【若年層の目に関する意識調査】20〜30代の約半数が5年間で視力低下を実感!-普段から目のケアを意識的に行っている人は1割-

 クリエイティブサーベイ株式会社は、10月10日「目の愛護デー」に合わせ、目に関する自主調査を実施します。その第3弾として、20~39歳の男女600名を対象にインターネットによる「若年層の目に関する意識調査」を実施しました。
※調査に関しては、クリエイティブサーベイ調べとなります。
 当調査は、目に関する意識を調査する目的で実施致しました。調査レポートの詳細は以下からご確認ください。
【調査結果サマリー】
①5年前と比べて目が悪くなったと答えた人が約半数。
②デジタル機器のうちパソコン利用で目に疲れを感じると答えた人が最も多く7割以上。スマートフォンは利用時間が1,2時間でも目に疲れを感じる人が多い傾向。
③普段から目のケアを意識的に行っている人が1割。
④普段ケアをしていないが、今後意識的に目のケアに取り組んでいきたい人は約7割。

※調査結果の数値は小数点以下を、適宜四捨五入して表示しているため、積み上げ計算すると誤差が出る場合があり。

①5年前に比べて目が悪くなったと答えた人が約半数!
 5年前に比べて視力の変化があったか聞いてみたところ、「低下した」が42%となり、20〜30代の約半数が、5年間で視力が低下を感じていることが分かりました。

○あなたの現在の視力は5年前と比べてどうなりましたか?(n=600)(表は%)

②デジタル機器のうちパソコン利用で目が疲れると答えた人が最も多く7割以上
 デジタル機器のうちパソコン、スマートフォン、フィーチャーフォン、タブレットの利用による目の疲労具合を聞いたところ、パソコンによる目の疲れを感じる人が最も多く、「よく感じる」が33.4%、「たまに感じる」が43.7%で合計77.1%という結果になりました。2位はスマートフォンで「よく感じる」が29.2%、「たまに感じる」が45.2%で合計74.4%となりました。
 また、スマートフォン利用者は1、2時間程度の利用が多いにも関わらず目に疲れを感じている人が多い傾向にあることが分かりました。

○あなたは、次のデジタル機器を利用して目が疲れたと感じたことはありますか?(n=600)(表は%)



○仕事とプライベートを含めて、あなたは普段、次のデジタル機器を1日あたり平均してどの程度の時間使用していますか?(n=600)(表は%)


③普段から意識的に目のケアを行っていると答えた人は1割
 視力低下やデジタル機器利用による目の疲れを感じているにもかかわらず、目のケアを意識的に行っていると答えた人は全体の14.5%と少なく、全く目のケアを意識したことがないと答えた人は32.3%いることが分かった。

○あなたは普段、意識的に目のケアを行っていますか?(n=600)(表は%)
 



④普段ケアをしていないが、今後意識的に目のケアに取り組んでいきたいと答えた人は約7割
 目のケアに対して意識的に行っている人が少なく、また全く行っていない人が3割もいたのに対し、今後目のケアを行いたいと考えている人は「とてもそう思う」と答えた人が25.2%、「まぁまぁそう思う」と答えた人が40.3%と7割近くいることが分かりました。この結果から、普段は特に気にしていないが、目のケアをしなければならないと潜在的に感じている人が多いことが分かります。

○あなたは今後、今よりいっそう意識的に目のケアに取り組んでいきたいと思いますか?(n=600)(表は%)
 


 本調査で20代~30代の目に関する意識はあまり高くなく、視力の衰えや目の疲れを感じつつも、目のケアに関して特別に気を使っている人は少ない傾向にあることがわかりました。しかし、将来的に目のケアが必要と考えている傾向があり、今後意識的に目のケアを行いたいと答えた人が7割近く存在することもわかりました。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. クリエイティブサーベイ株式会社 >
  3. 【若年層の目に関する意識調査】20〜30代の約半数が5年間で視力低下を実感!-普段から目のケアを意識的に行っている人は1割-