ランドセルの鞄工房山本より、メンズ・レディース向け革製品発売! 

12のオリジナル色で作った鹿革小物 11月22日店頭先行発売(奈良本店・表参道店・銀座店)

株式会社鞄工房山本(本社 奈良県橿原市 代表取締役 山本一彦)は、一貫製造体制でランドセルづくりを続け、
間もなく50年を迎えます。ランドセル工房が現在の場所(奈良県橿原市南浦町)に移転して今年で10周年。その区切りの年に、ランドセル以外のアイテムを発売いたします。


まじめな、丁寧なつくりはもちろん、日常に高品質で美しいものを使っていただきたい、というモットーもそのままに、まずは鹿革小物の小さなコレクションからご紹介します。どれもシンプルで、モダンだけれど温かみのある商品です。

 

素材は奈良県宇陀市の藤岡勇吉本店による鹿革FUJIOKA DEERを使用。
美しい発色と心地よい肌触りが魅力です。鹿革は、軽くて丈夫、という特長を備えています。古くから日本では様々な用途に使われ、1300年以
上前の正倉院の宝物にも靴の内装として使われた例があります。しかもその鹿革がある程度の柔軟性を今も保っていることからも、耐久性に優れた素材であることが知られます。私たちのルーツである奈良になじみの深い鹿革を使って、鞄工房山本の新しい章の幕開けです。

商品説明

 

・名刺入れ (単色)内装にもできる限り鹿革を使用した本格バージョン。 12色展開。15,000円(外税)・名刺入れ (単色)内装にもできる限り鹿革を使用した本格バージョン。 12色展開。15,000円(外税)

 

 

・バイカラー名刺入れ  内側中央を配色にして、こっそりと華やかな演出を しました。単色のものと比べポケット内側の素材に 生地を多めに使用、価格を抑えたのもポイントです。 9色展開。12,000円(外税)・バイカラー名刺入れ  内側中央を配色にして、こっそりと華やかな演出を しました。単色のものと比べポケット内側の素材に 生地を多めに使用、価格を抑えたのもポイントです。 9色展開。12,000円(外税)

 

・束入れ  メンズの長財布としては、あえて小銭入れをつけず にすっきりとした束入れを提案。 ミニマリストなデザインを上質の素材で大人の男性に。 6色展開。36,000円(外税)・束入れ  メンズの長財布としては、あえて小銭入れをつけず にすっきりとした束入れを提案。 ミニマリストなデザインを上質の素材で大人の男性に。 6色展開。36,000円(外税)


・ブックカバー(文庫本サイズ)
この素材の極上の触り心地を、とくに楽しんでいただけるのはブックカバーです。(冒頭の画像)内側まで贅沢に鹿革を使用しました。12色展開。15,000円(外税)

・ バイカラー束入れ (スリムタイプ)
束入れでも配色を施しました。メンズらしく渋くもあり、 遊び心もありの組み合わせです。内側の仕様を簡略化して薄く作っています。6 色展開。29,000 円(外税)

その他ラウンドファスナー長財布や、一点もので京都 嵐山の染色作家・奥田祐斎先生とコラボレーションした「夢こうろ染め」のアイテムも展開いたします。
新しい商品は随時追加予定、 メンズビジネスバッグや時期に合わせた限定カラーなども企画中です。
Webサイトオープンは1月末に予定しております。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社鞄工房山本 >
  3. ランドセルの鞄工房山本より、メンズ・レディース向け革製品発売!