コーエーテクモゲームス、横浜・みなとみらいの新ホール「Zepp」ブランドで共同展開

ホールは2020年春開業予定

株式会社コーエーテクモゲームス(代表取締役社長:鯉沼 久史)は、神奈川県横浜市・みなとみ
らい21地区に取得予定の複合施設内のうち、ライブハウス型ホールについて株式会社Zeppホールネ
ットワーク(代表取締役:妹尾 智)と業務提携し、共同で展開することを基本合意いたしました。

株式会社コーエーテクモゲームス(代表取締役社長:鯉沼 久史)は、神奈川県横浜市・みなとみらい21地区に取得予定の複合施設内のうち、ライブハウス型ホールについて株式会社Zeppホールネットワーク(代表取締役:妹尾 智)と業務提携し、共同で展開することを基本合意いたしました。
 
 
本ホール(2020年春開業予定)の運営を、国内全域にネットワークを持つZeppホールネットワークに委託し、「(仮称)KT Zepp Yokohama」として共同展開いたします。Zeppホールネットワークは、優れた興行サポートの実績を持つライブエンタテインメント企業であり、同社と計画時から共同することでZeppホールネットワークのライブハウスの特長と、コーエーテクモゲームスのエンタテインメント事業のノウハウを融合し、新しいスタイルのホールを実現いたします。 
 
所在地となるみなとみらい21地区は「国際文化都市」を掲げて拡大・発展を続けており、エンタテインメントコンテンツの発信に最適の地です。本ホールは同地区唯一※のライブハウス型ホールとして、コーエーテクモグループのコンテンツを始めに、さまざまなライブエンタテインメントを発信し、地域の発展にも寄与してまいります。(※平成29年3月現在) 
 
※なお、同複合施設で株式会社MYプロパティおよび株式会社AKフォーチュンが取得予定のホテル部分(約230室)は、株式会社東急ホテルズ(代表取締役:小林 昭人)が「東急 REI ホテル」ブランドでの出店を予定しています。 
 
                                             以上 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社コーエーテクモゲームス >
  3. コーエーテクモゲームス、横浜・みなとみらいの新ホール「Zepp」ブランドで共同展開