ドローン大学校・ドローンラボ・社楽パートナーズがドローン ビジネス インキュベーション センター(DBIC)を設立

10月25日(水)株式会社 社楽パートナーズにてキックオフ カンファレンスを開催

ドローンパイロットと安全運航管理者を育成してきた一般社団法人 ドローン大学校(代表理事 名倉真悟)と、ドローンビジネスの起業支援を行って来た株式会社 ドローンラボ(代表取締役 岩田直樹)と、トップマネジメント支援会社である株式会社 社楽パートナーズ(代表取締役社長 兼 執行役員代表パートナー 北義昭)は、新たなドローンビジネスの事業創造支援を目的に一般社団法人ドローンビジネスインキュベーションセンター(DBIC)を設立した。

 

「今後のドローンビジネスは機体販売より、ドローンを使ったサービスや周辺サービスに期待」

インプレス総合研究所著『ドローンビジネス調査報告書2017』によると、日本国内のドローンビジネスの市場規模は、2015年が175億円、2016年が353億円、2017年は533億円、2022年度には2,116億円(2016年度の約6倍)に達すると見込まれている。しかし、急速に拡大する市場の中で機体本体の販売市場は、2015年が53億円、2016年が134億円、そして2017年は200億円、2022年度には441億円(2016年度の約3倍)と伸張率は案外低い。これらの数字から、これからの日本国内のドローンビジネスの市場規模は、機体本体の販売ではなくドローンによるサービスや周辺サービスが伸張することが見込まれるだろう。

「ドローンを使ったサービスや周辺サービス市場は、まだまだブルーオーシャン市場」

農薬散布・空撮・土木測量・設備点検・インフラ点検・精密農業・搬送物流・防犯監視などのドローンを使ったサービスや、ドローンのスキル教育を行うスクールやセミナーなどの周辺サービスは、まだまだ価格競争に入る段階ではなくブルーオーシャン市場と言えるだろう。この市場への参入がなければ、2022年度の2,116億円市場の達成はないだろう。

 「じつは起業家不足のドローン市場」

 

現在、ドローン市場で活躍している方々は、いわゆるドローンネイティブ(ドローンが一般化してから始めた方々)ではなく、約30年前からヘリコプター型のラジコンを使って空撮や農薬散布を行って来られた様なレジェンドをはじめとして、ラジコンやドローンの経験が長い方が多い。これらの方々はアントレプレナーやマネージメント職というより技術職の方が多く、新規のビジネスを創造するというより、既存のビジネスの質を高めることに長けている。また、これからドローンを始めようという方もSEやカメラマンといった技術職の方が目立つ傾向にあり、ドローン業界は起業家不足の状態であるといえる。

「ドローン市場の規模拡大にはインキュベーターが必要不可欠」

 ドローンの安全な運航に必要な知識と技術を備える技術者を起業家にするためには、インキュベーターが必要不可欠である。インキュベーターは施設や設備等を準備したり、経営・管理上の支援を提供するなど、起業に伴うハード面の支援とソフト面の支援をする必要がある。起業家に対してヒト・モノ・カネ・情報といった経営資源を提供できれば、ドローン市場における起業家不足の問題も解消すると考えると、経営資源を提供できるメンバーがチームを編成してインキュベーターとなることが必要である。

「ドローン大学校×ドローンラボ×社楽パートナーズ=一般社団法人ドローンビジネスインキュベーションセンター(DBIC)」

高度な知識と技術を有するドローンパイロットと安全運航管理者を育成してきた一般社団法人ドローン大学校(代表理事 名倉真悟)と、これまでドローンビジネスの起業に関する支援を行って来た株式会社ドローンラボ(代表取締役 岩田直樹)と、経営の戦略・企画・管理などのコンサルティングを行うトップマネジメント支援会社である株式会社社楽パートナーズ(代表取締役社長 兼 執行役員代表パートナー 北義昭)は、優秀なドローン起業家の育成、経営の戦略・企画・管理、ドローン市場に於けるビジネスアイデアの創造、と其々の業務機能を持ち寄り、一般社団法人ドローンビジネスインキュベーションセンター(DBIC)を設立する。

