[ドクターズ・ファイル独自調査]流行シーズン到来前に!冬の感染症ってどうだった?

インフルエンザ、ノロウィルス・ロタウィルス、溶連菌感染症など、冬の感染症に罹患経験のある方を対象とした調査

総合医療情報サイト「ドクターズ・ファイル http://doctorsfile.jp/ 」を運営する、株式会社ギミック(本社/東京都渋谷区、代表/横嶋大輔)は、2013年11月~2014年3月に自分もしくは子供が冬の感染症に罹ったことがあり、1回以上通院したことがある20代後半~40代の子供がいる首都圏在住の女性を対象に、「冬の感染症に関する独自調査」を実施いたしました。
■調査概要
調査目的:冬の感染症に罹った経験のあるユーザーの動向調査
調査対象:2013年11月~2014年3月に、自分もしくは子供(10歳未満)が冬の感染症に罹ったことがあり、1回以上通院したことがある、一都三県(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)に在住、もしくは勤務地の20代後半~40代の子供がいる女性の方
調査期間:2014年8月26日~2014年8月27日
回答総数:413人
調査方法:ネットリサーチ会社を利用したインターネット調査

■調査結果概要
  • 冬の感染症について罹った病名は、ご自身・お子様ともに、1位が「インフルエンザ」、2位は「ノロウィルスやロタウィルスなどの嘔吐・下痢を伴う胃腸炎」
  • 罹患後の行動については、ご自身・お子様ともに、1位が「クリニックや病院で診て貰った」、2位は「仕事や学校を休んだ」
  • 罹患後の生活への影響として休んだ日数について、ご自身の場合は「休んでいない」が最も多く、お子様の場合は「4~5日休んだ」が最も多い
  • その感染源について、ご自身の場合は「家庭内に感染者がいた」が最も多く、お子様の場合は「家庭外で感染している人、疑いのある人と一緒にいた」が最も多い
  • 感染症への対策として実践していることについては、ご自身・お子様ともに、1位が「手洗い」、2位は「うがい」、3位は「ご自身の場合はマスク着用、お子様の場合はインフルエンザワクチン接種」
  • 家庭内での感染対策については、1位が「家の中でもマスクを着用」、2位は「感染者が使用した部屋の換気をする」
※調査結果の詳細については、記事に掲載しているプレスリリースファイルを参照ください

■「ドクターズ・ファイル http://doctorsfile.jp/ 」について
2006年より編集を開始し、最新治療、検診への理解、頼れるドクターとの出会いなど、「ドクターが伝えきれない想いを、知りたかった患者さんのもとへ」をコンセプトにした、総合医療情報サイトです。ドクターの診療方針や診療に対する想いを丁寧に取材し、情報発信することにより、ドクターと患者さんの心の架け橋になることを目指すウェブメディアです。診療科目、路線・駅、行政区はもちろん、時間・曜日やフリーワードによる検索に対応しています。また、利用者が急増するスマートフォン版では、今から診てもらえる近くの医院・病院を検索できる「イマチカ検索」機能を搭載しています。

□会社概要
社名:株式会社ギミック
設立:2003年12月9日
所在地:東京都渋谷区南平台町2-17 日交渋谷南平台ビル7F
事業内容:総合医療情報サイト「ドクターズ・ファイル」、地域密着型の医療マガジン「頼れるドクター」、田園都市線エリア在住のミセスをターゲットとした情報サイト「田園都市ドットコム」など
URL: http://gimic.co.jp/

□本件に関するお問い合わせ先
企業名:株式会社ギミック
広報担当:中澤泰史
TEL:03-6277-5939
Email:yasushi.nakazawa@gimic.co.jp
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ギミック >
  3. [ドクターズ・ファイル独自調査]流行シーズン到来前に!冬の感染症ってどうだった?