【人材育成担当者向け】実務直結!マインドフルネス研修無料体験説明会追加開催決定マインドフルネス…活かし方の多様な可能性が見え始めた!

発見談(その1)スーパー健康人を目指す?

最近、テレビ、雑誌などの多くのメディアで取り上げられ、益々注目されてきた「マインドフルネス」
マインドフルネスとは、呼吸法と洞察法を取り入れた「人身ともに健康で、知性と活力があり、高い生産性を実現する」ための自己メンテナンス手法です。
近年、欧米の有名先進企業などが社内にマインドフルネス研修を導入し始め、注目を浴びています。
しかし、我が国におけるマインドフルネスの認知と普及は途上にあります。

そのような中で、8月、9月、10月に実施しました「無料体験説明会」において、
人材育成担当者が抱える根本的疑問
「企業人にとって役立つマインドフルネスとは何か?」
この疑問に対し、答えを見つけるための様々な視点が見えてきました。
ここでは、様々な質問と議論の中から、参加者の方の関心が高かった話題を紹介します。

「マインドフルネスの学びの対象はだれだろうか?」

ポジティブシンキングで著名なアメリカの社会心理学者コリー・キース(Corey Keyes)によると人間の精神状態は3つある、と言われています。
1.うつ状態
2.パッとしない状態
3.万事順調(順風満帆)な状態
そしてキースによると殆ど(7割以上)の人間は、パッとしない状態だそうです。
「パッとしない状態」と言うとネガティブな響きがありますが、実際にはごく普通の日常の状態です。

そこで
1.  うつ状態をマイナス・・・「不健康人」
2.  ぱっとしない状態をゼロ・・・「健康人」
とするならば
3.  万事順調な状態は、プラスであり「スーパー健康人」
と例えられるのではないでしょうか?
ここでマインドフルネスの効果を考えてみると確かに、不健康な人を健康にする(マイナスからゼロに)効果がありますが、元来企業が求めているのは、
健康人をスーパー健康人にする(ゼロをプラスに)
ことではないでしょうか?

特に、重要な場面では
人材育成担当者の方の少なからずの方の共感をいただいた論点でした。

・・・

「企業人育成の立場で、もっと、マインドフルネスを知りたい!」
この需要が未だ高いことを再認識し、「無料体験説明会」の追加開催を決定しました。
人材育成ご担当の皆様、マインドフルネス研修の価値と、活用の可能性を見つけてください。

■日時 12月2日(金)15:00~17:00 (残数僅か)
    1月20日(金)15:00~17:00 追加開催決定
    (反響に答え、継続開催の可能性がございます)
■場所 エディフィストラーニング本社(大手町)
    東京都千代田区大手町1-1-6大手町ビル2F
■お申込み・詳細はこちら
    https://www.edifist.co.jp/mt/course/MTI100
    <参加される方は、人材育成ご担当の方に限らせていただきます>
■お問い合わせ
    エディフィストラーニング株式会社
    電話:0120-876-544
    Mail:seminar_info@edifist.co.jp
  1. プレスリリース >
  2. エディフィストラーニング株式会社 >
  3. 【人材育成担当者向け】実務直結!マインドフルネス研修無料体験説明会追加開催決定マインドフルネス…活かし方の多様な可能性が見え始めた!