 

 

「一般社団法人ドローンビジネスインキュベーションセンター(DBIC)の機能」

 

一般社団法人ドローンビジネスインキュベーションセンター(DBIC)は、優秀なドローンパイロットやドローンエンジニアに向けて、経営の戦略・企画・管理やビジネスアイデアの創造の支援を目的とした組織である。具体的にはビジネスアイデアの構築、ビジネスプラン作成、会社設立・登記、などへの相談や支援を行う。また、起業を誘発する環境づくりとしてビジネスコンテストやビジネス相談会などのイベントも企画・運営する。

 

「ドローンビジネスインキュベーションセンター(DBIC)キックオフ カンファレンスを10月25日(水)株式会社 社楽パートナーズにてキックオフ カンファレンスを開催」

 

一般社団法人ドローンビジネスインキュベーションセンター(DBIC)の設立を記念して、10月25日(水)株式会社 社楽パートナーズ( 東京都港区赤坂2-11-7 赤坂ツインタワー新館9F)にて「DBIC KICK OFF CONFERENCE 2017」を開催する。代表理事の名倉真悟氏ほか、理事の岩田直樹氏、北義昭氏がDBIC設立への想いなどを語ったり、今後のドローンビジネスについてパネルディスカッションを行う予定である。なお当センター公式サイト(DIBIC.CO) からエントリーすれば誰でも無料にで参加可能である。

 

「DBIC KICK OFF CONFERENCE 2017の概要」

日時 2017年10月25日(水)19:00〜22:00

会場 株式会社 社楽パートナーズ

   東京都港区赤坂2-11-7 赤坂ツインタワー新館9F

   電話 03-3560-2881

   URL http://www.sharaku-corp.co.jp


会費 無料

 

お申込み 当センター公式サイト( http://dbic.co ) からエントリーいただき、どなたでも参加可能

「一般社団法人ドローンビジネスインキュベーションセンター(DBIC)の概要」

社名 一般社団法人ドローンビジネスインキュベーションセンター(DBIC)

住所 〒135-0064 東京都江東区青海2-7-4 the SOHO 207
URL http://dbic.co MAIL info@dbic.co

代表理事 名倉真悟(一般社団法人ドローン大学校 代表理事)
理事   岩田直樹(株式会社ドローンラボ 代表取締役)
理事   北 義昭(株式会社 社楽パートナーズ 代表取締役社長 兼 執行役員代表パートナー)

 

目的 ドローンを導入したビジネスの起業支援
   ドローンを導入したビジネスの経営支援
   ドローンを導入したビジネスの営業支援
   ドローンを導入したビジネスに関わるコンサルティング
   ドローンおよびドローン周辺の物品の企画〜製造〜販売
   ドローンを導入したビジネスに関わる書籍の企画〜出版
   ドローンを導入したビジネスに関わるイベントの企画〜運営

「一般社団法人ドローンビジネスインキュベーションセンター(DBIC)の関連企業」

 一般社団法人 ドローン大学校
〒135-0064 東京都江東区青海2-7-4 the SOHO206
TEL 03-6865-8188 MAIL hi@dronecollege.ac
URL http://dronecollege.ac

株式会社 ドローンラボ
〒135-0064 東京都江東区青海2-7-4 the SOHO 206
TEL 03-6891-2188 MAIL hi@dronelab.tech
URL http://www.dronelab.tech

株式会社 社楽パートナーズ
〒107-0052 東京都港区赤坂2-11-7 赤坂ツインタワー新館9F
TEL 03-3560-2881 MAIL information@sharaku-corp.co.jp
URL http://www.sharaku-corp.co.jp

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ドローンラボ >
  3. ドローン大学校・ドローンラボ・社楽パートナーズがドローン ビジネス インキュベーション センター(DBIC)を設立