地元学生がプロデュースする「用賀サマーフェスティバル」が今年も開催

第13回用賀サマーフェスティバル


総勢100名の若者が運営する用賀サマーフェスティバル総勢100名の若者が運営する用賀サマーフェスティバル

 

毎年夏、世田谷区用賀の地域活性イベント「用賀サマーフェスティバル」。13回目となる今年は、8月26日(土)・27日(日)の2日の開催に決定しました。

地元の夏の風物詩として定着し、毎年1万5,000人が来場する当イベント。田園都市線用賀駅前の広場に特設されるステージでは、ミュージシャンやダンサーによる魅力的なパフォーマンスが行われます。また、屋台では複数のオリジナルメニューが出現し、バーカウンターではお酒を楽しむことも。子ども向けのブースも用意され、家族で一日過ごすこともできます。

イベントの企画・運営を担うのは世田谷区用賀の地元学生たち。地域をこよなく愛するスタッフたちは、地元を盛り上げる事業の第二弾として、2017年4月8日(土)、用賀商店街にまちづくり型物産店「neoichi」を新規開店。店内には、商品購入時に複数の事業メニューから購入者が望む事業に投票し、目標金額に達すれば実現される「まちづくり総選挙」など、ユニークな地域活性システムが満載です。

「第13回用賀サマーフェスティバル」に向けてますます勢いづく用賀の若者たちに会いに、ぜひ街へ遊びに来てください。


 

全国の選りすぐりの物産品が人気の「neoichi」の店内全国の選りすぐりの物産品が人気の「neoichi」の店内

商品は全て、店内でワインやビールとともに食事が可能。ワインソムリエ厳選の北海道産ワインとじゃがバターを楽しむことができる。商品は全て、店内でワインやビールとともに食事が可能。ワインソムリエ厳選の北海道産ワインとじゃがバターを楽しむことができる。

「まちづくり総選挙」のトップ画面。「生産者支援として北海道を取材」「街のゆるキャラ“よっきー”のTシャツを制作」「店内にビールサーバーを設置」「児童養護施設等の出身者支援」の中から好きなものに投票する。「まちづくり総選挙」のトップ画面。「生産者支援として北海道を取材」「街のゆるキャラ“よっきー”のTシャツを制作」「店内にビールサーバーを設置」「児童養護施設等の出身者支援」の中から好きなものに投票する。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. NPO法人neomura >
  3. 地元学生がプロデュースする「用賀サマーフェスティバル」が今年も開催