転職希望者を悩ませる「本当に自分に合った仕事」とは?

最新の転職傾向をキャリアアドバイザーが解説!

もうすぐ新生活スタート。進学や就職、転居などで新生活が始まる人もそうでない人も、春は新しいことに挑戦したり、何かしら変化を求めたくなる季節です。中でも、4月の「働き方改革」施行を控えたこの時期、自分の「働き方」を見つめ直している人も多いのではないしょうか。
探さない転職チャットアプリ「ジョブクル転職」を運営するスマイループスでは、AIによる求人レコメンドのほか、キャリアアドバイザーが月間50万件もの転職相談をチャットで受けています。そんな“転職のプロ”(=キャリアアドバイザー)の話をもとに、当社サービス利用者である転職潜在層のリアルな声を通じて、春の転職活動の傾向を探ってみました。
  • 年間の求人数の推移
「ジョブクル転職」の過去1年間の求人数を調査したところ、 最も増加するのは2月〜3月、そして6月が高い水準であることがわかりました。
2月〜3月に求人が増加するのは、4月から新たな年度が始まるタイミングで、最も転職の機運が高まる時期であることが主な理由です。また、6月の求人数が多い理由としては、9月末で期末を迎える企業が多いことや、転職市場が活性化するボーナス取得後の時期であることが挙げられます。

 

 一方で、4月〜5月は一般的に求人数が減る傾向にあることがわかりました。これは、求人数の多い2月〜3月に転職を行った方や、転職を検討していたものの、組織改編や部署異動がある4月を迎えて、現職で心機一転奮起している方が多いということが主な要因として考えられ、求人数の多い時期との関連性が高い結果となりました。

※グラフはジョブクル調べ。2018年1月を基準として、各月の増減を示した内容です。
 
  • 当社専属のキャリアアドバイザーが解説
「ジョブクル転職」では、アプリ内に直接キャリアアドバイザーに相談できる機能があり、チャットでいつでもどこでも相談が可能です。なかでも、どういった相談を多くいただいているのか、キャリアアドバイザーとユーザーの声をお届けします。
※ジョブクル調べ

Q. 「キャリアに関する悩み」として相談をいただきやすいテーマ3選 

 

① 転職しようか悩んでます、転職した方がいいですか?

キャリアアドバイザーキャリアアドバイザー

「今」転職すべきか?するとしても、どういった職種へ?どういった仕事が自分に向いているのか?市場価値はどれくらいあるのだろう?といった、そもそもの転職すべきかどうかのご相談を非常に多くいただきます。転職したい!といった理由はユーザーの方によって様々ですが、よくある理由として、「年収を上げたい、キャリアアップしたい」「自分にはどういう仕事が向いてるかよくわからない」「今の職場が嫌だ」といった内容をご相談いただきます。一人一人に適切なアドバイスをさせていただきながら、転職することのメリットやデメリットも踏まえて、ご自身が納得されるまでじっくりと検討できるよう、皆様のキャリアの後押しをさせていただいております。


② 未経験の職種でも転職はできますか?
新たな職種へ心機一転、キャリアチェンジをしたいとご相談いただくことも多々あります。一般事務から営業事務へ、販売から営業へ、といった職種転換はよくあるご相談です。それぞれの求人ごとに求める要件が異なりますが、「ジョブクル転職」内にある掲載求人数約8万件の中で約6割を占めている営業や事務、販売の職種が最も未経験歓迎の求人が多いです。これらの職種にキャリアチェンジしていきたい方には特にマッチしやすい求人が多い状況です。

③ 土日休みの仕事、賞与有、9時~17時の仕事、時短の仕事、ママでも働ける、といった条件の仕事はないでしょうか?
労働条件を最優先事項として転職活動をされている方からもご相談をよくいただきます。
こういった条件の掛け合わせと希望の勤務エリアによっては、条件に合致した求人が見つからないケースもあります。その場合は、条件の優先順位をすり合わせることによって、希望の求人が見つかることもあります。例えば、「ママでも働ける時短の仕事」という条件を最優先として探す場合、代わりに希望の勤務エリアの条件を緩和することによって該当する求人が見つかる場合もありますので、「本当に譲れない条件は何か」をキャリアアドバイザーとの相談の中で一緒に決めていき、条件のすり合わせをするケースが多くなっています。

