不動産DXをリードするAMBITIONが、賃貸LTVを最大化する独自のAIアルゴリズムを開発

ー数百万にのぼる賃貸物件実績データを分析し、最適な賃料設定やプランをAIが算出するアルゴリズムー

 不動産業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進する株式会社AMBITION(マザーズ上場、証券コード「3300」、本社:東京都渋谷区、代表取締役 清水 剛、 以下「AMBITION」)は、今般、賃貸物件のLTV(契約における通算収益)を最大化することが可能となるAI(人工知能)によるアルゴリズムを開発いたしましたので、発表いたします。
 これにより、弊社および弊社グループで展開する賃貸管理物件および仲介物件について、属人化することなく、最適な賃貸条件を算出することができ、利益の最大化を図ることが可能となります。
 本技術は、アナログな不動産業界のデジタルトランスフォーメーション(DX)を促進するAMBITIONグループの取組みの一環となります。

※画像はイメージです。※画像はイメージです。

■概要

 当社では、労働集約型の不動産業界をDXにより生産性を向上することを目指しており、創業時より管理物件のデータの蓄積や分析に取り組んで参りました。
 こうした解析に十分なビックデータが蓄積されてきたことから、昨年度よりAIを用いた解析に取り組んでおり、今般、解析および有意なアウトプット算出が可能な独自のアルゴリズムの開発に至りました。本アルゴリズムは、これまで蓄積してきた全賃貸物件データの立地特性や設備特性をAIによる解析、推論を行い、新たな物件であっても最適な賃料や賃貸プランを算出することができるようにするものです。
 今後は、当社の実務への適用を進めるとともに、将来的には外部の不動産会社への販売も視野に入れつつ、継続的なAIの精度向上に取り組んで参ります。

【株式会社AMBITIONについて】
 AMBITIONは、都心でデザイナーズマンションの賃貸管理事業を中心に展開する不動産会社で、2007年の設立以来、管理物件の安定的な増加と共に業績は急拡大しております。また、顧客満足度の向上を目的とした様々な決済方法の導入やAI(人工知能)を取り入れた自動接客システム「AIチャット」など、不動産テック会社としてテクノロジーを積極導入し、不動産業界の業務効率化をリードしております。今後は、開発・企画・仕入れ・賃貸管理・売買仲介・賃貸仲介・販売・保険までをワンストップでカバーし、顧客の多様なニーズに応えることを戦略に掲げております。
 AMBITIONグループの中期方針としては、ストックビジネスである賃貸管理事業の安定成長を主軸に、RPA事業が新たな成長ドライバーとして機能することで急角度の成長を目指しております。
 今後も、プロパティマネジメント事業、賃貸仲介事業、インベスト事業、不動産開発事業、少額短期保険事業等、一気通貫したサービスに加え、従来型の不動産業務のデジタルトランスフォーメーション(DX)を促進することで、不動産業界のさらなる進化を目指してまいります。

代表者:代表取締役 清水 剛
設立日:2007年9月14日
資本金:379百万円 ※2020年3月末現在
所在地:東京都渋谷区神宮前二丁目34番17号
事業内容:プロパティマネジメント事業、賃貸不動産事業、売買不動産事業、不動産テック事業、Web営業事業、法人営業事業、賃貸管理受託事業、不動産開発事業、少額短期保険事業
URL:https://www.am-bition.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社AMBITION >
  3. 不動産DXをリードするAMBITIONが、賃貸LTVを最大化する独自のAIアルゴリズムを開発