『Yokohama Strawberry Festival 2017』

赤レンガ倉庫に甘酸っぱい香りが広がる10日間!

横浜赤レンガ倉庫では2017年2月3日(金)から2月12日(日)までの10日間『ヨコハマ ストロベリーフェスティバル2017』を横浜赤レンガ倉庫イベント広場にて開催します。

前回画像前回画像


本イベントは、お子様から大人の方まで多くの人に愛されているいちごを通してお客様に笑顔になっていただきたいという思いから、2013年に初めて開催し、今回で5回目を迎えます。前回は22万人以上の方がご来場され、ご好評をいただきました。

会場内に設置された特設テントでは“いちごマーケット”を開催。今回は過去最多の18店舗が出店し、ここでしか味わえない限定のスイーツやいちごにちなんだグッズを販売します。また、毎年大好評のいちごの無料サンプリングに千葉県の新品種「チーバベリー」が初登場。神奈川県のイベントでは初お披露目となります。他にも日替わりで前回同様、「とちおとめ」と「ふくはる香」のサンプリングも実施します。今回も横浜市のいちご農家さんによるいちごの直売を実施し、採れたての新鮮ないちごを販売する予定です。さらに、会場入口にはお子様にお楽しみいただけるよう、いちごをモチーフにしたアトラクションも設置しており、フード以外でもいちごを満喫していただけます。

春の訪れを待ちわびながら、甘酸っぱいいちごを召し上がっていただくことで、寒い日々の中でもお客様の笑顔があふれる場を提供します。

<イベント概要>
■期間:2017年2月3日(金)~2月12日(日) 計10日間(雨天決行、荒天時は休業することがあります)
■時間:11:00~18:00
■場所:横浜赤レンガ倉庫イベント広場(〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港1-1)
■入場料:無料(飲食代は別途)
■主催:横浜赤レンガ倉庫(株式会社横浜赤レンガ・公益財団法人横浜市芸術文化振興財団)
■共催:明治商工株式会社
■協賛:栃木いちご消費宣伝事業委員会(JA全農とちぎ) 株式会社 池光エンタープライズ
■協力:福島県いわき市
■問い合わせ先:横浜赤レンガ倉庫2号館インフォメーション045-227-2002(代)                                                            
■特設サイト:http://www.yokohama-akarenga.jp/strawberryfes2017/ 

<いちご三昧のコンテンツ>
過去最多18店舗が出店!いちごマーケット

■日時:2017年2月3日(金)~2月12日(日) 11:00~18:00
■内容:今回初出店となる3店を含め老舗から新感覚スイーツを提供するお店やいちごにちなんだ物販グッズのお店など18店舗が集結。

前回画像前回画像

苺のミルフィユ 各¥540(税込)苺のミルフィユ 各¥540(税込)

 

【チーバベリー】(千葉県)【チーバベリー】(千葉県)
 毎年好評!いちごの無料サンプリング
■場所:「Yokohama Strawberry Festival 2017」
屋外スペース
■品種:「チーバベリー」(千葉県産)・「とちおとめ」(栃木県産)・「ふくはる香」(福島県産)
■内容:今回は、毎日日替わりで3種類のいちごを無料でサンプリングします。さらに、千葉県産の新品種「チーバベリー」が初登場。神奈川県のイベントでは初お披露目となります。


採れたて!新鮮!いちご直売
■日時:イベント開催時に不定期で実施予定
■場所:「Yokohama Strawberry Festival 2017」 特設テント内
■内容:前回好評だった横浜市内のいちご農家さんの出張直売所を今回も設置します。
横浜市内で栽培された朝採れの新鮮ないちごをお買い求めいただけます。

<館内キャンペーン>
■期間:2017年2月3日(金)~2月12日(日)
■場所:横浜赤レンガ倉庫1号館、2号館
■内容:横浜赤レンガ倉庫内のカフェ、レストランや物販店舗でもいちごにちなんだメニューやアイテムをイベント会期中に販売します。栃木いちご宣伝消費事業委員会提供のブランドいちご「とちおとめ」と「スカイベリー」を使用した限定メニューをご用意します。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社横浜赤レンガ >
  3. 『Yokohama Strawberry Festival 2017』