“データの探偵”とも言える「データ保全簡易調査」で、デジタル機器の利用データを保存しログを収集、調査報告するサービスを展開

~パソコン、スマホ、デジタル機器のお困りごとを解決する日本PC サービス株式会社より~

社内のPC利用規定が守られず、内部不正や情報漏洩事件などの報道が後を絶ちません。万一、従業員のPC不正利用によって問題が生じた際には、企業もその社会的責任を負わなければならない場合があります。
また、個人でも様々な場面で、PCやスマートフォンのデータ調査のニーズが増えています。
 そこで、日本PCサービス株式会社(本社:大阪府吹田市/代表取締役社長:家喜 信行/証券コード:6025)は、現時点では訴訟や事件捜査の予定はないが、「情報漏洩や不測の事態に備えるために、事前の検討や証拠保存をしておきたい」「手がかりとなるパソコンのデータを解析したい」などというニーズにお応えいたします。
<データ保全簡易調査とは>

デジタル機器の「データの探偵!」ともいえる、データ保全簡易調査は、「消息不明の人を探す手が掛かり」や「浮気調査」などにも利用されます。

<公式サイトURL> https://www.4900.co.jp/recover-data/forensic/

◯社員の持ち出しPCの監査
◯情報漏洩の疑いのあるデジタル機器の調査

◯携帯の削除した履歴の復元と調査

 

 

<サービスのご依頼は・・・>
〒101-0021 東京都千代田区外神田4-13-6
秋葉原STビル3Fデータ復旧ラボ「秋葉原データ復旧センター」
TEL:03-6206-8100

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 日本PCサービス株式会社 >
  3. “データの探偵”とも言える「データ保全簡易調査」で、デジタル機器の利用データを保存しログを収集、調査報告するサービスを展開