官民連携プロジェクト「前橋みらい家族ラボ」結婚の障壁を乗り越える22のアクションを示した『前橋結婚手帖』を発表

「社会の課題に、市民の創造力を。」をテーマに、地域課題をデザインの持つ美と共感の力で解決するissue+designと、群馬県前橋市との協働による官民連携型プロジェクト「前橋みらい家族ラボ」は、結婚への障壁を乗り越えるための22の具体的なアクションを提案する『前橋結婚手帖』を発表。市民及び市内業者向けに配布を開始する。


■ 作成の背景

 日本全体が人口減少社会に突入し、中でも若者世代の未婚化は大きな社会課題となっています。前橋市においても、若い世代の未婚率は男女ともに年々上昇しており、25-29 歳で男性の約7割、女性の約6割、30-34 歳で男性の約5割、女性の約3割強が結婚をしていない状況です。
 その一方で、市民への意識調査によれば、市内の若年女性(20-34歳)の結婚希望は85%と非常に高く、残念ながら多くの希望が叶えられていないことがわかります。希望を叶えることの難しさを裏付けるかのように、結婚に向けて取り組んだことのあるものの第一位は「特になし」(57%)となっています。
 昔は、家庭や職場、地域等が果たしてきた結婚支援機能が低下するなかで、現代の若者は、結婚にたどり着くまでの道のりを自分たちの手で切り拓かなければなりません。
 「結婚する・しない」は、個人の選択であることは言うまでもありませんが、「結婚したい」という想いを持ちながらも具体的な行動に至っていない状況は地域全体として解決すべき課題です。

前橋市では将来を担う子や孫たちの世代に課題を先送りすることなく、自信を持って引き継げる未来を選択するべく、県都まえばし創生プラン(前橋版人口ビジョン・総合戦略、平成28年3月)を策定。総合戦略に掲げる「若年男女の結婚への壁打破」や「新たな出会いにつながる学び・活動の場の創出」、「社会全体で子育てを応援する風土づくり」といった事業に取り組んでいる。

■『前橋結婚手帖』

 一昔前は、結婚することが当たり前で、結婚までの道のりは誰の目にもわかりやすく見えていました。しかし、今は結婚しないという選択も当然の時代。人生の道のりが多様化し、自由に選べる時代への変化と同時に、昔は容易にたどり着くことができた結婚へ至る道のりには多くの障壁ができています。
 そんな、複雑化した結婚までの道のりを明らかにし、人生プラン、出会い、男女の仲、お金、決断の5つのテーマから、結婚への障壁を乗り越えるための22の具体的なアクションを提案します。

「結婚を望む人誰もが、結婚できる地域社会を実現したい」

 この「前橋結婚手帖」が、多くの若者が抱える悩みや課題といった見えない障壁を可視化し、その障壁を乗り越えるための行動を後押しするものになることを願っています。それと同時に、若者だけの問題として片付けるのではなく、多くの市民、企業・団体、行政それぞれが「自分ごと」として、地域の将来を考える一つの契機になれば幸いです。(A5判/112頁/販売価格1,296円 2017年6月より一般向けに有償配布開始)

■ 冊子の特長

 様々な要因が絡み合った「結婚したいけれどできない」という社会問題を、未婚者へのヒアリングを実施することで、現代の結婚までの障壁を洗い出し、22の障壁とその解決策となるアクションへと編集しています。
 アクションは、混乱した情報を整理して伝える、正しい知識を伝える、心理的、数学的アプローチなど様々な角度から障壁を乗り越える具体的な行動を示しています。
 また、前橋を舞台とした馴染みやすいストーリーを導入し、男女問わず抵抗なく読めるよう擬人化したキャラクターを用いるとともに、障壁や解決策となるアクションの言葉の表現をより前向きに結婚に向かえるようなポジティブな言葉がけでデザインしています。

■ 策定過程

平成27年度 
 結婚・出産・子育てに関する市民への意識調査実施
平成27年4月~6月
 前橋結婚手帖作成に係る独身者ヒアリングを実施し、若者が直面する結婚に至るまでの障壁を可視化・体系化
平成27年10月
 「前橋市で結婚し、出産・子育て、家族として暮らすことに価値を高めること」を目的に、家族形成に関する課題解決に挑む官民連携のプロジェクト「前橋みらい家族ラボ」発足
前橋みらい家族会議(ワークショップ)の内容を踏まえ、課題解決につながるアクションのデザイン、既婚者へのインタビューを実施

■ 手帖の配布方法

(1)市内在住者・事業所:無償配布(1人1冊まで)
①市内で行われる婚活イベント等の参加者に配布
②市役所・各支所・各市民サービスセンター等の市有施設で配布
③相互に連携するためのネットワーク化を進める一助とすることを目的に、市内事業者へ配布

(2)市外在住者:有償配布
インターネットによる通信販売(Amazon等)
【販売価格:1,296円(税込み)】

■ 参考情報

○前橋みらい家族ラボ
「前橋市で結婚し、出産・子育て、家族として暮らすことに価値を高めること」を目標に、家族形成に関する課題解決に挑む官民連携のプロジェクト。前橋結婚手帖の企画・製作をはじめ、今後、前橋での結婚・出産・子育てに関する企業・団体、市民の自発的な活動を促し、つなげ、支援していく。
なお、このプロジェクトは、前橋市の人口減少対策として2060年までの将来展望を示す県都まえばし創生プランの基本目標「若者の結婚・出産・子育ての希望をかなえる」を実現する事業を担っている。

◯issue+design
「地域の課題に、市民の創造力を。」をテーマに、地域・社会が抱える様々な課題解決に取り組んでおり、グッドデザイン賞をはじめとする多くの賞を受賞。自治体との連携では、神戸市と協働した「できますゼッケン」、高知県佐川町と協働した「みんなでつくる総合計画」などが全国的に注目されている。
issue+designが、人口減少問題の解決をテーマに、地域と共同で開催する平成28年度「地域みらい大学」において、前橋市が採択したことをきっかけとして、協働で地方創生に資する取り組みを行っている。
 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. issue+design >
  3. 官民連携プロジェクト「前橋みらい家族ラボ」結婚の障壁を乗り越える22のアクションを示した『前橋結婚手帖』を発表