「お墓の購入やお墓の引越しを検討している方へのアンケート調査」を実施

経済産業省認可団体の、石材小売業界団体である「全国石製品協同組合」(本部:東京都港区、代表理事、太田明、以下 全石協)は、消費者のお墓に対する意識の変化や動向を正しく把握するために、全国の消費者1435名のお墓の購入やお墓の引越しを検討している方へアンケート調査を実施した結果、現代人の墓の存在に対する考え方やお墓との関わり方が見えてくる調査結果となりました。(対象者:全国、有効回答数1,435 件、調査方法:インターネット、実施:2016 年3 月)

 

◇お墓を所有している方の悩みごと
第1 位 お墓の継承者がいない…33.3%
第2 位 お墓の手入れが行き届かない …27.8 %
第3 位 寺院とのお付き合い…15.1%

 

お墓を持っている方の3 人に1 人は、「継承者がいない」という悩みを抱えており、4 人に1 人は、「お墓の手入れが行き届いていない」と回答。現代の少子高齢化問題がくっきり浮彫になる結果となりましたが、石材店や関係業者にとっては、墓石納品後のアフターサービスやお墓の清掃・修繕など、お墓の使用者が抱える悩みを解決することで、新たなビジネスチャンスへ発展する可能あるのではないでしょうか。

◇これからお墓を検討する方の傾向

⑴「お墓選びのポイント」
第1 位 自宅からの距離や立地 …38.3%
第2 位 お墓の価格・維持管理費 …24.0%
第3 位 墓地の運営者に対する信頼や安心感 …16.6%

 

上位2 つの「自宅からの距離」と「お墓の価格」は、物理的・経済的な観点から予想どおりの回答と言えますが、3位の「運営者に対する信頼感や安心感」は、事業者が霊園の管理や運営に関する情報を正しく丁寧に、お客様にご理解いただけるようお伝えすることの重要性がうかがえます。

⑵お墓について一番相談したいこと
第1 位 霊園・寺院・墓地の紹介…29.4%
第2 位 お墓の引越し(改葬)の相談…21.7%

 

「霊園・寺院・墓地の紹介」が第1位に挙げられるのは当然としても、第2位に「お墓の引越し(改葬)の相談」がランクインしていることは、現代のお墓事情を象徴している結果と言えます。当組合のポータルサイト「いいお墓探し! お墓の引越しドットコム」への流入増加を裏付ける結果でもあり、「お墓の引越し」に対する消費者の関心が高いことを示しています。

◆「全国石製品協同組合」(全石協)とは

全国石製品協同組合(全石協)は、全国47都道府県の石材会社及び同関連会社が結集し強力な組織化と連携の
もと石材業界の指導的役割を担うとともに、消費者ニーズへの的確な対応と石材業界の健全な発展を目指す団体です。全国石製品協同組合では、日本人が大切にしてきた本来の“供養・埋葬のあり方”を取り戻し、次世代へも語り継ぎ、消費者に正確な情報をご提供、石材業界の健全な発展を目指してまいります。

【商号】  全国石製品協同組合(経済産業省認可 2012004情第5号)
【設立】   2012年11月22日
【所在地】 東京都港区芝大門2丁目9番14号5階
【公式HP】 http://zenseki.or.jp/
【運営ポータルサイト】いいお墓探し!お墓の引越しドットコム http://www.ohakanohikkoshi.com/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 全石協 >
  3. 「お墓の購入やお墓の引越しを検討している方へのアンケート調査」を実施