医師たちがつくるオンライン病気事典「MEDLEY」で医薬品情報の提供を開始

薬剤師主導で19000件超の医薬品の適正使用を促進

株式会社メドレー(本社:東京都港区、代表取締役社長:瀧口浩平、代表取締役医師:豊田剛一郎)は本日7月1日、医師たちがつくるオンライン病気事典『MEDLEY』にて医薬品情報の提供(http://medley.life/medicine)を開始しました。

 

今年2月にリリースした『MEDLEY』は、現職の医師の協力のもと、疾患ごとに病気や治療法の基本的な説明、治療法・治療薬の選択のポイント、医師から患者さんへのメッセージを集め、既に多い日では4万人以上のユーザーが閲覧するサービスへと急成長しています。

 今回提供を開始する、医薬品情報は、電子カルテなど実際の医療現場で多く使われているデータインデックス株式会社の協力の上、薬剤師が主導となってユーザーにわかりやすい情報を追求していきます。また、MEDLEYがすでに提供している1,100以上の疾患情報とこの医薬品情報とを結びつけ、患者の疾患や治療法、治療薬に対する理解をサポートします。


■MEDLEY医薬品情報の特長
Ø 常に最新のデータを提供
日々更新される医薬品の添付文書の最新版をもとに、データインデックス社の専任の薬剤師と専門スキルを持つスタッフがデータベースの開発・メンテナンスを行っており、毎月最新のデータベースをご提供します。

Ø ユーザー向けフィードバック機能
サイト掲載情報への評価やご意見・ご要望を投稿できるユーザー向けフィードバック機能を設置し、ユーザーの方が本当に知りたい情報を聞き出していきます。

Ø 薬剤師による解説記事
ユーザーから頂いたフィードバックに基づき、MEDLEY編集チームが記事を作成します。全ての記事は薬剤師及び医師によりレビューされ、信頼出来る情報を提供します。


■ 監修薬剤師の設置
正しくわかりやすい医薬品情報提供を行うため、医薬品ガイドブック「介護スタッフのための安心!薬の知識」の著者である中澤巧が監修薬剤師に就任しました。

<中澤 巧(なかざわ たくみ)略歴>



1978年生まれ。昭和薬科大学薬学部卒業。調剤薬局で働く傍ら、ケアマネジャー、ヘルパーなど介護従事者や要介護者の家族を対象とした薬のセミナーの講師を務めている。また、現在は薬学教育の一環で薬科大学へ補助教員として出向するなど、次世代の薬剤師育成にも力を入れている。某私立学校の学校薬剤師も務める。2015年よりメドレーに参加。著書に「介護スタッフのための安心!薬の知識」がある。



■リリースの想い
株式会社メドレー代表取締役医師の豊田 剛一郎は、医薬品情報提供開始にあたり、次のように述べています。「医療において、病気の情報と同じくらい医薬品の情報は大切なものです。しかしながら、多忙を極める診療現場では、医薬品についての情報を必ずしも十分説明できるわけではありません。また、インターネット上において、医薬品の情報を提供するメディアは存在しますが、病気の情報と治療薬の情報がきちんと繋がったメディアは存在していません。このような背景から、病気と繋がりを持った医薬品の情報を提供することは、医療情報インフラとして医師・患者間のコミュニケーションのサポートを目指すMEDLEYにとって必須でありました。この度『医療に関わるすべての方へ適切な情報を提供したい』という想いを持ったデータインデックス株式会社の協力を頂くことで、MEDLEYの疾患情報と相互連動する医薬品情報の提供が可能となりました。」


■データインデックス株式会社について
データインデックス株式会社は医薬品情報データベースである「DIR(ディー・アイ・アール)」を提供する会社です。DIRは、電子カルテ、電子薬歴、レセプトコンピュータといった医療機関で用いられる様々なシステムに搭載され、業界トップレベルの導入実績を誇ります。(全国で約29,500施設 2015年5月末現在)更に、大学などの公的機関における医薬品に関わる研究にも協力をしています。

■株式会社メドレーについて
株式会社メドレーは、「医療ヘルスケア分野の課題を解決する」というミッションのもと、医療介護分野の人材不足を解消する求人サイト「ジョブメドレー」(http://job-medley.com/)、医師たちがつくるオンライン病気事典「MEDLEY」(http://medley.life/)、口コミで探せる介護施設の検索サイト「介護のほんね」(https://www.kaigonohonne.com/)及び、介護・福祉関連のニュースサイト「介護のほんねニュース」(http://news.kaigonohonne.com/)などを開発・提供しているインターネット企業です。
 

株式会社メドレーのシンボルマークは、心臓の機能を具象化したものです。心臓の鼓動に合わせてエネルギーがテンポ良く身体の各組織すみずみを巡るように、インターネットを通じて医療をよりよくしていきたい、というメッセージを込めています。コーポレートカラーは革命の赤。今までにないものを広めるため、積極的に粘り強くチャレンジしていこうという強い気持ちを込めています。


株式会社メドレーの詳細については、こちらをご参照ください。 http://www.medley.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社メドレー >
  3. 医師たちがつくるオンライン病気事典「MEDLEY」で医薬品情報の提供を開始