【株式会社グラフ】企業スローガン「Have a nice data」を採用し事業拡大に伴うリブランディングとしてコーポレートサイトを刷新

AI活用ベンチャーの株式会社グラフ(本社:東京都港区、代表者:原田博植)は「データの利用価値を拡張することで未来の社会の幸せに貢献する」を表現した「Have a nice data」を企業スローガンとして採用いたしました。

本スローガンには「まだ活用されていないデータの利用価値を拡張することで、社会の一人ひとりが、今までに体験したことがないような未来をつくる」というビジョンが込められています。また、左寄せのインデントや、斜めにあしらった「!」は、グラフのコアコンピタンスである "プログラミング" を表現しています。


コピーライターは「ストロボ・エッジ」「バケモノの子」「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」「ちょっと今から仕事やめてくる」など数多くの映画やドラマのキャッチコピーを手掛ける佐藤潤一郎氏です。


コーポレートサイトについても、「Have a nice data」の明るい響きにふさわしく、難しく思われがちなデータ分析やAI活用の仕組みについて、楽しく、親しみやすく紹介するサイトへリニューアルしました。

 

新たな企業スローガン「Have a nice data」とともに、グラフはさらなる事業拡大と人員拡充を推進してまいります。

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社グラフ >
  3. 【株式会社グラフ】企業スローガン「Have a nice data」を採用し事業拡大に伴うリブランディングとしてコーポレートサイトを刷新