【バレンタインとチョコレートに関する意識調査】 ~半数以上が手作りよりも販売品を好む!?好意のある人と無い人では予算も6倍違うことが明らかに!~

バレンタインデー直前!の今だから知っておきたい、チョコレートをもらう人の『本音』


株式会社ウィナス(東京都豊島区、代表取締役社長:浜辺拓)は、日々の生活を、より「豊かに」「おトクに」するサービス「itsmo(いつも)」の利用者を対象に、バレンタインデーとチョコレートに関する調査を実施しました。

itsmoはアンケートに回答することでコインが貯まり、貯まったコインをモスバーガー、カラオケ館など、様々なお店の商品と交換することができるサービスです。きたるバレンタインデーに向けて、男性・女性それぞれにバレンタインデーとチョコレートに関する意識調査を実施しました。

<アンケート概要>
【調査対象】 itsmoを利用している20代-50代 男女合計100名
【調査方法】 ウェブでアンケートを実施し、回答結果を分析
【調査期間】 2016年12月10日~2017年1月5日

<調査結果サマリー>
1: 年齢と共に手作りチョコは嫌がられる!? 40代の7割がもらうなら販売品と回答。
2: 実はチョコレートがあまり得意ではない!?チョコレートよりも欲しいものがあると約4割が回答!
3: 好意のある人とない人とでは、予算も6倍の違いあり!


<調査結果詳細>
バレンタインデーと言えば、普段料理をしない人でも、意中の相手の為に一生懸命手作りのチョコレートを作ったなんて話を聞きますが、果たして本当に手作りのチョコレートは喜ばれるのでしょうか?そこで「手作りのチョコレートと販売品のチョコレート、バレンタインデーにもらうならどちらの方が嬉しいですか?」と質問してみたところ、驚きの結果が出ました。
 


■バレンタインデーにもらうなら手作りのチョコレートor販売品のチョコレートどちらの方がいいですか?

 

「販売品のチョコレート」と回答した人の割合を見てみると、40代以上では71%、30代では62%、20代以下は50%と各年代の半数以上が販売品の方が良いと回答しています。また、年齢が上がると共に販売品のチョコレートを好む傾向が伺えます。「販売品のチョコレート」と回答した人の割合を見てみると、40代以上では71%、30代では62%、20代以下は50%と各年代の半数以上が販売品の方が良いと回答しています。また、年齢が上がると共に販売品のチョコレートを好む傾向が伺えます。

その理由として、以下のような回答がありました。
・手作りチョコは衛生面が気になります。 (30代)
・有名なメゾン、パティシエのチョコのほうが食べたいから。 (40代)
・ホワイトデーが手間になる。 (30代)        
            
大きくは、衛生面、チョコレートのクオリティ、ホワイトデーを考えての回答のようです。また、中にはこんなエピソードも。
・プラスチックの溶けたものが混入していたことがあったから。 (20代)
こうなってしまうと甘い想い出となるはずのバレンタインデーも苦いものとなってしまいますね。

しかし、ちょっとした疑問があります。本当にみんなチョコレートが好きなのでしょうか?日本国内のバレンタインデーといえば、「チョコレートを贈る」一択ですが、ヨーロッパ諸国では、チョコレートに限らず様々なアイテムを贈る日として根付いています。そこで、こんな質問をしました。


■バレンタインデーにチョコレートよりも欲しいものがありますか?

数以上がチョコレート以外に欲しいものはないと回答したものの、4割弱は「ある」と回答しています。数以上がチョコレート以外に欲しいものはないと回答したものの、4割弱は「ある」と回答しています。

あると回答した人の理由としては、以下の回答がありました。
・甘いモノが得意ではないので、好きなお酒(ワインや日本酒)などの方が嬉しい。 (20代)
・好意のある人ならずっと手元に残るものがいい。 (30代)

食の好みに合うもの、もしくは思い出として形に残るものを好んでいるようです。今年はチョコレート以外のモノを贈ることを考えても良いかもしれませんね。

さて、ここまで何を贈るかについて調べてきましたが、気になる予算についても掘り下げていきたいと思います。ホワイトデーのお返しは、バレンタインデーの3倍返し!?とも言われていますが、世の中の女性は、好意のある人、または、特別好意のない人へのプレゼントとしてどの程度の予算を考えているのか質問してみました。


■バレンタインデーに好意のある人に送るチョコレートの予算を教えてください。

 



■バレンタインデーに特別好意のない人に送るチョコレートの予算を教えてください。


結果、好意がある人への予算としては、2,000円~3,000円が最も高く44%。続いて1,000円~2,000円が次に高く26%。500円~1,000円が15%と続く結果となりました。
一方特別好意がない人に対しては、500円~1,000円が最も高く44%、続いて100円~300円が32%、300円~500円が15%という結果になりました。

好意がある人への平均予算と比較し、そうではない人に対しての平均予算は1/6と多くの人が明確な区別をしていることが伺えます。

 
<実質半額キャンペーン!>
きたるバレンタインデーに向けて、私たちitsmoはバレンタインデーを応援するキャンペーンを実施します!2月7日~14日までの7日間、対象のチョコレートを購入したことがわかるレシートを送ると、希望小売価格の約半額をコイン(サービス内ポイント)として還元するキャンペーンを実施します。その為、実質半額で商品を購入することができます!対象商品は「本命」「ギリ」の両方に利用できるチョコレート各種をご用意させて頂く予定です。なお、取得したコインはモスバーガーやカラオケ館など、itsmo加盟店各社の商品と交換することができます。

■キャンペーン概要
2017年2月7日~2月14日までの7日間、itsmo(www.itsmo.jp/)にて実施。
対象期間中、対象のチョコレートを購入したことがわかるレシートならどんなお店で購入しても対象となります。
※詳しくはサービスサイトをご確認ください。
 
itsmo(www.itsmo.jp/)
株式会社ウィナスが運営する日々の生活をよりお得にするサービス。サービスに掲載されている対象商品を購入し、レシート応募+アンケート回答でコインが貯まります。貯まったコインはファーストフード、カラオケ、ゲームセンター、居酒屋等、様々なお店で商品サービスと交換することができるチケットと交換することができます。会員登録は無料です。


※本レターの情報を使用される際はitsmo へのリンクを記載してください。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ウィナス >
  3. 【バレンタインとチョコレートに関する意識調査】 ~半数以上が手作りよりも販売品を好む!?好意のある人と無い人では予算も6倍違うことが明らかに!~