長崎・ハウステンボスで平成28年熊本地震からの復興を祈願した『ハウステンボス ニューイヤースペシャルライブ2017』が大盛況!

 ハウステンボスでは、1月3日「がんばろう!九州キャンペーン ハウステンボス ニューイヤースペシャルライブ2017」
を開催しました。晴天にも恵まれ、音楽ファン約7,000人に来場いただきました。
 “音楽のチカラ”で、被災地支援と九州全体に元気をお届けしたい想いから、出演者とハウステンボスがタッグを組み、ライブイベントが実現した本イベント。会場には復興支援募金箱が設置され、収益金の一部を復興義援金として活用いたします。
「がんばろう!九州キャンペーン」での音楽イベントは、2016年6月11日の「ハウステンボス MUSIC FES.2016」以来、2回目となりました。

ハウステンボス ニューイヤースペシャルライブ2017の様子(photo by Daisuke Sakai[FYD inc.])ハウステンボス ニューイヤースペシャルライブ2017の様子(photo by Daisuke Sakai[FYD inc.])

熊本城おもてなし武将隊によるパフォーマンスの様子(photo by Daisuke Sakai[FYD inc.])熊本城おもてなし武将隊によるパフォーマンスの様子(photo by Daisuke Sakai[FYD inc.])

 オープニングは長崎が誇るスリーピースバンド「SHANK」が登場。
 Vo.庵原将平はMCで「デートばするならハウステンボスに来んば!」と長崎弁を交えながら、14曲を演奏し会場を盛り上げました。
 そのあと、熊本から「熊本城おもてなし武将隊」が登場。4人の武将らが華麗な演舞を披露。復興支援に対する感謝と、熊本の今を伝え、来場者から大きな拍手をいただきました。
 そしてラストは、頭はオオカミ、身体は人間という究極の生命体5匹からなるロックバンド「MAN WITH A MISSION」。
 Vo.ジャン・ケン・ジョニーの「お正月から実家に帰らずに、ライブに来てくれてありがとう!」とファンへの感謝から始まったライブは、オープニング曲「evils fall」から、会場は熱狂に包まれました。
  ライブの中盤には、彼らがハウステンボスで開催中の世界最大イルミネーションイベント「光の王国」や、レンタサイクルで場内を満喫する映像が流れ、DJサンタモニカがバンジージャンプに挑戦するシーンでは、会場中に笑いが広がりました。「MAN WITH A MISSION」は、アンコールを含む全15曲を熱唱し、最後はハウステンボスのキャラクター「キラリ」も加わり、出演者そして来場者とともに記念撮影。Vo.ジャン・ケン・ジョニーが「九州のみなさんが、このライブで少しでも元気になればうれしいです!」とライブを締めくくりました。

ハウステンボス ニューイヤースペシャルライブ2017出演者集合写真ハウステンボス ニューイヤースペシャルライブ2017出演者集合写真

被災地ご招待の方々との記念撮影被災地ご招待の方々との記念撮影

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ハウステンボス株式会社 >
  3. 長崎・ハウステンボスで平成28年熊本地震からの復興を祈願した『ハウステンボス ニューイヤースペシャルライブ2017』が大盛況!