
  • 四季折々で変化する、30,055平米の広大な敷地

 

30,055平米の広大な敷地には、摩周火山の火山灰を使用してつくられた散策路が延びています。

敷地内は30種類以上の樹木が存在し、エゾシカの親子に出会えることも。散策路の終着地は釧路川源流になっています。

これからの秋の季節はシラカンバ、ヤマモミジ、カエデ、ミズナラ、シナノキ、クルミといった樹木がいっせいに紅葉し、冬はあたり一面が雪原となり白銀の世界に。長い冬を越えた後に訪れる春には、あらゆる木々が芽吹き、四季を通じて厳しくも美しい自然の力を感じられます。

施設は山と川に囲まれた場所にあり、ウッドデッキに椅子を並べて腰掛けるとフィールドが一望でき、完全プライベートな空間で、北海道の色濃い自然を楽しむことができます。


 

"目を閉じると、鳥の声、風の音、木々が揺れる音が聞こえてくる。
「どこまで続いているのか」
そんな気持ちで散策路を歩き始めると、草花や流れる空気から季節の変化を感じ取れる。
どこまでも広がる空、気持ちよさそうに周遊する鳥たち。
夕暮れ時、東方から徐々に変わっていく空の色を眺めていると自然とこころが柔らかくなっていく。
新しいものを見つけるのではなく、ここに”ある”ものに触れる時間。"


 

  • 森とひとつになる感覚を味わえる外気浴


バスルームは雪のなかに佇む針葉樹の色合いをイメージ。
静かで仄暗い空間から窓の外を見ると、目の前には森の静寂が漂い、まるで森と一体になったかのような感覚を味わえます。

サウナの内装には、⽊肌が柔らかく耐久性にも優れ、木の香りが特徴のレッドシダーを使用。水風呂は釧路川源流の地下水をかけ流ししており、流れる水の音とレッドシダーの木の香りでリラックスできる空間に。

また、外気浴を行うためのウッドデッキには、佐賀県から取り寄せた高さ・直径共に170cmの大きな味噌樽の露天風呂もご用意。ウッドデッキには外気浴を行うためのチェアが設置されており、鳥のさえずりに耳を澄ませ、森の気配を感じながら、ゆっくりとした特別な外気浴をお楽しみいただけます。
さらに、屋内に休憩室があり、入浴のクールダウンにドリンクやデザートなどをご用意しています。


"レッドシダーの香りがいっぱいに広がるサウナ。

釧路川源流から汲み取った地下水が、滝のように音を立て、水風呂へ注ぎこまれていく。
森の中にいるような深い緑の浴室から、外のデッキへ。
目の前には森の静寂が漂う。椅子に座り、足を伸ばす。
水の音、そして木々たちが風で揺れる音、自らの呼吸。
目を閉じて、森とひとつになる。
自然を前にすると、ありのままの自分になれるのはなぜだろう。"


 

  • 静寂という贅沢な時間を


リビングに面したウッドデッキでは、焚き火を楽しむことができます。

青空の中での焚火も格別ですが、天気が良い夜の焚火はまさに贅沢な時間。昼間とは雰囲気が違う暗く深い夜に、一面に広がる星空の中で火を見ながら、ゆったりとした時間をお楽しみいただけます。


"静寂な夜。
灯りを消すと、真っ暗な世界、音のない世界が広がる。
月明かりで、視界が少しずつ開けていく。
木々の影、空一面には星空。
薪を焚べ始めると、薪のスモーキーな香り、炎がパチパチと音を奏でていく。
火を見ると、普段は向き合えなかった感情や、語りたかったことが自然に出てくる。
この環境だからこその、贅沢な時間。"

 

 

  • 北海道の食材にこだわったモダンチャイニーズ


 TAPKOPでのご夕食は隣接するレストラン棟にて、中国料理をご用意。

北海道の厳選食材を中心に伝統ある広東料理とオリジナリティーを融合させた優しい中国料理に仕上げ、大自然を感じられる料理を創出しています。
長い歴史を持つ中国料理の伝統技法を守りながらも、現代に合った味・盛り付けで仕上げた『モダンチャイニーズ』をご堪能ください。 
ご朝食は、北海道産の四季折々の素材をメインにシンプルかつ丁寧に仕上げたお食事をご用意しております。
お二人だけの特別な空間で至福のひとときをお過ごしください。


 

TAPKOP 公式ページ
https://tapkop.com
 

  • ご予約について


■宿泊インフォメーション

宿泊料金
¥ 200,000+税〜(1泊2日)
  
チェックイン  14:00
チェックアウト 11:00

客室数 1棟 (1日1組限定)

TAPKOP / 宿泊棟225平米
定員2名様向け施設 ダブルベッド 2台
 

*クレジットカードでのお支払いをお願いいたします。

Visa/Mastercard/JCB/American Express/Diners Club/Discover対応
*上記は1泊2食付き2名様のご料金(消費税別)となります。

*サウナ利用料および宿泊棟内フリードリンク料が宿泊料金に含まれています。
*ご予約は通常2名様にてお受けしております。


【ご予約受付】
2022年10月1日以降のご宿泊予約を開始いたします。
ご予約の際は、公式ページの予約フォームにてお問い合わせください。

TAPKOP 公式ページ
https://tapkop.com


■施設概要

施設名:TAPKOP (タップコップ)
基本定員:2名
施設面積:266平米 (ヴィラ+レストラン)
敷地面積:30,055平米
所在地:北海道川上郡弟子屈町字屈斜路181

空港から車でのアクセス

女満別空港から  55分
中標津空港から 1時間5分
釧路空港から  1時間24分


■TAPKOP 公式ページ
https://tapkop.com

■TAPKOP Instagram
https://www.instagram.com/tapkop_hokkaido/


■会社概要
会社名 : 株式会社イーストサイド
代表者 : 木村 高志
本社所在地 : 北海道川上郡弟子屈町字屈斜路181

 


■本件に関するお問い合わせ
info@kussharo.co.jp


■株式会社イーストサイドのプレスリリース一覧
https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/96648



 

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社イーストサイド >
  3. 「自然が隣人である暮らし」をコンセプトにしたプライベートヴィラ「TAPKOP(タップコップ)」予約の受付を開始いたします