女性のキャリアを応援するドレスブランドkay me 代表兼リードデザイナーの毛見純子が「2015 British Business Awards」アントレプレナー・オブ・ザ・イヤーにノミネート

 maojian works 株式会社(本社:東京都中央区)の代表取締役社長兼リードデザイナーの毛見純子が、在日英国商工会議所(BCCJ)主催の「2015 British Business Awards」で「Entrepreneur of the Year」部門にノミネートされました。

 今年で8年目を迎える「British Business Awards」は、業界を問わず、英国、日本の商業関係において卓越した企業や個人におくられます。また、組織の社会貢献性も重要視されており、倫理的な行動と環境の持続可能性へのコミットメントが求められる賞です。
 6つのカテゴリーに分かれた「British Business Awards」の中で、毛見がノミネートされた「Entrepreneur of the Year」部門は、起業家精神をもって商業的な成功をおさめた企業を率いる個人が対象となります。審査に際しては、日本で25人以下の従業員を雇った非上場企業の経営者である候補者に対し、過去12カ月間の日本での組織の卓越性と優れた業績を示すことが必要とされています。
 中でも毛見は、競争の激しいレディースアパレル市場において、現代の働く女性の問題を解決するブランドとしてニッチな市場を切り開きました。その結果、2011年の会社設立以来、急速な成長をしている点を評価されています。
 なお、賞の結果は、11月13日(金)、パレスホテル東京で行われる授賞式で発表されます。

 kay meは2015年6月に英国法人を設立し、7月~8月にかけてロンドン・メイフェアでの期間限定路面店を大好評のうちに終えました。10月以降はロンドン2店舗(チェルシー、ノッティングヒル)でのセレクトショップで取扱いを開始。11月からは、これまでの商品に加え、「洗える着物柄シルクジャージードレス」で積極的な世界展開を目指します。


●kay meとは
キャリアを追求する女性のための新コンセプトアパレルブランドです。「昼は仕事、夜は会食」、「移動も多く、長時間はたらく」忙しい女性のために、スーツやワンピースなど全アイテムはすべて自宅で洗え、そしてコーディネートのステップが省ける「時短性」を追求しています。またすべて伸縮性のある素材だけでできており、長時間着ていても「からだが楽」を追求しています。その上、100%「メイド・イン・ジャパン」。日本の伝統美、美しい色使い、なにより40代以上の女性のカラダを美しく見せるパターンに日本の熟練縫製職人が取組みます。

社名   : maojian works(マオジェンワークス)株式会社
創業   : 2007年12月
代表者  : 代表取締役社長 毛見 純子
所在地  : 東京都中央区銀座4-3-10銀座中央ビル7階
店舗   : 常設店舗 4店(銀座本店、小田急新宿店、日本橋髙島屋店、梅田店)
kay meブランドサイト : www.kayme.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. maojian works 株式会社 >
  3. 女性のキャリアを応援するドレスブランドkay me 代表兼リードデザイナーの毛見純子が「2015 British Business Awards」アントレプレナー・オブ・ザ・イヤーにノミネート