次に、 チャットアプリで気軽に転職相談ができる「ジョブクル転職」だからこそ、よくあるご相談内容をまとめてみました。

■現職での悩み
転職よりも以前に、現職での悩みをご相談いただくケースも多々あります。
「上司との関係が良くない」「職場の人間関係に悩みがある」「自分が評価されていない」などといった、若干ネガティブ寄りなご相談をしばしばいただくこともあります。何がボトルネックなのか、それを解決する手段として転職が正しいのか、ユーザーの方それぞれに合わせた内容で解決策を提示しております。

■興味のある企業・業界について
転職活動をしていく中で気になっている企業様について直接ご相談いただくケース、もしくは業界指定のご相談をいただくことも多々あります。成長企業に参入したい、と考えられる方が多く、特にIT分野の業界について話が挙がることが多いです。お答えできる範囲はお調べしてわかる範囲のみという形にはなりますが、知り得た情報をシェアする、といったことは常に行なっています。

■面接や書類の通過率が低い
「ジョブクル転職」では、履歴書の添削は行なっておりませんが、どのように記載すれば良いのか、といったことをご相談いただくことはあります。その場合は、履歴書の書き方について良く纏められている記事をご紹介するなど、ご質問内容に対して可能な限り適切な回答をしております。
また、書類選考の通過率が低いため、どのように改善すれば良いか、といったご相談もいただくことがあり、それぞれの状況に応じたアドバイスを行なっています。

■「転職しようかなぁ・・」と思い始めた人たちの「心の声」
転職検討者は、「自分に合う、より良い求人と巡り会いたい」という悩みを抱えている一方で、現在は多くの転職サイトが乱立していたり、転職サイト同士が似通っていたり、「転職」と調べただけでも大量の記事やサイトが出てくるため、転職したいと望む人たちに立ちはだかるハードルが多々ある、とユーザーから声が届いております。

<転職検討中だが、できなかった(しなかった)理由・悩み>
・忙しくて転職活動をする時間がない
・転職活動とは?何をすればいいのかがよくわからない
・エージェントに会いに行くのが面倒(地方だとエージェントがおらず、会いに行けない。もしくは都心部に出向かなければならない)
・転職活動前~退職交渉~入社までの流れを誰かに教わりたい
・転職は、不安である。
・転職サイトで見ても会社の違いがよくわからない
・転職サイトから、大量のメールが届いて見ていられない
・面接や書類で落ちてしまった
・内定通知をもらえたが、本当にその会社でいいのか不安になる
・結局、一歩踏み出せず躊躇してしまった
 
  • 転職潜在層は、「納得のいく仕事を選択出来ていないこと」に悩んでいる!「探さない」情報検索の時代へ。
「ジョブクル転職」は、現代に合った転職活動の新しい方法を提案しています。
「自分に合った求人って本当は何だろうか?自分らしい働き方って何だろうか?」
自分の将来やこれからのキャリアについて悩む全ての人が望んだ職につけるよう、真摯に転職相談に乗り、新たなライフスタイルを提案する。転職エージェントの価値をオンライン化することによって、いつでもどこでも気軽にチャットで相談ができ、いただいた”声”を基に、その人それぞれに合った求人を最大8万件の求人からレコメンドをする。レコメンドxチャットの仕組みによって、転職に悩むユーザーの方を一人でも多く、エンパワーできることを願い今後もサービス開発を行ってまいります。

 
■会社概要
社名:株式会社スマイループス
代表取締役CEO:仲子 拓也
所在地:〒108-0073 東京都港区三田1-2-17 MSビル4F
設立年月日:2012年12月12日
事業内容:探さない転職チャットアプリ「ジョブクル転職」の運営
URL:株式会社スマイループス http://smiloops.com/
iOSアプリ:https://itunes.apple.com/jp/app/%E6%8E%A2%E3%81%95%E3%81%AA%E3%81%84%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA%E3%81%AF%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%96%E3%82%AF%E3%83%AB%E8%BB%A2%E8%81%B7-%E6%AD%A3%E7%A4%BE%E5%93%A1%E8%BB%A2%E8%81%B7%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA/id933595425?mt=8
Androidアプリ:
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.smiloops.jobkul&hl=ja
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社smiloops >
  3. 転職希望者を悩ませる「本当に自分に合った仕事」とは?